転職予備軍のWebクリエイターにオススメ!ユニークな転職系サイト3選

ライター:西山愛実

9views

 転職に興味はあるけれども転職エージェントにカウンセリングや登録に行くのは忙しいしまだ気がひける、でもどんな求人や会社が募集しているかといった情報は欲しい。そんなあなたにオススメしたい転職サイトやサービスがあります。本格的に転職に動き出す前にまずはチェックしてみませんか?

 

Wantedly

 公式URL:Wantedly:「はたらく」を面白くするビジネスSNS

 

 ベンチャー系企業に強みを持つSNSと連動した採用広報サービスのWantedly。ソーシャルリクルーティングのサービスで代表が元facebook社の出身ということもあり、facebookのアカウントと連動することも特徴の一つです。

 

 なんといっても魅力的な点は、面接ではなくカジュアル面談や会社訪問が可能な点です。志望理由を明確にしたエントリーや面接のように堅苦しい質疑応答も必要なく、ざっくばらんに気になる話を聞いたり、雰囲気を知ることができます。遠隔地の場合は企業によってはSkype等で話を聞くこともできます。

 

 このサイトは採用を直接するためのものではなく、採用広報サービスという企業や募集求人の認知度を上げるための媒体であるため、カジュアルな出会いを実現することができるのです。私が携わったいくつかの企業で採用が難しいクリエイティブ職種で最も効果的に採用に至らしめたのはこちらでした。求職者がよく企業について知った上で改めてエントリーができるため、その後応募をしても面接に通りやすくなっているようにも感じます。

 

 また、掲載企業側にかかるコストも比較的少ないため大手含め様々な企業が参画しているのも魅力の一つです。掲載される情報も、基本は会社の事業内容となぜその事業をやるのか、どう事業を進めるか、お任せする仕事内容などがメインであり、細かな給与や就業条件の掲載はされていません。

 

 Wantedlyがターゲットとするベンチャー企業の採用には条件や待遇で選ぶ求職者よりも会社の方針ややっていることに共感をしてもらえる求職者を欲しているので最初に条件が掲載されていない方が良い出会いになるからかもしれません。

 

Green

 公式URL:Green:IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイト

 

 ITエンジニア、Webクリエイターが登録者の大半を占める有名求人サイトです。特徴的な点は求職者が気になる会社に「気になる!」を押すと、そのことが会社側に通知され、その会社も求職者に興味があればカジュアル面談や直接会うことに繋がるため、少しの興味から会社を知るための行動をしやすいサービスになっている点です。面接希望者向けの「応募」ボタンもあるので、通常のエントリーも可能です。

 

 企業はGreenのデーターベースから求職者を探すことができるようになっているため、求職者に直接アプローチをすることができます。企業が求職者に「気になる!」ボタンを押すと求職者にその旨通知され、「応募」か「話を聞いてみたい」とうい選択肢から選べる点も魅力です。企業に興味があることをアピールできカジュアル面談に繋げることができるのは面接慣れしていない方や強い応募の意思がまだない方にはありがたいポイントではないでしょうか。

 

 またこのサービスは、転職エージェントと同様成功報酬型であるため採用するまでコストがかからないため、企業も手軽にサービス導入がしやすく、多くの企業で活用されています。

 

Moreworks

 公式URL:Moreworks:デジタル・クリエイティブ業界の求人サイト

 

 上記2つのサービスほど規模は大きくないもののWebクリエイター(ディレクターやプログラマー、CG系や音声系クリエイター、デジタルマーケター含む)に特化したサービスです。そのため、他のサービスよりもネット系職種も細かに定義されており、自分の仕事内容にフィットした仕事を検索し情報を得やすくなっています。

 

 (※例:他のサービスではディレクターといってもシステムディレクター、シナリオディレクター、Webディレクター、サウンドディレクター、ゲームプランナー等をひとくくりにディレクターと呼ぶことが多いのですが、こちらはしっかり分けて明記しています。)

 

 また、何と言っても注目したい点は、ポートフォリオ作成サービスがあるところです。自分の実績をダイレクトにアピールすることができるため、より高度なマッチングに繋がり、興味を持ってもらいやすくなります。ポートフォリオサイトを持つためのサーバー管理が面倒であったりどういった仕様でポートフォリオサイトを作ればいいかわからない方には非常にオススメです。

 

 そして、求人内容にはやりがいや仕事の進め方、制作実績やオフィスの雰囲気も視覚的に知ることができ、クリエイターが知りたい情報も細かに提示されています。

また、このサービスも成功報酬型であるため、ネット系ベンチャー企業も導入しやすくなっています。

 

最後に

 いかがでしたでしょうか。転職に少しでも興味がある方はまずは上記サービスに登録し情報を得てみてはいかがでしょうか。外の世界を知ることで、自分が今後どうしていきたいか見えてくることがあるかもしれません。

 

ライター

西山愛実元人材会社のコーディネーター

「元人材会社のコーディネーターが語る、Web系職種転職事情」シリーズ

テスト

 

明治大学情報コミュニケーション学部を卒業後、新卒で人材総合会社である株式会社インテリジェンスに入社。事務系職種の派遣営業として横浜エリアの既存顧客、新規顧客の開拓に従事。派遣事業部で過去取引のなかった大手食品会社を新規開拓。産業カウンセラーの資格取得をきっかけにコーディネーターへの異動を申し出、IT職種のコーディネーターにキャリアチェンジ。インフラ、ヘルプデスク等の職種を担当し、その後Webクリエイティブ職種のメイン担当になる。Web領域を事業部の注力領域へと成長させ、新領域開拓のための先行調査を行う。Web系職種への知識と営業経験を買われ、客先の大手ネット系企業での中途採用チームの立ち上げるためのSVに抜擢。エンジニア、クリエイターを大量に含む採用目標を大幅達成。その後結婚を機にマレーシアに転居し、人材系コラムや求人作成等フリーランサーとして活動。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する