研究所の図書室の司書、何か特別な知識が必要ですか?158view

研究所の図書室で司書の募集がありました。研究所と聞くと何か敷居が高く感じます。特別な資格や知識が必要でしょうか?実際働いた事のある方がいれば教えて下さい。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. Ono-b 2015/03/13 2:26

    派遣職員として、大学の研究所で勤めた経験があります。
    大学の教授一人、大学事務一人、派遣社員で事務の方1人と派遣で司書一人、あとは所員の先生方数人という構成の組織でした。派遣会社からの紹介だったのですが、司書の資格のみが必要な条件でした。この研究所で行われている事業とまったく関係のない分野の学部卒業でしたが採用されました。利用は所員の先生のみに限定されていて、そもそも閉架図書室でした。利用者の対応や選書については教授が行っていたので、整理係としてのみ働いていました。大学事務側の職員の方が、とても癖の強い方で、急に奇声をあげたり、悪口に賛同しないと逆に攻撃してきたりと、そういう人間関係からくる大変さはありましたが、司書業務としては、特に、専門分野の知識や資格が必要という印象はありませんでした。
    ただ、どうしても、利用が所員の先生方に限られる場所だったため、会話についていったりするためには研究所・所員に関する新聞記事などはチェックして読むようにしたりしていました。
    随分と歴史ある研究所ではあったので、高額な資料や新聞記事など、所員の先生曰く歴史的価値の高い資料などがありましたので、管理の方法など、後から学ぶ事は沢山ありました。
    でも、募集の時点では特に求められた訳でないのであれば、初めから想像で気負いせず、入ってから学んでいけばいいと思います。仕事をしてみて頑張りたいと思えば頑張ればいいし、無理だと思えば辞めればいいし、募集条件のみで考え、後は採用されて働いてみてから考えればいいのかも。

  2. guitarist32 2015/03/04 19:39

    現在、自治体の運営する研究所で勤めています。
    友人の司書の紹介で面接を受けたのですが、募集要項に司書資格以外、必要資格は求められなかったので面接を受けました。研究所という事で、イメージがあまりできず、何がおこるのだろうかと身構えましたが、考えてみたら、そもそも非常勤職員の募集だったので、責任をとる立場でもないですし、判らない事があれば担当職員の方がいるだろうし、その方に聞けばいいのかなと面接へ望みました。
    実際に働いてみると、やはり専門的知識はあるに越した事はないと思うのですが、仕事の内容については、勤めてから学しかないかとも思いました。研究所の中の一室ですので、人事異動やTOPが変われば雰囲気も様変わりするような感じです。ただ戸惑った事は、今まで本務採用の方がずっと見ていたポジションとの事でしたが、引継ぎ書や内規などがほぼない状態でのスタート。そして更に驚いた事は、何十年もの間手つかずにして貯めたままにしてしまった100箱を超える資料の山が足の踏み場もないほどになっており、部屋の隅においやられている状態だった事です。そして、システム化されているのかなんなのか昔ながらの手書きでの活用と管理なのか、どの資料がどのように管理されているのか全く解らず、正直管理がされていない状態でした。他の自治体の運営する研究所からも連絡があり、そのとき相談を受けたのですが、似たような内容でした。データ化されている部分、手書き原簿の部分など何がどうなっているのか解らず、その上担当職員もなぜかずっと不在など、よくわからない事がおきる場所だと思って今も働いています。
    近隣の自治体の研究所の図書室も、正規から非正規職員のポジションとなっている場所や、図書室を無人にしていて、管理は事務と兼務しているため寄贈の本がそのまま放置されており、欲しい資料が探せないなどという事を利用者の方から耳にしました。
    そういう理由より、特別な資格や知識というよりは、昔ながらの手書きのやり方を経験している方や、まじめ過ぎないなど、そういう事の方が必要だと感じています。私の年代の司書の方々は、非正規雇用でもこつこつまじめに次世代の司書のためにもと、ひたすら仕事をする方が多かったので、何十年も放置されていた場所を立て直すという至難の業も、ただ一人苦しみながら向き合ってしまう人もいるのではないかと思います。でも、正直こんな事が続けば知らず知らずのうちに体調を崩します。
    何か特別な資格や知識の必要性でいえば、研究所内での図書室の役割や、自分の待遇、今までの運営の経緯をしっかりと向き合った上で、自分に無理なく動く事のできる判断能力と、システム化される前の運営の仕方について知識があるといいと思います。でも、何も知らなくても、そもそも非常勤の採用であれば、職員に判断を仰いで勧めていけば、特に特別はなくとも大丈夫だと思います。

ページ上部へ移動する