合格可能性を上げる「履歴書」作成の3ステップ

ライター:高下真美

1views

 就職活動のときに勉強したはずなのに、転職活動をする際にはそのコツをすっかり忘れてしまっている履歴書の書き方。もちろん、学生と社会人ではアピール内容が大きく変化していますので、就活での経験がまるっきり活かせなくなっているケースもあります。

 

 足切りとも言われる履歴書の精度をあげられれば、自分の転職先候補企業を大きく増やすことができます。転職の大きな第一関門をクリアしやすくなるポイントとも言えるでしょう。

 

 ここでは、履歴書作成時につまずきやすいポイントを押さえながら紹介していきます。これから転職活動を始めようと思っている方も、書類があまり通らないと悩んでいる方も、ぜひ活用してみてください。

 

履歴書とは?

 履歴書とは、まさにその人の「人生の履歴」をまとめた書類です。しかし、単なる履歴をたどる目的だけではなく、そこにはあなたが過去にした選択とその理由が見せることのできる書類です。いかにあなたの人となりを理解してもらうか、その企業にフィットしている人材であるか、あなたが志望企業にとって必要な人材であるかを感じさせなければなりません。

 

 もちろん履歴書を書く前に、この履歴書で「あなたが何を訴えたいのか」はまとめておくことが必要です。そのため、履歴書を書く前に自己分析、将来設計、業界研究、企業研究は済ませておきましょう。

 

 履歴書作成で合格可能性を上げるためには、いくつか注意すべき点があります。3ステップで紹介しますので、1つずつしっかりポイントを押さえて進めていきましょう。

 

ステップ1「自分に合った履歴書選び」

 履歴書には大きく分けて2種類があります。今の時代は検索すれば無料のひな形は多く出てきます。

 

  • (1)学歴・職歴の分量が多いもの
  • (2)自分をアピールできる文章(志望動機、自己PR、特技・趣味他)の分量が多いもの

 (1)学歴・職歴の分量が多いものを選ぶのに適しているのは、「経験が豊富で、職歴について詳しく書きたい人」の場合です。十分に自分の経験を書くことができる履歴書を選びましょう。

 

 (2)自分をアピールできる文章(志望動機、自己PR、特技・趣味他)の分量が多いものに適しているのは「経歴が多くなく、人となりやポテンシャルをアピールしたい人」の場合です。このような方の場合は、学歴・職歴の分量が多いものを選んでしまうと、空欄が目立ってしまいます。アピール文章の分量が多いものを選び、パッと見でも充実しているように見せることができる履歴書を選びましょう。

 

 また、(2)のアピール文章の分量が多い履歴書の中でも、書く内容に困る人も多い、趣味・特技の欄が省かれ、別のアピール文章が用意されたもの、その他項目が通常と違っている履歴書もあります。趣味・特技で興味を持ってもらえる引っかかりが作れないという方は、自分の書きやすい項目が入っている履歴書を選ぶようにしましょう。

 

 志望企業が指定した履歴書が必須という場合、工夫してひっかかりを作れるようにすることが必要です。その場合、ステップ1は飛ばして、ステップ3の自己PRを盛り込む方法に力を割きましょう。

 

ステップ2「ルールとマナーを改めて把握」

 学生時代の就活の時には学生だからということで、少しマナーがなっていなくても見逃してもらえる場合がありますが、転職活動になると社会人経験があるわけですから、そんなわけにはいきません。社会人であれば知っておきたい履歴書のルールやマナーを把握していなければ、簡単に足切りされてしまう可能性もあります。ちょっとのことでも「まぁいいや」と気を抜かず、改めて確認することが大切です。

 

 履歴書の一般的なルールやマナーは基本的なものだけで10個あります。これらを押さえて見本を作成しておき、それを参照しながら記述しましょう。

 

  • (1)年月日は元号もしくは西暦ですべて記述を統一
  • (2)黒の油性ボールペンで記述
  • (3)書き損じは新しいもので書き直す
  • (4)左上の日付は郵送日、もしくは持参する日付
  • (5)ふりがな、フリガナを忘れずに
  • (6)写真は写真店で撮影しておく
  • (7)学歴は中学卒業から、あるいは高校入学から記述し、名称を略さない
  • (8)職歴はすべてを記述。自己都合の退職理由は「一身上の都合により」でOK
  • (9)その企業や業界にアピールできるもの、自己PRにつながる免許資格を抜粋し記述
  • (10)本人希望欄などは、特筆すべきものがなければ「貴社の規定に従います」と記述

 

 1つずつご説明していきます。

 

  • (1)年月日は元号もしくは西暦ですべて記述を統一

 日付や入学・卒業、入退社、資格取得年月日などはすべて元号か西暦のどちらかに統一しましょう。職務経歴書ともずれがないように注意が必要です。一度見本を作っておくと、いちいち元号や西暦を確認する必要性もなく、手間がかからないので便利です。

 

  • (2)黒の油性ボールペンで記述

 これは言わずもがなですが、履歴書が水で濡れてしまった場合でも読むことができるように油性で書くことが必要です。0.5ミリ以上の太さがあればコピーの際にもきれいに映りますし、相手にとっても読みやすい字を書くことができます。

 

  • (3)書き損じは新しいもので書き直す

 こちらも当たり前ですが、書き損じをしてしまった場合はたとえ少しの間違いであっても、新しい履歴書で書きなおしましょう。少しのミスを「まぁいいや」で済ませてしまう姿勢が出ることは、社会人として大きなマイナスになります。簡単なミスを繰り返さないように集中力を持って作成しましょう。

 

  • (4)左上の日付は郵送日、もしくは持参する日付

 履歴書の左上にある日付はいつの日付にすればよいのか迷う方も多いと思いますが、郵送した日、あるいは持参する日付で統一しましょう。郵送する場合は封筒の左下に履歴書在中、もしくは応募書類在中と赤いボールペンで書き、文字を四角く囲うのがルールです。郵送する場合は、有効な消印日の確認を忘れないようにすること、料金不足で応募先企業に迷惑をかけないように郵便局窓口で郵送を行いましょう。

 

  • (5)ふりがな、フリガナを忘れずに

 意外と忘れてしまいがちなふりがなは、書き忘れがないか最後に見直しをするようにしましょう。カタカナ、ひらがなも間違えないように確認してください。

 

  • (6)写真は写真店で撮影しておく

 転職活動は今後の進路を決める非常に重要なイベントです。スピード写真などで済ませるのではなく、写真店できれいに撮ってもらいましょう。

 

  • (7)学歴は中学卒業から、あるいは高校入学から記述し、名称を略さない

 学校名は名称を略さずに、正しく記述しましょう。中学卒業か、高校入学からで大丈夫です。大学は学んできた内容がわかるように専攻を忘れず記述しましょう。

 

  • (8)職歴はすべてを記述。自己都合の退職理由は「一身上の都合により」でOK

 職歴についてはアルバイトを省いて、入退社した会社すべてを記述しましょう。正社員の一般的な退職理由については「一身上の都合により」で統一してOKです。会社側からの退職勧告や、倒産などが原因の退職であれば、「会社都合による」と記述しましょう。倒産しそうだという予測で退職をするのは自己都合退職になりますので、間違えないように注意しましょう。間違えてしまうと経歴詐称にあたりますので、軽い気持ちで会社都合と書くことがないよう、注意が必要です。

 

  • (9)その企業や業界にアピールできるもの、自己PRにつながる免許資格を抜粋し記述

 免許や資格を書く欄には、持っている資格などをすべて書くのではなく、その企業あるいはその業界で役に立つもの、自己PRにつながるもののみを記述しましょう。そうすることでPRしたい内容を読み取ってもらいやすくなるという利点もあります。

 

  • (10)本人希望欄などは、特筆すべきものがなければ「貴社の規定に従います」と記述

 本人希望欄などは、基本的には「貴社規定に従います」と書いておけばOKです。面接を受ける前からさまざまな希望を伝えるよりは、面接が進んで行き、企業側の採用意欲が上がってから希望を伝える方が選考をうまく進めることができます。

 

ステップ3「各項目で自分のPRをどう盛り込むかを計算」

 履歴書を書く前に自分のアピールできる部分をまとめておき、どの項目にどのアピールポイントを記述していくかを計算しておきましょう。文字数の長短、他の内容との関連性などを見て配置するのが望ましいです。以下のような流れで行いましょう。

 

  • (1)箇条書きで自分のアピールポイントを書く
  • (2)アピールポイントのエピソードを追記する
  • (3)他記述内容との関連が深いエピソードを選ぶ
  • (4)文字数の長さを計算し、空欄ができないように記述していく

 

 このように順を追って整理し、配置を決めておくことで、「何を書こうか」と迷わずスムーズに履歴書を作成でき、自分がアピールしたいポイントを十分に盛り込むことができます。

 

今回の記事のまとめ

 合格可能性を上げられる履歴書の書き方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

 自分のアピールポイントに沿った履歴書を選ぶこと、基本的なルールやマナーを守ること、自己PRを漏らさず記述すること、この3つを押さえて履歴書を作成することで、通過しやすい履歴書を作成できます。ポイントを押さえられていなかった方も、こちらの記事を参考にぜひ作成されてみてください。

 

ライター

高下真美リクルートグループ勤務経験からの独自の視点が好評

「元人材業界出身者による転職お役立ちコラム」シリーズ

IMG_0020 (2)

 

新卒でインターンシップ紹介、人材派遣、人材紹介のベンチャー企業に入社。大学4年の在学中から勤務を開始し、営業・コーディネーター・人事・総務に従事。名古屋拠点立ち上げなど様々な業務を経験。取引先はベンチャー企業から大手のIT、流通、情報、サービスなど多岐に渡る業種に対し、営業・コーディネーター、両面の業務を担当。その後、株式会社リクルートジョブズ(旧社名:リクルートHRマーケティング)に転職し、リクナビ、リクナビNEXT、はたらいく、とらばーゆ、タウンワーク、フロム・エーナビなどの求人広告や、年間の採用計画、企業の成長に合わせた人材像の見直しなどを提案する営業として8年勤務。その間にMVP、チーフとして率いたチームでMVTなどをそれぞれ複数回受賞。既存顧客の取引拡大、新規開拓業務に従事。大手アパレル、外食チェーン、流通、医療など幅広い業種に対して、新卒・中途、アルバイト・パートの年間採用プラン、採用支援システムを提案。結婚、夫の転勤を機に退職し、現在は人材系コラム、女性のライフスタイル系メディアの記事執筆など、フリーライターとして活動中。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「マイナビ」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!マイナビエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する