日産化学工業株式会社5966view

クチコミ数
4件
平均年齢
40.2歳
平均年収
784万2586円(※2017年3月決算)
ホームページ
公式ホームページはこちら

※「年齢」「年収」「勤続年数」は単体データの平均。「売上」「利益」「社員数」は連結データ。

(参考)2017年3月決算時の単体の社員数:1,772人

 

日産化学工業の基本情報

商号日産化学工業株式会社
本社東京都中央区日本橋2-5-1
資本金
189億4,200万円
営業拠点札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡
工場
袖ケ浦工場・袖ケ浦工場(五井製造所)・埼玉工場・富山工場・名古屋工場・小野田工場

・1887年に日本で初めての化学肥料メーカーとして設立される。

・現在では化学肥料のほかに、動物薬や医薬品、機能性材料、化学品など幅広く事業を展開。

 

日産化学工業の新卒採用について

・【参考】2019年度の新卒での募集職種は以下の通り。

「研究職(化学系)」「研究職(化学系)」「研究職(生物系)」「生産技術職(プロセス系)」「生産技術職(機械・電気系)」「事務系」

 

・過去の新卒での採用実績は以下の通りになっています。(主に技術職の採用がメイン)

 
 2015年2016年2017年
技術職 38人 34人 39人
事務職 5人 5人 7人

こちらの採用特設サイトでは、日産化学工業の事業や理念、今後の目標などについて分かりやすく紹介していますので、一度目を通しておくと良いでしょう。

 

日産化学工業への転職について

・日産化学工業では上記の採用ページにおいて、随時キャリア採用要項を掲載していますので確認してみましょう。2018年10月現在の応募職種は、「システムエンジニア(アプリ)」「生産技術者(プロセスエンジニア)」「機械系設備技術者、電気系設備技術者」の3職種となっています。ホームページからそのままエントリーが可能です。

 

パソナキャリアにおいて、日産化学工業の中途求人情報掲載が確認できました。転職エージェントを通した方が有利な条件で転職をできる可能性がアップするのでオススメです。

日産化学工業の過去8年間のデータ

日産化学工業の過去8年間の「売上高」「当期純利益」「社員数」「平均勤続年数」の推移をグラフにしました。

売上高

当期純利益

社員数

平均勤続年数

農薬・肥料メーカー業界との比較

日産化学工業と農薬・肥料メーカー業界の過去8年間の当期純利益との推移を比較しました。

当期純利益の比較

平均年収の比較

日産化学工業の勤務経験者による口コミ

  1. yamazato_CA

    2016/11/06

    男性

    勤務時期:現在

    年収:500万円~600万円

    雇用形態:正社員(新卒入社)

    勤務時(退職時)の年齢:31~35歳

    業務内容:研究開発

    若い時から責任ある仕事を任せてくれるため、成長するチャンスがたくさんあると思います。私は研究開発部門にいますが研究開発型の企業を謳っているだけに、売り上げに対する研究開発費は多く、研究開発はやりやすい環境にあり、やりがいを感じられました。また企業文化については社外から講師を招いた研修でまじめでこつこつ頑張る人が多いと評されます。給与は業界平均と比べると並だと思いますが世間の平均から比べると高いです。

    企業文化は昔からある日本の会社というイメージです。一応、年度末に人事評価はありますが、年功序列の色合いが強く、年齢に応じて基本給や職級が上がっていきます。福利厚生もあまり融通が利かないなと感じることがありました。例えば社宅は会社側が用意した物件しか社宅扱いにしてくれませんでした。家族の都合上、その地域、物件には住めない場合は社宅扱いにならず、若干の住宅手当が出るだけでした。せめて社宅で補助している分だけでもこちらで借りている物件に補助してくれれば不公平感がないのにと思いました。

  2. national86

    2015/12/01

    女性

    勤務時期:3~5年以内に退社

    年収:200万円~400万円

    雇用形態:派遣社員

    理系実験職専門の派遣会社から、研究所内での実験職として採用になりました。

    本社工場から離れた位置にある研究施設、1部署のみ、陸の孤島状態の立地にある研究施設で、所員数は16人(女性4名、男性12名)でした。

    ・担当は放射性管理区域内での実験作業、施設自体は古かったですがスペースが大きく、余裕をもって実験ができました。

    ・私は喫煙者ですが、喫煙スペースがとられており、そこで所員の皆様と話す機会が多く、円滑に実験を進める要因になったと思います。

    ・年齢の近い所員の方々とは仲良くなり、仕事後も一緒にご飯を食べに行ったりしました。

    ・週に1回、進捗の報告会があったんですが、ごく一部の所員さんへの攻撃が酷く、もう少し実験の割り振りを考えた方が良かったかと思います。

    ・実験施設に入ってしまうと別棟であることから、ほかの所員さんと連絡をとる手段がなくなってしまうのが面倒でした。実験室内に内線用の電話はありましたが、用事のある所員さんがどこの実験室にいるか予想をして電話をしても捕まらず、最終的には所内放送で呼び掛けて連絡を頂いていました。

口コミを投稿するためにはログインまたは会員登録をお願いします。
ページ上部へ移動する