株式会社高島屋28view

クチコミ数
18件
平均年齢
45.7歳
平均年収
695万4000円(※2017年2月決算)
ホームページ
公式ホームページはこちら

※「年齢」「年収」「勤続年数」は単体データの平均。「売上」「利益」「社員数」は連結データ。
(参考)2017年2月決算時の単体の社員数:4,761人

高島屋の過去8年間のデータ

高島屋の過去8年間の「売上高」「当期純利益」「社員数」「平均勤続年数」の推移をグラフにしました。

売上高

当期純利益

社員数

平均勤続年数

百貨店(デパート)業界との比較

高島屋と百貨店(デパート)業界の過去8年間の当期純利益との推移を比較しました。

当期純利益の比較

平均年収の比較

高島屋の勤務経験者による口コミ

  1. birnie

    2017/04/02

    女性

    勤務時期:3年以内に退社

    年収:200万円以下

    雇用形態:パート・アルバイト

    勤務時(退職時)の年齢:21~25歳

    業務内容:贈答品(お歳暮/お中元など)受注オペレーター

    給与:その他のアルバイトパートに比べて時給が良い。きちんと受注オペレーションや接客のできるパートやアルバイトは重宝されるのか、途中から時給を上げてもらえたこともある。初日から数日間、受注システムへの入力を教えてもらえる期間もあり、研修制度は充実している方だと感じる。現場に行っても誰かしら聞けば教えてもらえるので、問題なく溶けこめる。毎日、たくさんのお客さんと接客する機会があるため、社交的な人にはオススメの職場だと思う。

    職業柄、女性がほとんどであるためか人間関係がこじれると面倒なことになりそうな雰囲気がある。
    アルバイト・パート・契約社員・正社員の女性が入り混じって働いているためか、気に入らない人を上司に告げ口しているおばさんを何人も見たことがある。
    またあまりにも接客に向かない人をバックオフィスに閉じ込めてしまったり、若い女の子を泣かせるほど叱るパートのおばさんがいたりと少々陰湿な人も少なからずいるのは確か。
    なにかあっても正社員の数は少ないため、静観している社員は多い。事なかれ主義な企業文化があることは否めないと感じる。

  2. kazuhumi-nakazima

    2016/09/10

    女性

    勤務時期:10年以上前に退社

    年収:400万円~500万円

    雇用形態:正社員(中途入社)

    勤務時(退職時)の年齢:36~40歳

    業務内容:関連不動産会社出向 総務・庶務

    ・給料は18万くらいだったがボーナスが5ヶ月分ほど、けっこうあった。

    ・バブル期だったからか社員旅行が春(日帰り)と秋(一泊)の年二回あった。

    ・残業はほとんどなし。

    ・「いつも人から」をスローガンにしていて、会社がひどいと思ったことはぜんぜん無かった。

    ・休暇も取りやすい。5年ごとに「リフレッシュ休暇」という2週間の休暇をもらえる。

    ・福利厚生もすごかった。百貨店なのでつねに社員カードで1割引きは当たり前。毎月ー3ヶ月に1度は4割引きの社員セールもあった。

    ・スポーツクラブ、ディズニーランド、ホテル宿泊など総務にいけばなにかしらの「お得販売」があり、いつも恩恵にあやかったいた。

    ・あまり悪かった点が見つからないのが悪かった点かも。

    ・しいて言えば「なあなあ体質」。そういう時代だったのかもしれないが、失敗しても誰かがフォローしてくれていた。

    ・老舗百貨店らしく、有久(昼休憩)、仁久(トイレ)など隠語を使わなくてはいけないのが古臭くてちょっと嫌だった。

    ・仕事も現状維持ばかりで、チャレンジできる体質ではなかった。

    ・やはり女性が管理職になれる体質ではなく、上は男性ばかりだった。その男性もあまり優秀でなくても管理職になれた。

  3. nakamula78

    2016/08/14

    女性

    勤務時期:3~5年以内に退社

    年収:200万円~300万円

    雇用形態:正社員(新卒入社)

    業務内容:販売、お客様持ち込みの修理品管理、売場運営(売上管理、在庫管理、販売計画策定)、販売スタッフへの教育etc

    □休暇の取得し易さ

    ・月間の中で、週休と公休(合わせて月8?9日分)を偏ることなくシフトに組み込んでもらえる。希望の休みも意見が通りやすい。年に2度、10日間の連休を取らなければならない。10日間の連休と年次有給休暇の取得促進を目的として、年度始めに全社員の年間希望休暇の一覧を作成し、社員同士で希望の休みに被りがないか、仕事への支障が出ないようにバランスを見て休暇計画が立てられる。

    □企業文化

    ・穏やかな気質の人が多い。百貨店に来店されるお客様の特徴もあり、急いで雑な接客になるよりは多少時間をかけてでも丁寧に接客をすることを心掛ける風潮にある。

    ・お客様だけでなく9種類ほどの雇用形態がある当社スタッフ、取引先の営業担当、取引先から派遣される販売スタッフなど、四六時中360度多様な雇用形態の人と仕事をするため、他者の意見を聞き入れコンセンサスをとれる寛容な人が多い。

    □ボトムアップの意見反映が遅い

    ・大企業であるが、ボトムアップ型に一人一人の意見を募り会社の改善点を洗い出したいという風潮にある。しかし意見を募っても、それを実行するまでに個人→係長→課長→部長→労働組合→経営者と段階を追いながら最終的に煮詰まったものを承認されてからの実行となるため、スピード感に劣る。

    □残業

    残業は基本的にしない。残業する場合は5分単位で申告して労働組合へのチェックが入る。組織的にはワークライフバランスがとれて非常に良いのだが、もちろん勤務時間内に全ての仕事を終わらせなければならないので、仕事量が非常に多い時は個人の時間管理が問われる。あまりに残業が続くと社内的に目立つので残業が取りにくい風土とも言える。

  4. hyk-8

    2016/05/31

    女性

    勤務時期:10年以上前に退社

    年収:200万円~300万円

    雇用形態:正社員(新卒入社)

    業務内容:大阪本社ファッション事業部

    海の家、遊園地など、休日の遊び場が安く利用できましたので、家族や友達と一緒に楽しく過ごせたこと。

    女性が多く、そして長く働くのが当たり前の業界なので、結婚や出産、介護など、生活環境が変わっても、その環境の変化に合わせて、勤務場所や部署を変えてもらえまして、とても助かりました。

    残業なども、出来るだけしない方向に会社が指示してくれ、仕事と家庭、プライベートとの両立が、簡単とは言わないまでも、難しくはない会社でした。

    お給料が安く、ボーナスも有名企業とは思えない額でした。

    社販で安く買えるとはいっても、もともとが高いものばかりなので、お得な感じはせず、新入社員時代はまだしも、各種イベントなどでは自分のコードでの売り上げが期待され、結果、ほしくないものを買わないといけなくなってしまいました。

    営業時間がどんどん伸びていったので、勤務時間が不規則になりがちでした。勤務年数が増えるにつれ、特に繁忙期などは休みも取りにくくなり、動静上は休日だけど、出勤することが多かったです。

  5. Kunohe-y

    2016/04/20

    男性

    勤務時期:3年以内に退社

    年収:200万円~300万円

    雇用形態:パート・アルバイト

    業務内容:販売

    アルバイトとして4年近く働いていました。

    良かった点としては、社員食堂がとても良かったです。

    食事も美味しいですし、何よりも値段が安い。周辺で外に食べに行くのに比べれば1/3ほどです。

    あそこまで充実している社員食堂はないのではないかと思います。

    アルバイトでしたので基本残業はありませんし、社員の方も残業はしないような社風でした。

    休暇も組合がしっかりとしているので、休みを取らないと注意されるくらいなので、とても休暇が取りやすい環境でした。

    悪かった点と言えばバックヤードが荷物だらけだったことです。

    表は綺麗なのですが、バックヤードには荷物が山積みです。

    消防の検査があるときには、バックヤードも綺麗にしますが、それが終わるとまた荷物だらけになるの繰り返しです。

    スペースの都合上仕方のないことかもしれませんが、その点は少し改善した方が良いかと思いました。

    またこれは仕方のないことかもしれませんが、テナント側の立場が弱く、テナントとして入っている店の社員の仕事が、高島屋の社員の仕事よりも大変そうに見えました。

口コミを投稿するためにはログインまたは会員登録をお願いします。
ページ上部へ移動する