SATO社会保険労務士法人5view

クチコミ数
10件
設立日
2003年4月
上場分類
非上場企業
ホームページ
公式ホームページはこちら

SATO社会保険労務士法人の勤務経験者による口コミ

  1. mashaka

    2018/02/28

    男性

    勤務時期:3~5年以内に退社

    年収:300万円~400万円

    雇用形態:正社員(中途入社)

    勤務時(退職時)の年齢:26~30歳

    業務内容:社会保険手続きの事務職

    仕事のボリュームや、1人の従業員に任せる仕事の量がかなり多いため、業務量をこなすことができれば、3年ほど働けばどこの会社でも重宝されるレベルの社会保険手続きの知識や経験を得ることができる。また、従業員同士で助け合う文化があるため、困った時には他のチームやプロジェクトの従業員であっても、必要であれば声をあげれば助けたり、助けてもらったりできる文化である。毎朝朝礼があるが、堅苦しい朝礼ではないため、横のつながりが強くなる点も良い。

    仕事量が多く、残業がかなり多いこと。それに加えて、札幌に本社があることもあってか、東京や大阪等の事務所では給与水準が札幌に合わせられてしまい低めに設定される。福利厚生の制度等は特に無い。昇級制度や基準があいまいで、所長に気に入られているか気に入られてないかで昇格が速かったり遅かったりする風土が否めない。年に数回行われるボーリング大会等の社内の行事が強制参加であるため、イベントや飲み会に参加したくないタイプの人にとっては辛い可能性あり。

  2. fulham

    2017/09/28

    女性

    勤務時期:現在

    年収:200万円以下

    雇用形態:パート・アルバイト

    勤務時(退職時)の年齢:36~40歳

    業務内容:事務

    教育熱心な会社で、社内の研修が新人研修をはじめ、法改正がある都度行われたり、多く学習の機会がある。また社外のセミナーや勉強会に出席する機会も多い。
    人数が多いので、わからないことはすぐに周りに聞きやすい環境にあり、仕事の仕方がわからなくて困るということはない。
    基本的にチームで仕事をしているが、デスクワークでもくもくと分担された作業をすることが多いためか、人間関係が悪く(いじめがあるとか、上司にいびられるとか)悩むということはまずない。

    給料は同じ地域の事務にしては一見、多いように思われるが、固定残業代が含まれているので、実際は働いた時間に対しては少ない。とにかく仕事量が多く、残業時間が多い(1日2時間から3時間が普通、繁忙期にはもっと多い)。
    福利厚生は必要最小限(有休はあるが慶弔休はない)。昇給は時給者は一年に一回、10円くらい上がるが契約社員以上はほとんどない。
    ただし、契約社員以上には賞与はあるが、年二回で1ヶ月分程度。昇格は努力次第であるが、残業に耐えられず退職する人が多いので、実際は努力というよりは残った在職期間の長い人間だけ昇格している印象。ちなみに昇格しても給料はほとんど変わらない。

  3. kisunderland

    2017/07/05

    女性

    勤務時期:現在

    年収:200万円以下

    雇用形態:パート・アルバイト

    勤務時(退職時)の年齢:26~30歳

    業務内容:社会保険労務士業務

    パート勤務ということで、余程のことがなければ残業は発生せず、時間通りに退社できますし、例え残業になってしまっても1分単位で残業代が支給されます。また、事前に申請すれば私用での休暇も問題なくとれますし、シフト制ではないため家族の突発的な事情などで欠勤・遅刻・早退しなければならない場合にも柔軟に対応してくださるので、主婦にとっては働きやすい職場だと感じます。パートタイマーであっても、フルタイム(8時間)勤務であれば社会保険完備です。

    パートタイマーの時給はとても安いです。業務はある程度専門的な内容ですが、時給は最低賃金からスタートし、昇給は更新ごと(1年ごと)で上がり幅もごくわずかです。しっかり稼ぎたいと考える人にはお勧めできません。また、社会保険完備ではありますが、従業員の数が多いためか総務の作業は遅れがちで、保険証などの手続きもとても遅いため、働く側としては非常に不安を感じます。契約更新手続きですら本来の更新月に間に合わず、1か月後に契約書を交わす事もあります。

  4. label

    2017/01/19

    男性

    勤務時期:3~5年以内に退社

    年収:300万円~400万円

    雇用形態:正社員(中途入社)

    勤務時(退職時)の年齢:26~30歳

    業務内容:インバウンドによる新規顧客営業訪問と、契約後の業務移管支援(顧客→自社へアウトソース)

    私は営業系の仕事だったが、95%以上の人は実務処理のチーム(社会保険の手続き業務)に配属され、膨大な社会保険手続き業務を行うため、あっという間に手続きの知識・経験が身に付く。また、未経験者でも積極的に採用して育てるという風土があったため、異業種からのキャリアチェンジをする場合は入社しやすい組織。世間一般の株式会社でよくあるような人事制度はないため、管理職クラスの人間に認めてもらえればあっという間に昇格する。

    軍隊とまではいかないが、体育会系なところがある。始業時間は9時からだが15分前に出社することが義務付けられており、始業10分前から20分間ほど、100人以上が立ったまま朝礼を行う。代表(社長)が圧倒的な力を持っており、代表の言うことは絶対。2017年現在は残業代が支給されるようになったらしいが、2012年頃は残業代は固定残業代しか支給されず、月間で100時間以上残業しても数万程度の固定残業代のみの支給だったため金銭的に苦しかった。

  5. chestofdrawers

    2016/02/25

    男性

    勤務時期:3~5年以内に退社

    年収:300万円~400万円

    雇用形態:正社員(中途入社)

    勤務時(退職時)の年齢:36~40歳

    業務内容:企業の労務管理、法人営業、助成金申請業務

    北海道内中心最近では東京・大阪にも進出している企業で、道内だけでも数百・数千の顧客数がある同社で本当に様々な業界・業種のお客様と接することができる点が非常に良かったです。たいていの企業ですと、そこの業界に特化したお客様との接点が多くなりますが、同社では幅広い業界・業種のお客様と日々やり取りすることが多く、大変さはもちろんありますが、充実感もそれ以上にありました。また、新しく立ちあげられた企業のサポートをさせていただくことも多く、誇りを持てる仕事でした。そして従業員み皆が同じく仕事に誇りを持っている風土に感動したのを覚えています。

    代表者の考えが本当に末端にまで浸透している、ある意味従業員全員、代表の信者なのではないかという風土の団体です。とにかく長時間残業は当たり前の会社です。毎日毎日、ほぼ一年中残業は続き、日付が変わるまで会社にいるのは当然という社風です。代表者が、お金のこと・給与のことを気にするヤツはこの会社には必要ない、この仕事はできない、という考えを持っており、皆残業はやって当然だとか代表者に認められるために毎日残業を頑張るというような古い考え・体質の残る企業でした。業務内容自体は誇りを持てるものだけに、社風がそのような感じなのでなんとも残念でした。

口コミを投稿するためにはログインまたは会員登録をお願いします。
ページ上部へ移動する