旅行代理店の海外旅行の仕事と国内旅行の仕事はどちらがいいですか?73view

この度やっと転職活動が進み、内定を一社からいただくことができました。
それで来週入社前に一度、今後のことも含めて一度話し合いたいと言われ、その会社に足を運ぶ予定となっています。
そこで君のやりたいこともちゃんと教えてねと言われており、正直あまりビジョンがなく戸惑っています。
内定をいただいた旅行代理店は、海外旅行と国内旅行の両方を取り扱っており、一応私に意向も聞いてくれるみたいです。
まあ、希望通りになるかは分かりませんが・・・。
ちなみに旅行業界は未経験、年齢は32歳、前職はリフォーム会社の事務として働いていました。
私は国内と海外がどちらがいいのかも、自分の中でも明確に答えがでていません。
そこで教えて欲しいのですが、海外旅行と国内旅行を販売する上で、メリット、デメリットを教えていただけないでしょうか?
両方を経験されたことのある方は、ぜひその経験談をお聞かせ下さいませ。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

6件の回答

  1. Iwanuma 2015/07/17 21:50

    新卒で旅行代理店に勤務しています。
    国内の仕事は空席確認もツアーコードを入れるだけで簡単に調べられますから、すぐに慣れるけど、海外の仕事は商品によって空席確認の方法が異なるので、まずはその手順を覚えることが大変です。
    海外はその場ですぐに空席が分からないものもあり、一度手配を入れて航空会社やホテルの回答を待つ・・・というような複雑なものもありますからね。
    でもやっぱり旅行代理店に勤務する以上、海外を経験された方が後で振り返ったときに、酸いも甘いも良かったと思えるはずですよ。

  2. Brasilia_xx 2015/07/12 22:49

    うちの会社は海外と国内でフロアが分かれているんだけど、国内の人たちがほぼ定時か、残業をしても19時くらいまでには帰っている人が多いけれど、海外の人たちは残業は当たり前でみんな21時くらいまでしているよ。
    それだけ海外はやることがたくさんあるんだよね。
    残業代も全てつくわけではないし、海外の人は平日はほぼ仕事帰りに遊びに行けないと思うよ。

  3. mouse_love_143 2015/07/11 2:48

    現在は国内の部署にいましたが、かつて海外の部署にいたので、その経験からお話をさせて下さい。
    国内旅行に申し込みをしてくるお客さんって、基本的にある程度プランを決めてきてくれることが多いので、申し込みの際にはツアーコードを控えてきてくれるケースが多いです。
    海外旅行のお客さんは、旅行代理店に行けばなんとかなると考えている人も多いようで、それはいいのですが、一緒に相談をして決めたいと思っている人が多いように思います。
    ただ相談と行っても、私だって全世界を旅行したことあるわけではないため、答えられないこともたくさんあるんですよね。
    そういう時に旅行会社の人は何でも知っていると思っていたというようなことをおっしゃる方もいまして、内心ムッとすることもあります。
    フライトやホテルに関することはともかくも、このホテルの徒歩圏内に、お土産に買いたい○○を売っているスーパーがあるかなど、かなり細かく聞いてくる人もいますからね。
    なかなかこの線引きが難しいのですが、基本的には直接的な利益にならないことで、私自身がある程度時間を割いて調べなければならないものは、「当社には資料がない」とお伝えするようにしていました。
    よほど時間に余裕があるときであればよいですが、これを調べてまで残業をすることはないなと思うこともありましたよ。
    確かに旅行代理店はサービス業ですが、全てのリクエストに応えていたら、本当にやるべき仕事に時間が割けなくなりますから、特に海外の接客をされる際は、持っている知識をうまく使いながら「分からないことをうまく交わす術」が大切ですよ。
    最初は大変だと思いますが、一年もするとその術が身についてきますから、ぜひ頑張って下さいね。

  4. album1 2015/06/23 4:46

    私の会社は中小企業なので、海外と国内の仕事をどちらもこなせるようにどのスタッフも教育を受けています。
    総合的に見てですが、国内の方がクレームが少ないように思います。
    旅行業界がはじめてでいらっしゃるのであれば、そういう意味では国内の方が、精神的な負担も少ないことと思います。
    あくまでもうちの会社の例ですが、海外のクレームは国内の5倍以上はあるように思いますよ。
    国内だと出張とか帰省で利用する人も多いですから、そういう人はいつも同じ飛行機を利用して、同じホテルに泊まるというケースが多く、旅行者自身もよくその事情を知っているので、トラブルになることが少ないですね。
    国内の温泉宿やホテルのトラブルは、きちんと手配をしておけば、現地で起きたトラブルは
    現地のスタッフがきちんと対応してくれることが多いので、その点はかなり安心できます。
    このご時世、すぐにインターネットの口コミサイトで悪く書かれてしまうことも多いですから、現地で働かれている方もかなりシビアに対応されていると思います。
    欠航などの際も、国内なので日本語が通じますから、空港で他の便に振り替えてくれるので、旅行会社が関与することも少ないので、それでもめるということは少ないです。
    一方海外は基本的には、いわゆる海外旅行として申し込みをすることが大半で、現地に行ってから、写真で見ていたよりも客室が汚いとか、送迎が来ないとか、オーバーブッキングと言われたなどから、盗難に巻き込まれたとか、飛行機のフライトが遅れて乗継便に間に合わなかったなど、トラブルの数も多くなります。
    クレーム対応の際に、特にお詫び金などのお金が絡んでくると、上司に相談しなければならなくなり、それもかなりいやですね。
    旅行の商品は利益が低いですから、たとえ数千円のお詫び金でも赤字になってしまうこともありますから。
    最後に、クレームはあなたが努力で回避できることと、出来ないこともあるので、クレームを言われたからといって、必ずしも落ち込まずに前向きにお仕事を頑張って下さい!

  5. Oda 2015/06/19 9:44

    私は海外旅行専門の部署に務めています。
    入社5年目ですが、今でも一日に1回は調べなければ分からないことも多いですし、覚えることも膨大な量になります。
    飛行機の手配、ホテルの手配、オプショナルツアーの手配、レンタカー、保険証券の発券など、国内とはこなす業務の数が比べものにならないほどたくさんあります。
    なので、もともと国内の部署にいた人が海外に異動になると、かなり辛く感じられるようで辞めていく人も多いですね。
    ただ入社5年目となってくると、この大変さが楽しさと感じることも多いです。

  6. mistake 2015/06/15 23:42

    国内旅行も海外旅行も経験のある者です。
    あなたが旅行代理店でどのように働きたいかによって変わってくると思います。
    ただ手配が断然ラクなのは国内です。
    国内の手配は、旅行者の名前はもちろん正確さは求められますが、経験からお話すると少しの違いであれば、どうにか解決できたことが多いです。
    よほど大きく違わない限りは、冷や汗ものもありましたが、なんとかなっているものも多いです。
    海外の手配は、パスポートと一文字でも異なると飛行機に乗れませんから、慎重に慎重に仕事をしなくてはなりませんし、その分チェックする業務が多くなることもまた事実です。
    ただ慣れてくると、国内の仕事に関していえば、単調と感じることも多いかもしれません。海外はその分慣れてきても奥が深いですから、プロフェッショナルな人材となるためには、
    本当の意味では10年は必要だと思っています。
    キャリアを積みたいのであれば、海外がおすすめです。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する