日本語教師養成講座の具体的な内容を知りたいです79view

日本語教師に興味があるんですが、養成講座を受けるにあたって
いまいち踏ん切りがつかないです。
日本語養成講座って、具体的にはどんなことをするのですか。
日本語教師になるために必要なことを習得することが
授業の目的だとは思うのですが。
授業料も高いですし、それを受けただけで日本語教師になれるというところが
本当に大丈夫なのかなって思います。
どんな人が受けにきてるんでしょうか。雰囲気とかどうなんでしょうか。
また、その授業っていうのは卒業後役に立つものなのでしょうか。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. felt 2015/06/27 12:16

    日本語教師養成講座のいいところは出席さえしていれば修了できるところ。
    最終試験みたいなものもないことはないのですが、それをちゃんと受験して、基準点以下の点数だったとしてもレポートみたいなものを提出すれば問題なく合格できるシステム。
    だから、うちの場合も座学が中心でしたけど、ぼーっとして授業を聞いていても問題なく合格できるという仕組みです。
    質問者さんがおっしゃるように、そんな状態の人でも日本語教師として働けるので正直どうなのかなって感じるところはたしかにありますね。せめて最終試験でちゃんと合格した人でないといけないとか、そういう仕組みをとってもらわないと、真面目に勉強した人からみたらいい迷惑だと思います。
    まぁ、勉強に自信があるのであれば、日本語教師養成講座を取らないで日本語教育能力検定を受けて合格する方法を取るのもいいかもしれません。

  2. Kashiba 2015/06/24 17:05

    私のところは、前半は座学が多くて、後半は実技が多かったような気がします。

    実技はもちろん、実際に学習者に日本語を教える練習です。先生役と生徒役で分かれて模擬授業をして、その後感想を言い合います。生徒数も最初は少なくて3、4人位なんですけど、最後には10人位の生徒に対して教える練習をします。
    また、教える時間も最初は15分位なんですけど、最後は45分(日本語學校でいう一コマ)の授業を行います。内容も最初はひらがなの書き方とかなんですけど、段々文法の指導、や長文読解の教え方など難しいものに変わります。

    座学は正直役に立たなかったですけど、実技は役に立っていると思います。これをすることで仕事に応募する時の模擬授業対策にもなりますし、もちろん実際の授業で教える練習になります。

    私のところは年齢層は結構バラバラでした。20代の生徒もいましたし、60代の方もいらっしゃいました。男女の割合は1:1ですね。20人のクラスでしたけど、10人ずついました。その中で女の人が一人途中で辞めてしまいましたけどね。最初はみんなやる気があるんですけど、だんだんやる気がなくなっている人も出てきます。これも大体半々ですね。
    養成講座の終わりくらいに日本語教育能力検定があったんですけど、やる気がある半分位の人は受けに行きました。後は、養成講座終わらせたらもういいやっていう人や、そもそも養成講座自体やる気がない人も何人かいました。彼らは日本語学校じゃなくて、結局別の所に勤めたみたいですけど。

    養成講座は特に受講条件はないんで、いろんな人が来ます。ただ、中学や高校で勉強するような本当に基本的な日本語の知識がないと苦しいです。小学校で習うような漢字が読めない人もいましたから。(←そもそも、なんでそんな人が日本語教師になろうとしたのか分かりませんが。)
    ただ、元々そういう知識がない人は間違いなく途中で崩れていた感じです。逆に塾の先生をやっていた人とかは間違いなく生き生きと養成講座の授業を受けていましたし、養成講座の講師の方から推薦をいただいて日本語学校に就職できたみたいです。

    雰囲気は全体的にはよかったですが、トラブルメーカー的な人がいました。実技の際に人の授業の文句ばっかり言ったり、授業後に当番で掃除をしないといけないんですけど、それをサボったり、それを注意した人ともめたり、同じクラスの異性にちょっかいをかけたりとやりたい放題やっていました。かなり嫌われてましたけど。

  3. junk-hara 2015/06/22 9:31

    うちの養成講座は、他の養成講座と違って、問答法っていう教育方法を取っていたので、日本語教師として働き始めた時に苦労しました。やり方が日本語学校で受け付けられないことがありました。模擬授業をしても不採用っていうケースも多かったです。そういう意味では養成講座の内容は役に立たなかったと言っていいのかも。
    養成講座を受けていた人は異業種の方が多かったように思います。イラストレーターの人とかもいたなぁ。なんかよくしゃべる方でした(笑)

  4. Nigeria_hiro 2015/06/21 23:49

    基本的はどこの養成講座も一緒だと思いますが、座学が多いですね。
    学校にもよるとは思いますが、文法の授業だったり、教育学の歴史だったり、音声学だったり、とその日によって分かれていました。
    ウチの場合は、各教科で先生が専任で分かれていて、日にちも決まっていました。例えば教育学であれば教育学専門の先生がいて、毎週木曜日に教えてくれました。
    授業は先生の一方的な話が多いです。20人位の生徒がいますが、寝ている人も2,3人いました。話によると、大体4か月位のコースなんですけど、20人のうち大体3,4人位が辞めてしまうみたいです。生徒の途中参加はできないので、途中から加入してくる人はいません。授業料として払ったお金が返ってくるのかは分かりませんが、全額は返ってこないでしょうね。
    私は全員と話をしたわけでもないですけど、淡々授業が進んでいったかんじです。特別仲良くもありませんが、特に喧嘩も怒りませんでした。おとなしい方が多いですね。特に大きなもめごとはありませんでした。まあ、みなさん大人ですからね。40代~で女の人がほとんどでした。男性は4人ぐらいだったかな。やはり日本語教師は女の人に人気があるしごとなんでしょうか。
    養成講座が終わって、一回日本語教師の仕事をしました。習ったことが役に立っているかと言われると・・・正直役に立っていないものが多いです。文法のおさらいは役に立ったと思いますが、他の授業はどうだったかなぁと思わざるを得ないです。まあ、養成講座を取らないと基本的には日本語教師になれないので、仕方ないのかなと思いますが。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する