不動産管理会社で働くとモンスターと称される顧客は本当にいるのか?132view

俗に言うモンスターと称される居住者やテナント入居企業はどこにでも潜んでいます。入社後の担当物件にそんな人達が待ち構えているかと思えば、正直不安でなりません。自分は決して気弱なタイプではありませんが、曲がった事が嫌いなので、会社にとって大切なお客様と喧嘩してしまわないかと、そちらの方が心配です。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. read-kyujin 2015/07/15 19:04

    顧客に対して失礼があってはならないからと、何でもかんでもペコペコ頭を下げ、苦手な相手から逃げ回っていては、不動産管理に限らずどんな仕事も上手く行きません。入居者がルール違反を犯せば言葉を選んで指導注意する、子供が施設内で危険な行為に及んでいれば、ただ怒るだけでなくなぜダメなのかを優しく説明し、保護者にもキチンとその旨を報告する、それが仕事です。
    ご自身は自身が喧嘩してはならない事に既にお気づきですから、そうした応募時の姿勢もまた、企業側からすればプラス査定に繋がる長所ですので、どうぞ自身を持って臨んでください。

  2. mate43 2015/07/04 16:07

    どうやら私自身、居住する管理会社から一方的にモンスター住人的に思われているらしく憤慨しているのですが、クレームを届ける側にも思案が決意が必要なのです。清掃員が四六時中サボっていて蛍光灯1本交換しない、理事会で可決された修理工事が遅々として着手されないなど、明らかに顧客である我々をないがしろにした対応に対し、居住者を代表して悪役を買う覚悟で声を上げているのです。中には本当のモンスターも存在しているでしょうが、私達入居者を毛嫌いする前に、管理会社側の手落ちにも目を向けて下さる担当者であれば、居住者との摩擦の不安はありませんよ。

  3. Tomiya 2015/07/01 22:29

    不動産管理業も広義では接客業であり、不特定多数の相手と接する以上、いわゆるモンスター的な存在との遭遇を完全に回避する事は現実不可能です。ですが居住者やテナントの場合、前任者からの引き継ぎで事前にそうした存在をマークし、それまでの対応事例や注意点などを知った上での対応となります。これが不特定多数の人達が来店する、飲食店や小売店、あるいは公共交通機関を思えば、そうした要注意人物と遭遇するリスクは桁違いです。総合的に見れば、理不尽な目に遭遇するリスクは低い職種だと言えるでしょう。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する