みずほ信託銀行株式会社306view

クチコミ数
4件
平均年齢
38.4歳
平均年収
851万8000円(※2017年3月決算)
ホームページ
公式ホームページはこちら

※「年齢」「年収」「勤続年数」は単体データの平均。「売上」「利益」「社員数」は連結データ。
(参考)2017年3月決算時の単体の社員数:3,266人

みずほ信託銀行の過去8年間のデータ

みずほ信託銀行の過去8年間の「売上高」「当期純利益」「社員数」「平均勤続年数」の推移をグラフにしました。

売上高

当期純利益

社員数

平均勤続年数

信託銀行業界との比較

みずほ信託銀行と信託銀行業界の過去8年間の当期純利益との推移を比較しました。

当期純利益の比較

平均年収の比較

みずほ信託銀行の勤務経験者による口コミ

  1. obahan_Dq

    2016/11/02

    女性

    勤務時期:3年以内に退社

    年収:300万円~400万円

    雇用形態:正社員(新卒入社)

    勤務時(退職時)の年齢:26~30歳

    業務内容:法人事務

    福利厚生がきちんとしています。また専門職なので、女性でも年取って肩叩きに会うということはありません。実際に、年配の女性もたくさん勤務していましたし、結婚しても産休を取って仕事を続けている人がとても多いです。私の部署は、忙しくないので常に定時退社で、残業をする際もきちんと残業代がつきます。一般職での入社でしたが、テストを受ければ、ランクをアップしますし、総合職への職系転換もやる気次第で可能です。相談室や食堂などもきちんと整備されています。

    総合職はお給料が高いのに、一般職は低いです。大手なのでたくさんもらっていると思われがちですが、一般職のお給料は本当に微々たる上がり方しかしないので、期待はしない方がよいです。お給料を上げたいのであればランクアップの試験や研修を受けること。ただ責任も重くはなりますし、総合職とほぼ同じ仕事をやらされるのに、それでも総合職のお給料にはまったく及びません。また、お堅い職業ですので、物の取り扱いに厳しいです。女性の職場なので独特のいざこざも絶えません。

  2. Tanba-h

    2016/04/20

    女性

    勤務時期:5~10年以内に退社

    年収:400万円~500万円

    雇用形態:契約社員

    業務内容:個人営業

    途中入社で1年ごとの契約社員として入社しました。

    他にも個人営業として7人ほど女性ばかり勤務していました。

    良かった点としては、給与面では、女性としては、地方都市では結構高給だったと思います。

    また、福利厚生もしっかりしており、年間の連続休暇も必ず取得する必要があり

    土日、祝日もしっかりお休みで、年間休日は一般の企業より多いと思います。

    人事制度は、正社員は転勤がありますが、私の職種は現地採用で、転勤はなかったものの

    一定の期間で担当エリアの変更はありましたが県内なので、家から通えなくなることは

    なかったです。

    残業も、なるべく少なくする方針でしたので、疲労が残るほどの残業は少なかったです。

    個人営業だったので、個人で調整すれば、休暇も自由に取れました。

    企業の雰囲気も入社時はのんびりとアットホームで、居心地が良かったです。

    悪かった点としては、契約社員だったので退職金がなかったことで退職後の生活の不安がありました。

    また、完全なトップダウン方式で、こちらからの要望を聞き入れてくれる制度がなかったので

    改善してほしいところが改善されないもどかしさがありました。

    また、これはどこの銀行にも言えることですが、提出する書類の多さ、またルールの複雑さは相当なものがあり

    契約をとればとるほど、仕事が終わらなくなるジレンマがありました。

    会議も、社員が活発に意見を交換するようなものではなく、時間の無駄に感じました。

口コミを投稿するためにはログインまたは会員登録をお願いします。
ページ上部へ移動する