日本語教師養成講座後の進路146view

日本語教師養成講座を受けているのですが、日本語教師になろうか悩んでいます。
収入面とかいろいろ苦労話を聞いてちょっと引いたというのもあるのですが、
実習とかをしていて自分の才能のなさを感じます。
養成講座でたくさんのお金がかかったので、日本語教師にならないともったいないとは思うのですが、日本語教師として将来的にずっと働き続けるか、と考えるとやっぱり違うのかなとも思います。
日本語教師養成講座を修了、または日本語教育能力検定を合格されて日本語教師になられた方は、
今でも日本語教師として活躍されているのでしょうか。
今、どういう仕事をされているのかを伺えたらと思います。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

7件の回答

  1. Sumida 2015/05/12 12:08

    元々、日本語教師になって海外で働きたいという思いがあって、養成講座を受けました。
    念願かなって、東南アジアのとある国で日本語教師としてフルタイムで働いています。
    最初は大変でしたが、今は地元の食べ物を楽しんだりする余裕もできています。
    養成講座を受けて結局日本語教師にならない人は、やる気とか、前もっての調査とかをちゃんとしてなかったりする人なんじゃないですかね。厳しい世界なので、そんな人は生き残れないと思いますが。

  2. weekly 2015/05/09 20:36

    日本語教師養成講座を受けていて、優秀な方が日本語教師として就職されていきましたが、自分は何か劣等感的な物を感じていて、採用されない怖さもあってなかなか日本語教師の求人に応募することが出来なかったんです。でも養成講座を終えて半年位が経ち、やっと就職活動を行い、日本語教師としての仕事を得て、現在に至っています。まだ日本語学校に入社して数週間しかたっていませんが、日本語教師の仕事としての厳しさを日々感じています。失敗ばかりしていますが、元々外国人との交流とかが好きなほうだったので、やりがいのある仕事だと思っています。

  3. Nachikatsuura 2015/05/07 15:04

    日本語教師養成講座でお世話になった先生がいて、その先生が働いている日本語学校で今自分も教えています。まだ、非常勤です。
    自分と同じように、推薦で入社された方は辞めてしまいましたが、自分は紹介された人のメンツをつぶすわけにもいかないですし、この仕事も好きなので。
    今1年近くになりますが、なんとか元気に過ごしています。

  4. indicate 2015/05/05 7:12

    東南アジアのベトナムで、青年海外協力隊の一員として音楽を教えています。
    元から東南アジアに興味があって、昔別の機会があって東南アジアの別の所で音楽を教えていました。今回、日本語教師養成講座を受けて、日本語教師として東南アジアの何処かの国では働けたらいいなーと思っていたのですが、青年海外協力隊の方で採用され、2年間ベトナムで働くことになりました。今は1年目ですが、現地で生徒に音楽を教えながら楽しく生活しています。この活動を終えた後のことは具体的には考えていませんが、自身の音楽活動を続けながら、同じように海外で何かしたいと思います。
    日本語教師は、、、うーん、正直ないですね。習った事とかけっこう忘れてしまいました。

  5. manjushage 2015/05/03 16:50

    ハローワークの紹介で、職業訓練の一環として日本語教師養成講座を受ける事になりました。その前は飲食関連の仕事をしていたので特につながりはありませんでしたが、個人的に大学生の時に留学をしていたので、たまたま退職後、養成講座も職業訓練の一つとしてあると聞いて、失業給付も受けられることもあって受けることになりました。
    軽い気持ちで養成講座を受けた自分も悪いのですが、正直私には適性がなかったです。適性というか、基礎学力ですね。日本語教師養成講座の中で使う教科書の漢字が読めなかったり、文法のテストで合格点を大きく下回ったりして、日本語を他人に教えるより、自分が日本語を逆に習わなければならないと感じたレベルでした。日本語教師としての将来も感じられず、やる気もなかったので、日本語教師としての就活は全くしませんでした。
    しかし、運がいいことに、日本語教師を中国に派遣する独立行政法人で求人があり、たまたまそれを友達に紹介されて、現在の仕事についています。今の仕事は給料は安いですが、前職の飲食関連よりも残業の量はかなり減って、自分の時間が出来て、ある意味人間らしい生活が出来ています。
    日本語教師養成講座を受けて、日本語教師という職業がどういうものかというのを知ることが出来ましたし、中国に留学していたので中国の現場についてもある程度分かります。図らずも、二つをつなげる梯のような仕事に就けて良かったと今は思っています。

  6. 31sho6 2015/05/03 8:18

    私の場合は、日本語教師養成講座の終わり位に日本語教師の仕事も含めて再就職活動をしていたんですけど、日本語教師ではフルタイムの仕事が見つからなくて、結局別の業界で正社員として働くことになりました。今働いている業界は元々日本語教師養成講座が始まる前にいた業界なので、特に嫌いというわけでもありません。外国人実習生関連の仕事で、元々実習生に日本語を教える仕事をしたいと思っていたのですが、結局はまた違う形で彼らに関わることになりました。

    でも、日本語教師としてボランティアをしています。週1回、集団授業ではなくて個別授業です。
    同じ養成講座を修了した人の話を聞いていると、ボランティアで一人の生徒を教える方が気楽でいいなと思います。それでも、教えるときは結構緊張するんですけどね。

  7. 9ii 2015/05/02 22:46

    日本語教師養成講座を終えて、一旦は日本語学校に就職しましたが、色々な理由で辞めて現在は事務の仕事をしています。
    大きな所は金銭面でしょうか。自分は40代の女で一人暮らしをしているため、ひとりで生計を立てないといけない状況にあります。しかし、ご存じだと思いますが、日本語教師の給料だとやはりやっていけませんでした。
    非常勤講師として働いていて、週3回くらい勤務して、それ以外の日はコールセンターの派遣をしていました。基本的に真面目なのか、非効率なのか、授業の準備を入念にしてしまうタイプで、気がついたら深夜ということもありました。ただ、実質的な時給を考えたら、やはりコールセンターの方がペイがいいんですよね。
    海外留学がきっかけで日本語教師という仕事に興味をもって養成講座まで通ったのですが、お金にならないですし、将来のことも考えられないくらいお金がなかったのでしょうがないです。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する