東海東京証券株式会社18view

クチコミ数
10件
平均年齢
非公開
平均年収
非公開
ホームページ
公式ホームページはこちら

※「東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社」100%子会社。
※売上・当期純利益のみ掲載。

東海東京証券の過去8年間のデータ

東海東京証券の過去8年間の「売上高」「当期純利益」の推移をグラフにしました。

売上高

当期純利益

証券会社業界との比較

東海東京証券と証券会社業界の過去8年間の当期純利益との推移を比較しました。

当期純利益の比較

東海東京証券の勤務経験者による口コミ

  1. casken

    2017/04/05

    男性

    勤務時期:5~10年以内に退社

    年収:200万円~300万円

    雇用形態:正社員(新卒入社)

    勤務時(退職時)の年齢:21~25歳

    業務内容:支店でのリテール営業

    新卒採用で総合職として入社しました。私の同期は数百人ほどいました。
    良かった点としては、福利厚生がまずあげられます。会社寮ならば家賃は1万円いかず水道光熱費の負担はないので、給料が数万円多いのと同じです。
    残業は20代の若手については抑え目にしていた印象を受けましたが、ベテラン社員は残業がしばしばありました。
    休暇は夏と冬に長期休暇があり、半分近くを有給とは別に休みをもらい、残りの半分は有給を消費する形でした。また有給休暇の消化については自由度が高い印象を受けました。

    初任給は20万円程度でしたが、2年目3年目については数千円程度の昇給なので住民税を考えると昇給の実感はなく、仕事の厳しさは増していくばかりなので割に合わないという感覚がありました。
    転勤の頻度は総合職の場合は少なくありません。
    ノルマは存在し、達成できないと休めないことはありませんが、達成のための取り組みを提出する必要があります。支店により代わりますが、私の支店は直属の上司がその上からプレッシャーを受ける場面をよくみかけました。

  2. rand

    2017/01/16

    男性

    勤務時期:3年以内に退社

    年収:300万円~400万円

    雇用形態:正社員(新卒入社)

    勤務時(退職時)の年齢:21~25歳

    業務内容:リテール営業

    給与は他業種に比べて高いと思いました。1年目で月手取り30万を超える月もありました。ボーナスは年2回支払われます。1年目のボーナスは70万円ほどでした。福利厚生も、企業年金、社宅等もあり良かったです。私は愛知県名古屋市勤務でしたが、名古屋市内の社宅は月1万円で利用可能で、同地域の家賃に比べれば非常に安かったと思います。また持株会があり、給与から天引きで自社の株式を10%割引で買える制度が非常に良かったです。人事に関しても、比較的社員の意見が通りやすく、2年目以降は希望した部署に配属されている人も多くいました。

    残業がとにかく多かったです。入社以来定時で退社したことは一度もありませんでした。平均して20時~21時頃までは営業職の社員は会社に残って仕事をしています。
    また、残業代のつけ方が非常に雑で、上司によっては残業代をつけるなという上司もいました。
    仕事は数字第一といった感じで、何が何でも数字をあげろと毎日のように上司の怒鳴り声が社内に響いていました。各営業社員の日々の数字は全員が見える場所にホワイトボードでリアルタイムに記載されます。
    私の部署に配属された1つ下の新人は、入社後わずか2週間でストレスに耐え切れず2人が退職し、同僚でもうつ病になった人が1人おり、かなりのストレス耐性を持った人で無ければ厳しい仕事だと思います。

  3. ammnxy_8342

    2016/08/20

    男性

    勤務時期:3年以内に退社

    年収:300万円~400万円

    雇用形態:正社員(新卒入社)

    業務内容:各種金融商品の営業(主に個人)

    証券業界は給料が景気(株価)にダイレクトに反映されるため、アベノミクスが始まってからはボーナスが跳ね上がりました。

    私のような若手社員でも恩恵があったため、長年勤続されていた方はより多くの恩恵があったのではないでしょうか。

    また、営業成績なども大きく加味されるので、実力主義的な企業文化を好まれるのであれば、働きやすい会社であると言えるかもしれません。

    ノルマの達成さえしていれば、特に上から文句を言われることもありませんでした。

    勤務時間が長いことです。

    証券会社の朝は早く、朝7時代から会議があることは日常茶飯事でした。

    また、市場が閉じた後(15時以降)は投資信託や保険などの営業ノルマを捌くことが求められるため、会社員の方の帰宅時間を待つことが多く、21時以降に相手先へ訪問するといったようなこともありました。(実際には社内規定で禁止されていました。)

    長時間労働や過酷なノルマは、決して働きやすいとは言えない環境だったと思います。

    ただ、他の支店や本部はそこまでひどい勤務実態ではないと聞いていたため、一部支店のみのお話かもしれません。

  4. ta-g

    2016/04/20

    女性

    勤務時期:10年以上前に退社

    年収:200万円~300万円

    雇用形態:正社員(新卒入社)

    業務内容:個人向け営業・窓口営業

    新卒で地方採用だったので、入社前に実際の店舗を見学することができ、働くイメージが持ちやすかったです。

    研修制度がしっかりしていて、入社時研修や3年時研修、その他にも新しい商品が出るたびに研修会や説明会などが開かれたので、
    同店舗に同期がいなかった私でも定期的に多店舗の動機と交流が出来て情報交換が出来ました。

    また資格取得など当時の上司は割りと理解があったので受けやすく、
    女性の管理職なども次々に出てくるなど、女性が働きやすいところではあったと思います。

    休暇も取りやすく、年に9連休と5連休の2回の休みを取得するという制度がありました。

    これは企業のと言うよりもこの業界の独特の物ですが当時は大手証券や銀行の倒産の影響で株価が下がり続ける一方で
    それに比例して給与やボーナスもあまり良くありませんでした。

    後にITバブルと呼ばれる時期が来た時には、多少ボーナスは良くなりましたが、スズメの涙でした。

    入社2年目くらいに合併がありました。それによって派閥が出来て支店長によって方針がガラリと変わって戸惑う場面もありました。

    毎月初日に「1日営業」と称して会社全体で大きなノルマを課せられそれに伴い無理な商いなどをさせられました。

    それに伴い月末は必死で顧客のところに走り回り数字を取るということをしていました。

  5. account

    2015/09/25

    女性

    勤務時期:10年以上前に退社

    年収:200万円~400万円

    雇用形態:派遣社員

    支店によって派遣の時給が変わってきます。私が働いていたところは比較的高いところだったので、仕事内容に見あった給料だったと思います。そのため、働き甲斐がありました。また、派遣社員と正社員の区別がはっきりしていたので、働きやすかったです。派遣社員もとても多い企業なので、気持ちを話し合える同僚もたくさんいます。派遣社員が少ないと、なんとなく肩身のせまい思いをしたりします。仲間がたくさんいるなかでの仕事はしやすかったです。

    休みがなかなかとりづらかったという面が、派遣社員として働くにはどうかなと思っていました。派遣社員がたくさんいるけれど、だから休むと逆に目立つ点がありました。アフターファイブを充実させようと言う名目で、派遣社員として働くには向いていないと思います。しかし、病気など仕方ないときは大勢いる分、快く受けてもらえます。その時々です。

口コミを投稿するためにはログインまたは会員登録をお願いします。
ページ上部へ移動する