合格可能性を上げる「職務経歴書」作成の3ステップ

ライター:高下真美

17views

 転職活動のときに初めて書くことになる職務経歴書。何をどう書いたら自分の魅力が伝わるのか、書き方に迷う方も多いでしょう。そんなお悩みを解決する3ステップをご紹介していきます。

 

 履歴書はルールやマナーなどを押さえ、アピールポイントなどが程よく散りばめられているものを見て問題なければOKとされるのが多いのに対し、職務経歴書はより深く、実務能力やアピールする力、転職理由などを細かく見られます。

 

 書類通過後の面接でも、質問は職務経歴書から出ると言ってもいいほど注目度の高い書類です。そのため、書き方が非常に重要です。「職務経歴書作成の方法」ということでぜひ本記事をご参考下さい。

 

職務経歴書とは?

 職務経歴書とは読んで字のごとく、あなたの経験してきた「職務」の「経歴」がどのようなものであったか、履歴書に書ききれない詳細なエピソードも交えてまとめることのできる書類です。

 

 この内容を見て企業担当者は、あなたが自社の求める職務経験を持っているかどうか、強みとして自覚しているものは何か、それが自社にあてはまっているか、また志望度合いは高いのかなどを判断するのです。そのため、下記のような特徴の職務経歴書の場合、不合格になってしまう可能性が高まります。

 

  • 文字の羅列で読みづらく、要点が伝わらない
  • 自社に適合する強みがわからない
  • 求める人材に当てはまっていない

 逆にここを押さえれば格段に合格可能性をUPさせることができるので、丁寧に行うことを心がけましょう。以下では「職務経歴書」作成の3ステップということで、1つ1つどのようなポイントに注意して作成をしていけばいいか、詳しくご説明していきます。

 

ステップ1「見やすさを重視。A4用紙2~3枚でまとめる」

 まずは、「見やすさ重視」ということは意識しましょう。どの部分が重要で、どこを見てほしいのか、相手の目が向くように工夫しましょう。例えば、このような工夫が考えられます。

 

  • 要点をまとめた文章を追加し、読みやすくする
  • 箇条書きにすることで重要なポイントをわかりやすくする
  • 文字のサイズやフォントを変えて目立つようにする

 このようにさまざまな工夫が可能です。間違ってもベタ打ちの文章のように、文字の羅列になってはいけません。どれだけ良い内容が書いてあったとしても、その資料の見やすさ、分かりやすさがなければ読んでいただけないかもしれません。読みづらい文章は読み進める気持ちが削がれ、伝えたい内容が伝わらない可能性が高いです。そのため、この視点を忘れずに書類作成することが大切です。

 

 枚数としては、適度に空白を挟んだ状態で1~2枚、多くても3枚にまとめられるようにしましょう。あまりに枚数が多いと「コンパクトにまとまってないな・・・」という印象を与えかねません。

 

ステップ2「自分の強みを表すのに最適な書き方を選ぶ」

 自分の強みとなる部分を表すために最適な書き方を紹介していきます。職務経歴書には、「経験別」「会社別」に分けて書く2種類の方法があります。

 

 まずは経験別の書き方を紹介します。経験別をおすすめするのは、転職の履歴が多く時系列で書くと要点がわかりづらくなってしまう方です。会社を横断してあなたが身に付けた能力とその時の置かれた状況を説明し、そこから学んだ事を記述するこの方法を選びましょう。

 

 会社別で書く時は「時系列の書き方」と「直近から昔にさかのぼる書き方」があります。時系列をおすすめするのは、直近で勤めていた企業の勤続年数の方が短い場合、最初の会社で学んだことをピックアップしたい場合です。時系列ではなく、直近の勤め先から書き出す場合はその逆で、直近で勤務していた企業での勤続年数が長い、あるいは求人内容にフィットする経験がある場合などにおすすめです。

 

 ピックアップしたいポイントを上に持ってくることで、あなたの強みを見やすく、効果的にアピールすることができます。

 

ステップ3「求人内容に合致する強みを目立たせて書く」

 ステップ2で書き方を決めたら、求人内容を参照しながら合致する強みをさらに目立つように書いていきます。具体的にどう書けばいいのか、職務経歴書の書き方のポイントをいくつか挙げてみます。

 

  • 最初に経歴の概略を数行書き、求人通りの欲しい人材だと思わせる
  • 次に具体的な経歴を自分のアピールしたいポイントに合わせた方法で記述する
  • 勤めた企業の事業内容、売上高、従業員数、資本金、設立年などを記述
  • 勤めた期間、部門、職位、部下の人数などを明確に記述
  • 求められていた役割、実施内容、実績、そこから学んだことをまとめとして書く
  • スキルと資格、志望動機、自己PRをそれぞれ段落にして記述

 

  • 最初に経歴の概略を数行書き、求人通りの欲しい人材だと思わせる

 最初から経歴をずらずらと書くのではなく、経歴の概略を書きましょう。「結局何が身についていて、どのようなことができるのか」を簡単にまとめることで、次に続く細かい経歴を読み進めやすくなります。職務経歴書を読む上での道しるべとなるものを作り、選考担当者に理解してもらいやすい状態を作れる重要なポイントです。

 

  • 次に具体的な経歴を自分のアピールしたいポイントに合わせた方法で記述する

 先程ステップ2でご説明した通り、具体的な経歴を書いていく際に大きく分けて2つの方法があります。選び方の基準、実際の書き方についてはステップ2でご紹介していますので合う方を選んで記述しましょう。

 

  • 勤めた企業の事業内容、売上高、従業員数、資本金、設立年などを記述

 勤め先の企業がどのようなステータスで、どのような事業内容を行っていたかを簡単に記述します。担当者はこのようなステータスの企業の中で、あなたが任されていた領域はどのようなものだったのかという視点で経歴を見ることができます。他にも従業員数の多さや、人数に対する売上高を見ることで、どのような社風で働いてきたのか、ある程度判断することができます。

 

 例えば、人数に対して売上高が高ければ営業活動を熱心に行っている、あるいは商品単価が高い企業である可能性が高く、そこで営業成績を上げていた人であれば営業力に期待ができる、などという評価です。このように、その企業の背景を思い描くことができる情報を入れておけば、あなたの書いたエピソードも頭に入ってきやすくなります。

 

  • 勤めた期間、部門、職位、部下の人数などを明確に記述

 勤めた期間でその人が粘り強く頑張れるタイプかどうかということを判断することができます。また、その企業の主力商品の開発部門で働いていた、部下を何人抱えていたかなどの経歴で、企業からどのような評価を得ていた人材なのかを想像することができます。

 

 これらのことがわかると、自分1人が主張するだけよりも客観性があるため、実際のその人の技量や経験をより判断しやすくなりますし、信憑性も増します。

 

  • 求められていた役割、実施内容、実績、そこから学んだことをまとめとして書く

 この項目を記述することで、担当者は、置かれていた部門でどのような役割を求められていたか、その役割をどのように捉えていたか、役割以上の働きができたかどうか、そこから得られたものがあったかなどを知ることができます。

 

 大切なのは物事をどのように捉え、どのように取り組み、どのような成果を上げたか、そしてその結果何を得ることができたかです。経歴だけであれば履歴書だけでいいのです。しかし、経歴プラス上記の内容がわかるように作れるのが職務経歴書ですので、そのメリットを十分に活かして作成しましょう。

 

  • スキルと資格、志望動機、自己PRをそれぞれ段落にして記述

 経歴を書き終わったら、その仕事で活かせるスキルや資格、語学力などを記述します。また、その経歴で学んだことや、将来の夢などにつながる志望動機を記述し、より志望度合いの高さを表現することができます。自己PRについても記述し、求める人材像にどのようにフィットしているかを表現しましょう。

 

  • アピールしたいポイントを上にもってきたり、概要を最初に書いたり、企業規模やまとめと一緒に自分の経歴を記述したりすることで、選考担当者があなたのことをイメージしやすくなります。「実際に入社したとき、どのような仕事ができる人なのか」を具体的に思い描ける状態にすることで、あなたの印象を強めることもできます。そして面接でも、担当者から質問が出てくる(興味を深まった)状態にすることができます。

 

今回の記事のまとめ

 このようなポイントを押さえて職務経歴書を書くことで、企業担当者の目に留まる書類を作ることができるようになります。それがきっかけとなり、書類通過率を格段にUPさせることができるはずです。ぜひ参考にして、新たな道を切り拓いてください!

 

ライター

高下真美リクルートグループ勤務経験からの独自の視点が好評

「元人材業界出身者による転職お役立ちコラム」シリーズ

IMG_0020 (2)

 

新卒でインターンシップ紹介、人材派遣、人材紹介のベンチャー企業に入社。大学4年の在学中から勤務を開始し、営業・コーディネーター・人事・総務に従事。名古屋拠点立ち上げなど様々な業務を経験。取引先はベンチャー企業から大手のIT、流通、情報、サービスなど多岐に渡る業種に対し、営業・コーディネーター、両面の業務を担当。その後、株式会社リクルートジョブズ(旧社名:リクルートHRマーケティング)に転職し、リクナビ、リクナビNEXT、はたらいく、とらばーゆ、タウンワーク、フロム・エーナビなどの求人広告や、年間の採用計画、企業の成長に合わせた人材像の見直しなどを提案する営業として8年勤務。その間にMVP、チーフとして率いたチームでMVTなどをそれぞれ複数回受賞。既存顧客の取引拡大、新規開拓業務に従事。大手アパレル、外食チェーン、流通、医療など幅広い業種に対して、新卒・中途、アルバイト・パートの年間採用プラン、採用支援システムを提案。結婚、夫の転勤を機に退職し、現在は人材系コラム、女性のライフスタイル系メディアの記事執筆など、フリーライターとして活動中。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する