LPガス会社の営業297view

自宅にLPガス会社の営業が頻繁に来ていまして、あまり良い印象ではなく少し迷惑だと感じています。
現在転職活動中でLPガス会社の採用試験中なのですが、その会社での営業職としての職務内容には新規営業については説明されていませんでした。
また、採用担当の方と雑談をする機会があったので、そのLPガスの営業について会社名を明らかにして話をしてみたのですが、その会社と私が採用試験を受けている会社では営業方針が全く違うと言われました。
ルート営業については職務内容など理解できたのですが、LPガス会社の新規営業はどのような内容でどのようなタイプがあるのでしょうか。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. Niigata-f 2015/07/11 0:45

    LPガス会社の新規営業方法は、1軒1軒訪問して提案営業を行う方法が最も一般的です。
    おそらく質問者様のご自宅に行っている営業もこの方法だと思います。
    LPガスは「こっちの会社のガスよりもこっちの会社のガスの方が良く燃える」とか「こっちのガス会社はボンベがピンク色でかわいい」などと商品自体で差別化をすることが難しいため、1軒1軒訪問するスタイルの営業は基本的にLPガスの価格で勝負をしてきます。
    だいたいは「今使っている料金よりも安くできますよ」という売り文句で営業がスタートし、過去のLPガス料金と使用量が載っている検針票を見せるように要求されます。
    そこから先は安い料金の提示と、その時に切り替えようとしているガス会社の悪口やネガティブな情報を伝えて、お客様を心理的に揺さぶっていきます。
    そういった営業を行う会社の中には、営業を社員で行うのではなく、新規獲得件数に応じて報酬を支払う「ブローカー」と言われるスタッフを使用していることもあります。
    ブローカーによる営業はお客さまとの間でトラブルになることが多く、最も多いケースは新規獲得時には安い料金を提示されたものの、契約後いつの間にか高い料金設定に変更になっていたというものです。
    おそらく質問者様のところに営業に来ている会社はブローカーを使用している会社で、転職活動中の会社はブローカーを使用していないのでしょう。
    営業方針が全く違うというのは、そういった意味合いを含んでのことだと思います。
    また、会社によっては1軒1軒の訪問ではなく、お客様からの紹介で新規獲得を進めていく会社もあります。
    このように新規営業の方法は会社によって様々なので、入社する前に確認しておくことが必要だと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する