ベンチャー企業がインターン学生を採用するメリット

ライター:工藤崇

36views

 筆者がベンチャーの世界に入ってみて驚いたことは、「インターン学生が活躍している企業が多い」ことです。しかも優秀な(学歴という意味もそうだが、業務遂行能力として)学生が多いということです。

 

 今回の記事では「ベンチャー企業がインターン学生を採用するメリット」について考えてみます。

 

ベンチャー企業がインターン学生を採用するメリット

  • スタートアップでそんないい人材は集まりにくい

 ベンチャー企業の経営者は、当初の創業メンバー(ボードメンバー)の次に参画する人材にどんなことを期待するのでしょうか。この部分は人それぞれ、経営者それぞれとは思いますが、一貫しているのは「給料を300万円出したら、300万円以上の貢献をしてくれる人材」というところは共通しているでしょう。実際にある経営者に「ベンチャー企業に欲しい人材は?」と聞いたところ、「売上か、コスト削減か、組織整備を主導してくれる人材」という答えが返ってきました。

 

 ただ、それぞれの世界で武勇を鳴らした、たとえば「営業の実績は誰にも負けない」という人が創業間もないベンチャーに入社する可能性は決して高くないというのが現実です(もちろん最初から強力な営業体制を組んで創業できる会社もありますが・・・)。同時に経営者としては耳が痛い部分ですが、「経営者以上の人材が入社することはない」という言葉もあるくらいです。かといって成長曲線にある会社は向き合うべき課題も多く、慢性的な人材不足です。

 

 そこで、インターン学生など若手に機会を与え、共存していく考え方が必要になってきます。

 

  • 自社の方法論で仕事をしてもらえる・そのまま会社に就職してくれる

 上記のような理由でインターン学生にも門戸を広げていくというのが、ベンチャーの経営戦略の1つとしてあるわけですが、人材不足という要因に加えて、経営者側としては、自社の方法論で仕事をしてもらえるという利点もあります。 「前の会社ではこうでした」などとは言わないこと(そもそも転職先では禁句ですが…)は採用者としてメリットに感じる場合もあります。

 

 そして何よりも重要なのは、そのまま会社に参画(ベンチャー企業的に言うところのジョイン)し、貴重な幹部人材となってもらえるということはメリットです。インターン学生は経営者とのあいだで信頼関係を組みやすいことが背景にあるのでしょう。実際にベンチャー期を超えて発展カーブを描いた会社の役員として、インターンが入社のきっかけだった、という話も少なくはありません。

 

学生から見たらどうなのか?

 一方でインターンの学生側からのメリットを考えてみます。大企業はもちろんのこと、「完成された」ベンチャー企業に参画する際、任せて貰えるのは仕事だけです。仕事というのは指示されるもの、という意味で、意思決定や判断などを任せて貰えるのは皆無に等しいものです。

 

 ところが何人もいない組織だと経営ボードは不安なものです。優秀なインターン学生に「君はどう思う?」などと重要な参考意見として聞くことが考えられます。もちろん、これはインターン学生にとって、大学では決して学ぶことのできない貴重な経験でしょう。社会人生活を目前に控えた時期に、代えがたい自信にもなることでしょう。

 

 また、インターンの経験は新卒で就職する際にも大きな武器になります。特にベンチャー企業のインターンのように、経営メンバーに近いところで経験を積んだ、となれば、人事もその経験値に注目しやすいものです。このように、比較的廉価な給料でも学生にもメリットがあるのです。

 

今回の記事のまとめ

 インターン学生の学歴を私なりに調査したら、学歴はもちろん実務能力を見ても学生という枠を超えているような人材も見受けられます。そんな優秀な人材の力をまだどの会社の色にも染まっていない段階で借りられるというのはベンチャー企業にとっては心強いものです。もちろん上記のようにインターン学生から見てもメリットは多くあるのでWin-Winの形態とも言えるのかもしれません。

 

ライター

工藤崇丸の内に本社を構えるFP会社の代表取締役社長

「FP会社社長が語るライフプランと転職」シリーズ

CEO写真(2)

 

丸の内に本社を構えるFP会社株式会社FP-MYS代表取締役社長兼CEO。1982年北海道出身。ファイナンシャルプランニング(FP)を通じて、Fintech領域のリテラシーを上げたいとお考えの個人、FP領域を活用してFintechビジネスを開始・発展させたいとする法人のアドバイザーやプロダクトの受注を請け負っている。資格予備校である株式会社TAC出身のため、資格ビジネス、人材キャリアビジネスにも精通。Fintechベンチャー集積拠点Finolab(フィノラボ)入居企業。執筆実績多数。株式会社FP-MYS公式ホームページ(http://fp-mys.com/

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する