合格可能性を上げる「自己PR」の書き方3ステップ

ライター:高下真美

7views

 書類選考の履歴書や職務経歴書、面接の場面でも自分のアピールするために必要になる自己PR。そんな自己PRを書くときにどのように書けば良いのか、迷った経験を持つ人は多いと思います。

 

 「自己PRできることがない」「何から始めていいかわからない」という人のために、合格可能性を上げる自己PRの書き方をご紹介していきます。ぜひ参考にして転職活動を有利に進めてみてください。

 

自己PRとは?

 PRの意味はPublic Relations(パブリック リレーションズ)という言葉の略で、個人の立場、思想、視点などを広める活動、広報などの意味があります。つまり自己PRとは、自分がこう考えているということや、どのような立場の人であると伝えること、自分を広報する活動を指しています。

 

 転職活動における自己PRとは、「その企業が求める人材は私ですよ!」と伝えるためのものと捉えればOKです。自分の強みなどを自分自身が把握し、相手に伝えることができるようにならなければ、自己PRができるようになったとは言えません。

 

 以下では、自己PRで書類や面接の合格可能性をUPさせるための必要なステップを紹介していきます。

 

ステップ1「自分の強みを発見する棚卸し

 まずは自分の強みを発見することから始めます。自分の強みを発見するには、仕事において自分が何を得意としているのかを把握しなければなりません。そのために過去の経験を棚卸しすることが必要になります。下記3つの軸をポイントに過去の経験の棚卸しを行いましょう。

 

  • どんな時に成果を上げることができたのか
  • 自分の努力がどう評価されたのか
  • 充実感や達成感を得られた経験は何か

 

 具体的な棚卸しの手順としては以下になります。

 

  • 1.勤め先ごとに異動歴を書き、役割、メンバー構成、自分のやっていた仕事をまとめる
  • 2.先程の3つの軸に当てはまるものを異動歴ごとにまとめる
  • 3.軸に当てはまることの実績、成功要因を書く
  • 4.すべての経験を見て、共通点を探す

 

 順を追ってご説明していきます。

 

  • 1.勤め先ごとに異動歴を書き、役割、メンバー構成、自分のやっていた仕事をまとめる

 まずは自分の置かれていた環境をチェックします。求められていた役割、メンバー構成、自分のやった仕事などをまとめることで、そのときのあなたの立ち位置と影響力がわかります。

 

 年齢を重ねていくにつれて、立ち位置や影響力にどのような変化が出てきたか、自分自身の歴史を把握することもできます。自分がどのようなことを心がけていたから、その後、立ち位置や影響力に変化が訪れたのかなどを思い出すことができ、それも新たな強みの発見につながるのです。

 

  • 2.先程の3つの軸に当てはまるものを異動歴ごとにまとめる

 1で記述した内容の下に上記3つの軸に当てはまることをまとめていきます。成果を上げられたこと、評価されたこと、充実感や達成感を得られたことなどは、もっとも強みが表出するタイミングです。自分で否定せずに、どんどん書き出していくのがうまく強みを見つけるコツです。

 

  • 3.軸に当てはまることの実績、成功要因を書く

 先程の3つの軸に当てはまることを書いた下の部分に、得られた実績、成功要因を書いていきます。実際に得られた実績と、成功の要因が何かを書き出すことで、他社でも活かせる強みや、その強みを生む行動特徴=「方法論」などを知ることができます。

 

 仕事ができる人はこの「方法論」を確立していることが多く、どんな仕事であってもその方法論を応用して成功に導くことができます。自分でその方法論を見つけられていない場合でも、紹介したような方法を使って見つけることができます。これを見つけられれば強力な自己PRを作ることができるようになりますので、ぜひ丁寧に行いましょう。

 

  • 4.すべての経験を見て、共通点を探す

 3つの軸に当てはまる経験を全て書き出してみると、共通点を見つけられるケースが多いです。このような共通点を見つけることで、たくさんの成功体験を生み出せる方法論を見つけることができ、同時にそれをアピールするための具体的なエピソードを発見することもできます。

 

 「◯◯ができる」と伝えるだけでなく、具体的な実績と実績を上げるための方法論を持っているというエピソードがあるわけですから、説得力を増した自己PRができるはずです。この内容があれば、書類だけでも企業担当者に興味を持ってもらえる内容になります。

 

 また、具体的なエピソードがいくつかあれば、履歴書用、職務経歴書用、面接用など、さまざまなシーンでその方法論を伝えることができます。1つのエピソードだけでなくいくつかのエピソードを伝えることで、すぐに応用ができること、汎用性の高いものであることが伝わりやすくなります。

 

 このような方法で自分の強みを発見できれば、自信を持って転職活動に挑むことができるため、精神的にもよい状態で転職活動を行うことができるはずです。

 

ステップ2「企業の求める人材と結びつける

 このように自分の強みを見つけ出したら、企業が求める人材とどのような部分がフィットするのかをピックアップします。ステップ1でたくさん強みが見つかったとしても、それを全て伝えていては何が重要なのかが伝わりにくくなってしまうからです。流れとしては以下のように行います。

 

  • 1.企業が求める人材とフィットする強みをピックアップし、箇条書きに
  • 2.その強みを活かすとどのような働き方ができるかを想像する
  • 3.想像した働き方ができると、応募先の企業にどのような影響が与えられるかをまとめる

 

 単に企業が求める人材とフィットする項目を羅列するだけでなく、その先の働き方をイメージし、さらにその働き方が企業に与える影響(メリット)を思い描くことが大切です。

 

 ここがイメージできているか否かで与える印象は大きく違いますし、実際に入社した後のパフォーマンスも大きく変わります。将来自分が活躍するためにも細部を突き詰めてイメージすることが大切です。

 

ステップ3「結論ファースト、イメージしやすいエピソードで書く

 字数や他の記述内容との関連性、エピソードの強弱などを計算し、履歴書用、職務経歴書用、面接用など割り振っていきます。職務経歴書に書いてある内容を質問されることはよくあります。そのときに、他のエピソードで答えることで、さらに説得力のある自己PRにすることができます。

 

 また、伝えるときに重要なのは結論を頭に持ってくることです。書類でも面接の場合でも、結論を先に伝えてから理由という方法でコミュ二ケーションを取りましょう。結論がわかってから理由を聞くと、余計なことを考えずに話を聞くことができるので、面接官にあなたのよさが伝わりやすくなるというメリットがあります。

 

今回の記事のまとめ

 合格可能性をUPさせる自己PRの書き方3ステップをご紹介しましたが、いかがでしたか?単に強みを見つけるだけでなく、エピソードの見つけ方、使い方、さらに伝え方まで網羅していますので、自分で書いていても説得力のある文章だと感じるものができるはずです。ぜひ時間をかけて取り組み、自分の能力を再確認してから転職活動にチャレンジしてください。

 

ライター

高下真美リクルートグループ勤務経験からの独自の視点が好評

「元人材業界出身者による転職お役立ちコラム」シリーズ

IMG_0020 (2)

 

新卒でインターンシップ紹介、人材派遣、人材紹介のベンチャー企業に入社。大学4年の在学中から勤務を開始し、営業・コーディネーター・人事・総務に従事。名古屋拠点立ち上げなど様々な業務を経験。取引先はベンチャー企業から大手のIT、流通、情報、サービスなど多岐に渡る業種に対し、営業・コーディネーター、両面の業務を担当。その後、株式会社リクルートジョブズ(旧社名:リクルートHRマーケティング)に転職し、リクナビ、リクナビNEXT、はたらいく、とらばーゆ、タウンワーク、フロム・エーナビなどの求人広告や、年間の採用計画、企業の成長に合わせた人材像の見直しなどを提案する営業として8年勤務。その間にMVP、チーフとして率いたチームでMVTなどをそれぞれ複数回受賞。既存顧客の取引拡大、新規開拓業務に従事。大手アパレル、外食チェーン、流通、医療など幅広い業種に対して、新卒・中途、アルバイト・パートの年間採用プラン、採用支援システムを提案。結婚、夫の転勤を機に退職し、現在は人材系コラム、女性のライフスタイル系メディアの記事執筆など、フリーライターとして活動中。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する