25歳の転職で求められる能力は?

ライター:高下真美

70views

転職市場における25歳という年齢

 転職市場で25歳と言えば、下記のような共通認識があります。(本記事では25歳=ストレートで就職していれば丸3年勤務経験ありという認識で執筆しています。)

 

  • 異業種への転職がまだ可能
  • 一通りの仕事ができる

 

 25歳は第二新卒と呼ばれるギリギリの年齢であり、一般的には同業種、異業種問わずに転職しやすい最後のタイミングと言えます。ストレートで就職していれば丸3年の仕事の経験があり、一通りの業務を自分でこなせるようになっている年齢です。
 
 3年が経過すると、様々な社会に触れ、自分のやりたい事が変化する、あるいは新卒で入った会社に違和感を覚え始める年齢でもあります。このまま30歳を迎えていいのだろうか、チャレンジするなら今なのでは、という考えが頭に浮かぶ人も多いです。
 
 今、身についている能力を知り、ボーダーラインに達していなければ早急に身につけること、身についていて他のことがやりたいと決まっている場合は、転職を成功させるポイントを心がけることで、さらに仕事やキャリアを充実させることができます。そんな年齢が「25歳」です。

 

25歳の社会人に求められるもの

 25歳の社会人ができていなければならないボーダーラインとしては、あくまで一例ですが下記のようなものが挙げられます。これができていなければ転職すること自体が難しく、今の会社で努力をしなければ、年収面や将来性が厳しく、転職して年収がダウンすることも考えられます。将来のためにその基準に達しているかどうかを確認しておきましょう。

 

  • 一般的なビジネスマナー
  • 逆境に置かれたときの対処法
  • 求められたことを確実にこなす能力
  • 中だるみせず、前向きに業務に取り組む姿勢
  • 自分の役割を言われなくても想定して動ける姿勢
  • すべての仕事に目的意識を持って取り組む姿勢

 

  • 一般的なビジネスマナー

 丸3年も働けば、企業で働く場合に求められる一般的なビジネスマナーや相手先企業に失礼のない対応などが身についているべきです。

 

 例えば、頼まれた仕事は期日前に提出し、上司に途中経過も随時報告、接待がある職種であればお客様を接待するときの立ち居振る舞いなど、座学で教わるのではなく、仕事を進めていく中で学んでいく、範囲の広いビジネスマナーが求められます。

 

 これができていない場合、教育する手間が新入社員とほぼ変わりありませんので、新卒で優秀な人材を採用する方がよかったと思われる危険性もあります。

 

  • 逆境に置かれたときの対処法

 丸3年働いていれば、仕事で挫折した経験や、厳しい状況を乗り越えた経験があるはずです。そのような時にどう対処するのが良いのか、人に聞かなくても自分で対処できることが大切です。どのように対応すれば火消しが早急にできるのか、関係各所へのアフターケアなど、失敗したことで発生する業務を的確に判断して実行できるかどうかも重要です。

 

 また、自分自身のメンタルケアをすることも必要です。ミスを引きずってしまうとさらに周囲に迷惑をかけてしまう可能性もあります。そうならないためにどう切り替えるのか、その術を学んでおくことが求められるのです。25歳で転職した場合、新入社員のフォローなどを行っていかなくてはならない立場になりますから、このあたりも問題なくクリアしておきたいポイントです。

 

  • 求められたことを確実にこなす能力

 社会人として丸3年働いているわけですから、求められたことに確実に応えることが求められます。指示内容を捉え間違えることがないように確認を怠らないこと、改めて目的を確認し、その部署や上司のやり方に慣れるまでは方向性の確認まで行い、丁寧に仕事をしていくことが大切になります。上司から名指しで仕事を頼まれるような仕事ぶりを3年の経験で身につけておきましょう。

 

  • 中だるみせず、前向きに業務に取り組む姿勢

 25歳ともなると、もはや新人を教育する立場であり、1番下の身分ではなくなることが多いです。しかし、一定の仕事ができるようになると、上司と仕事をする機会も増えてきます。この時期になってくると、「新人ではないから自分がやらなくても」と動きが悪くなる人もいます。
 
 しかし、この時期こそあえて新人のような気持ちで物事を吸収し、雑務であってもどんどん仕事をもらう中でレベルアップしていこうという姿勢が必要です。雑務を雑務と捉えず、仕事をしていく中で上司の仕事の特徴や気にするポイントをつかみ、他の仕事に活かしてさらに仕事を任せられるようになるというサイクルを作れることが成長の鍵となります。

 

  • 自分の役割を言われなくても想定して動ける姿勢

 その部署にいる人材とその役割を見て、自分の立ち位置や役割を認識して動けることは必要です。指示されて動くことは当たり前ですが、次のステップに進んで自分で考えて動ける人材になりましょう。
 
 何も言わなくても「こうした方がうまく進むのでは」と考えたことを実行・起案してくれれば、上司も期待を持ってくれますし、新たな仕事を任せようという気持ちにもなってくれます。その信頼関係を築くスキルを持っていれば、例え異業種に転職したとしても仕事にキャッチアップし、成長できる環境を自分で作ることができます。

 

  • すべての仕事に目的意識を持って取り組む姿勢

 コピーなどの単純作業であっても、どんな場面で使う資料か、誰が読むのかなどを把握していれば、用紙の大きさ、白黒orカラー、テーブルやイスの配置などを考えてセッティングすることができます。
 
 また、コピー取りをする間に付随する他の仕事を手配する、資料を勉強すること、その仕事に関わっている人を知ること、質問したいことなど、やれる仕事や得られる情報はたくさんあります。ボーっとしながらコピーを取るのではなく、常に何のためにこの仕事をやるのか、吸収できることが他にないかなどを頭において行動するだけで、成長スピードが大きく変わります。

 

今回の記事のまとめ

 25歳という年齢は、今までは仕事に慣れること、一人前になることを目標に過ごしてきた方が目標を失う時期でもあります。目標を自ら設定して、どんどん成長できる環境を自分で作っていきましょう。そういう人が転職市場でも求められています。

 

ライター

高下真美リクルートグループ勤務経験からの独自の視点が好評

「元人材業界出身者による転職お役立ちコラム」シリーズ

IMG_0020 (2)

 

新卒でインターンシップ紹介、人材派遣、人材紹介のベンチャー企業に入社。大学4年の在学中から勤務を開始し、営業・コーディネーター・人事・総務に従事。名古屋拠点立ち上げなど様々な業務を経験。取引先はベンチャー企業から大手のIT、流通、情報、サービスなど多岐に渡る業種に対し、営業・コーディネーター、両面の業務を担当。その後、株式会社リクルートジョブズ(旧社名:リクルートHRマーケティング)に転職し、リクナビ、リクナビNEXT、はたらいく、とらばーゆ、タウンワーク、フロム・エーナビなどの求人広告や、年間の採用計画、企業の成長に合わせた人材像の見直しなどを提案する営業として8年勤務。その間にMVP、チーフとして率いたチームでMVTなどをそれぞれ複数回受賞。既存顧客の取引拡大、新規開拓業務に従事。大手アパレル、外食チェーン、流通、医療など幅広い業種に対して、新卒・中途、アルバイト・パートの年間採用プラン、採用支援システムを提案。結婚、夫の転勤を機に退職し、現在は人材系コラム、女性のライフスタイル系メディアの記事執筆など、フリーライターとして活動中。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する