管理栄養士から栄養教諭への転職、仕事内容はどう変わりますか?983view

大学卒業後、管理栄養士として働いていましたが、食育に携わりたいという気持ちが大きく、栄養教諭を目指して転職活動をしています。私は国立大学を卒業し、家庭科教諭と栄養教諭、管理栄養士資格を取得していますので、資格的には問題ないと考えています。
いま不安に思っているのは、栄養教諭にそこまで沢山の仕事があるのか、ということです。教科担当ができるわけでもないと思いますので、栄養教諭一本だと周囲からの反応は厳しいでしょうか?家庭科教師をメインに、栄養教諭もできるということをアピールしたほうが良いでしょうか?また、正直、働いているのに自分だけ仕事が他の先生方に比べて少ない状況には耐えられないと思います…。
現在栄養教諭をされている方、栄養教諭についてお詳しい方、仕事が具体的にどうなっているか、教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. buffalo_love 2015/04/02 23:04

    私は家庭科教師の資格を取得し、1種免許取得者として学校に就職した者です。現在は家庭科教師として働く傍ら、栄養教諭のするべき食育授業も受け持っています。仕事量は、数学や英語のご担当の先生と比べると少ないでしょうか。部活の顧問もしていないので、その点を同僚から「いいな~楽で」と言われることもあります。
    私は中学校に勤めていますので、先生方の仕事は教科担当ごとに分かれてしまっており、2つの教科を担当というのは私だけです。これは、栄養教諭が科目単体で担当するには学校にも生徒にも貢献が薄いと考えられていることが関与しているように思います。
    食育基本法もここ数年は何の改定も無く、世の中の話題から置き去りにされていると感じます。私の勤める中学校の学区にある小学校にも、栄養教諭がいない学校も半数近くあります。一応、栄養教諭のいる学校から出張授業を行っているそうですが、子供達や親御様の理解度が栄養教諭のいる小学校から上がってきた学校とは全然違います。このような状況ですので、将来的に職を失うのではないかと心配しています。
    質問者様は、就職後の仕事内容についてご心配されていますが、この職種自体が今後継続されていくかどうかを含めて、よくご検討された方が良いと思います。
    ちょっと厳しい意見になってすみませんが、40年身を置く世界ですので、慎重に選ばれることをお勧めします。

  2. Yugawara 2015/03/31 9:03

    私は栄養教諭制度ができた直後に大学を卒業した世代で、ゆえに学部の課程では栄養教諭の科目自体が無かったため、学校へ就職した後に実務経験を積むことによって栄養教諭になった者です。ですので、他の教員免許は取得しておらず、各自治体も食育基本法に対応していることをPRしたいという態度が強かった時代に採用されたという点は、質問者さんとは状況が異なってしまうと思います。私の感覚から言えば、別に栄養教諭だからといって、他の教科担当の先生と格差があるようには思いません。家庭科・技術などの教科の先生と同じような扱いだと思います。教員として、学年主任、教頭、校長と進んで行きたいとお考えであれば、栄養教諭は家庭科や技術の教諭と同様、なかなか例が無い職種になるかと思いますが。また、雑用仕事といいますか、保護者会のための資料作成や、運動会などの学校行事のための下準備などの仕事は他の教科担当の先生とほぼ変わらずあります。ですので、私ばかりが定時で退勤しまくる…ということは無いです。
    質問者さんが、将来的な昇進のことを考えて「仕事量に差があると耐えられない」とお考えなら、前述の通り昇進は難しい側面があるため栄養教諭はお勧めしません。しかし、子供達と保護者の方々に食事の大切さ、自分の食事の整え方を知ってもらうことを目的に働かれるのであれば、何も問題はない世界だと思います。

  3. 55kyujin 2015/03/25 11:48

    関東にある大学院で専修栄養教諭の免許を取得した者です。ちなみに、管理栄養士養成課程は他県の大学で修了してから大学院に入学しました。現在は、給食管理センターでメニュー作りと、域内の小中学校を回って食育事業を行っています。
    私も最初は栄養教諭で働きたいと考えており、やはり大学の学部で家庭科教師の資格を取ったので、最初は家庭科教師として就職して食育もしようと考えていました。しかし、現実はそう甘くなく、家庭科教師・栄養教諭共に募集の数は少ないです。正直、栄養教諭という生徒さん達の学力に関係しない人員を雇うには、その自治体に体力がないと難しいのだと感じています。また、教育学部を出て中学の数学教師になった友人の話では、そうした一般教科の教員ですら、今は採用が難しい場合もあり、彼女は最初数年は非常勤講師として働いていたほどです。そうした事情もあり、私も栄養教諭の道は諦めたのです。ですから、ご質問の栄養教諭の仕事の内容についてはお答えできないのですが、状況が厳しい旨をお知らせしたく、回答させていただいています。
    ちなみに私は、栄養教諭は諦めましたが、広域の給食センターに就職した(公務員扱い)ので、食育事業には携わることができています。各校に月に2回訪問して、8校ありますので、先輩と3名で交代交代、それなりにボリュームのある仕事をしていると思っています。
    他に食育関係では、学校に配布する給食だよりを作ったり、食物アレルギーのある生徒さんについて、クラス全体の理解が深められるようなプリントを作って説明しに行ったりしています。担任の先生や保護者様からは、感謝を伝えていただくことも多いです。
    上記のように、栄養教諭以外にも食育に携わる方法はありますから、あまり栄養教諭という雇用形態にこだわりすぎない方が自由に職業選択ができると思います。
    ご参考になれば幸いです。

飲食求人サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 飲食の仕事探しで成長中の「フーズラボエージェント」がランキング1位を獲得中!首都圏に強み!

  2. 学歴や経験、資格などがなくても様々な求人にリーチが可能!初回登録は30秒あれば無料で完了!

  3. 首都圏エリアではなく地方などで飲食の求人を探すならこちらがお勧め。もちろん利用料は無料!

ページ上部へ移動する