九州電力株式会社34view

クチコミ数
4件
平均年齢
42.6歳
平均年収
757万6482円(※2017年3月決算)
ホームページ
公式ホームページはこちら

※「年齢」「年収」「勤続年数」は単体データの平均。「売上」「利益」「社員数」は連結データ。
(参考)2017年3月決算時の単体の社員数:11,073人

九州電力の過去8年間のデータ

九州電力の過去8年間の「売上高」「当期純利益」「社員数」「平均勤続年数」の推移をグラフにしました。

売上高

当期純利益

社員数

平均勤続年数

電力会社業界との比較

九州電力と電力会社業界の過去8年間の当期純利益との推移を比較しました。

当期純利益の比較

平均年収の比較

九州電力の勤務経験者による口コミ

  1. ruku-kitayama

    2016/09/10

    男性

    勤務時期:3年以内に退社

    年収:400万円~500万円

    雇用形態:正社員(中途入社)

    勤務時(退職時)の年齢:26~30歳

    業務内容:火力発電所の三交代勤務

    システムがしっかりしたいた。ヒューマンエラーに対する対策を何より重視していた。1つ1つの作業をするにも、しっかりとしたチェックシートを用い、複数で確認しながら行うなど、安全に対する意識は皆が持っていた。給与や福利厚生は非常に良かった。空港を利用することが多かったので、社員が持てるゴールドカードは重宝した。九州という地域がら、人情に厚く、人とのつながりを大切にしている風土があった。資料をきっちりと作成する文化があるため、文章構成能力、資料作成能力は大きく伸ばせる環境がある。

    発電所の場所が陸の孤島のように田舎にあるため、プライベートとのギャップが大きい。都市に行くだけで数時間かかるのが難点。平日は職場と寮との往復で終わる人も多く、社会との接点が少ない。協力会社の方々が主に作業をし、社員は管理という立場を取ることが多いため、技術的な経験を積むことが少ない。そのため、技術面でのスキルアップには限界がある。それが転職する際にもネックになると感じた。他社との繋がりが浅く視野が狭くなるため、ある程度年齢が過ぎた後で他の会社に転職するのは難しいと感じる。

  2. Toyotomi

    2016/04/07

    男性

    勤務時期:3年以内に退社

    年収:400万円~500万円

    雇用形態:正社員(新卒入社)

    業務内容:電力系統の保守保全

    給料は九州の企業で考えると高い水準でもらえていた。また残業は部署によっては多く見られるところもあるが、残業した分だけ残業代が支給された。

    福利厚生も充実しており、寮などもしっかり完備されている。休暇も多く取りやすい雰囲気がある。人事制度については上長を見ていた限りある程度その人の能力で評価されているように感じた。組合の力が強いからか、人間関係でうまく行かず悩んだ方にも勤続できるようにしっかりと異動などで迅速に対応していた。

    とにかく体育会系の会社。特に技術系は論理的思考よりも先輩・上司の言うことに従うことが仕事をすすめる上で必要になってくる。

    また、昔から減ったとは言われているが、同じ規模の会社と比較すると異様に飲み会が多い。月に1回もないということはまずない。

    インフラの性質上、あまり仕事にやりがいを感じる場面が少ない。大卒新入社員は最初の数年間は現場と呼ばれている高卒の方と同じ職場で働くのだが、この現場は特にやりがいなど感じにくい。

口コミを投稿するためにはログインまたは会員登録をお願いします。
ページ上部へ移動する