30代男性が転職で失敗しないために。転職成功のカギをご紹介!

ライター:転職ステーション編集部

631views

目次

 

参考30代女性の転職はコチラのページ

30代女性の転職の成功のポイント【リクルート出身者監修】

 新卒で入社し10年近くが経って30代を迎えたタイミングでは、仕事もできるようになって中堅社員として充実している方もいれば、次のステップを模索している方もいらっしゃるのではないでしょうか。女性は出産・...

 

20代に比べて30代は転職が難しい?

30代で転職をお考えの方も多いと思いますが、実は30代になると20代の時に比べて転職が格段に難しくなることをご存知でしょうか。なぜ、そうなるのかというと30代の転職は、20代の方と比べ選択肢が狭まるからです。

 

具体的に言うと、基本的に30代の転職というのは「即戦力」、もしくは「準即戦力」の人材でないと採用されません。その背景として、組織の人員構成・組織の中で求められる役割において、30代というのは、教育・育成期間を終えた一番脂ののった時期であるため、会社としては一線級で活躍してほしい年齢層になるからです。その年齢層に「未経験層」は採用したくないというのが企業側の考えです。

 

つまり、20代は「未経験業種」「未経験職種」での転職が可能な年齢層ですが、30代は原則「即戦力」でないと採用されにくい、そのためこれまで経験したことでしか転職できない世代という点で大きな違いがあり、30代の転職は20代の転職と比較して選択肢が狭まるのです。まずは、その点について知っておきましょう。

 

まずは30代の男性転職でよくある失敗を知ろう

ここでは、30代においてよくある転職失敗のパターンを具体例とともに挙げていきます。自分では気づかないうちに陥りがちなことも多いので、是非とも念頭に置いておきましょう。

 

失敗例①:未経験職種・業種への転職

上述しましたが、特例を除き30代(特に後半)で未経験の業種・職種へ転職しようとするのは辞めましょう。なぜなら、30代は企業の想定では「即戦力」です。未経験職種・業種で即戦力として活躍するというのは原則難しいです。100歩譲ってそれができるとしても、企業側がそう判断しないケースが大半です。

 

20代は学ぶ・経験を積む世代であれば、30代は20代で得られた学びや経験を活かし、実績を出していかなければならない世代です。そのため、新しい業界・業種で働きたいと考えてもよほどの根拠がない限りは内定の獲得は難しいと考えましょう。

 

失敗例②:離職してからの転職活動

理由の有無に関わらず会社を辞めてから転職活動をする方もいますが、どんな理由があれども在職中に転職活動を行いましょう。なぜなら、30代の転職は即戦力が求められますのでそれなりに採用ハードルが上がります。そのため、同業界の出身だからといって簡単に採用されるわけではありません。

 

そのため、離職中に転職活動を行ったところで多くの面接を受けられますが、面接をクリアできない場合、離職期間が長期化し、さらに転職に不利に働く可能性を有しています。

 

また、面接官によっては、次が決まっていないのに会社を辞めるというのは明確な理由がないと、論理的な行動ができない、リスクヘッジするという能力に欠けていると考える方もいます。

 

いずれにしろ、先に離職することで、不利な状況になりうる可能性があり、かつ離職期間が長期化すればさらに不利に取られるという点からも離職してからの転職活動は避けたほうが無難です。

 

失敗例③:前職の経験・慣習等を正当化する発言をしない

面接で仮にうまくいき、入社に至ったとしてもそれがすなわち成功ではありません。入社後に活躍してこそが成功です。そのため、入社後にしくじることも十分念頭に入れておきましょう。その代表的な発言として「前職ではこうだった!」という前職の慣習や考え方を正とし、新しい会社の慣習や考え方を一刀両断するようなものがあります。

 

仮にもあなたは前職を捨ててその会社に入ったわけですので、もちろん誤っていることを誤っているということは大事ですが、新しい考え方を受け入れるようにしましょう。原則一人で仕事をしているわけではなく、職場の人間関係をうまくやっていき周囲を巻き込んで仕事をしていくことも、あなたが独力で仕事をすることと同様に重要になります。一緒に仕事をするためには、相手に嫌な感じをもたせてはいけません。

 

転職組がよく言うしくじりコメントの代表格である「前職はこうだった!」という前職を礼賛するコメントは、「じゃあなぜ転職したのか」と周囲に眉をしかめられてしまいます。そうならないためにも、「前職や今まで経験したことが正しい」という発言は控えましょう。ただし、根拠があって「ここは改善すべきだ」という発言は状況に応じて発信するのが転職組の仕事であるということも同時に認識をして下さい。

 

失敗例④:お金・職場環境改善のみを目的とした転職

よく転職理由にお金であったり、ワークライフバランスを重視する「環境要因」のみの転職を行う方もいますが、それもやめましょう。誤解しないで頂きたいのは、お金であったり、ワークライフバランスでの転職を否定しているわけではありません。ただし、それだけで長期的に成果を出し続けるかというとそれは難しいでしょう。

 

お金・ワークライフバランスと共に、転職する明確な動機、もっと言えばお金とワークライフバランスの質が上がり、さらに前職でやれていたことをやれる環境を継続できるなどという「変えなくていい」ことも明確にしておくと良いでしょう。しっかりとした「やりたいこと」を明確にしたうえでお金であったり、ワークライフバランスを持ち出して動機形成をしましょう。

ページ
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

ライター

転職ステーション編集部

転職ステーション編集部発の転職関連コラムのまとめ。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する