旅行添乗員は自腹が多いって本当ですか?395view

今現在29歳の旅行代理店で働いている者です。
新卒からずっとこの会社で働いていますが、手取りで17万、全く給料が上がりません。
しかも正社員にも関わらずボーナスはなし、一応表向きはボーナスはあることになっていますが、会社は不景気を理由に支払ってくれません。
せめて一時金のようなかたちで5万円でも貰えれば気持ちも違うと思いますが、それすらもできないようですから、辞めていく人が多いのも無理がないと思っています。
そこで業界の近い添乗員への転職を考えています。
さすがにもう7年も旅行代理店に勤務しているので、観光地やホテルなどについてはある程度知識もありますし、総合旅行業務取扱管理者の資格も持っているので、転職活動もスムーズに進むのではないかと考えています。
しかしいろいろ調べているうちに、不安なことが多くなってきました。
確かに給料は安いようですが、旅行代理店もそれは同じですし、実家に住んでいるので、お金に関してはさほど期待はしていません。
しかし大学の先輩で添乗員をしている人がいるので、先日会って色々と話しを伺っていたら、自腹が多いよと言われて、とても衝撃を受けました。
そこで教えていただきたいのですが、添乗員は自腹が多いというのは本当ですか?
なぜ自腹がそもそも多いのでしょうか?
ぜひ実際に働かれている方の自腹エピソードについて教えて下さいませ。
よろしくお願いいたします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

7件の回答

  1. mimuraosa968 2015/05/30 21:34

    パスポートの増補ってご存知ですか?
    要するに出入国のスタンプが押される欄のことなのですが、添乗員はその回数が多くてそのページが足りなくなってしまうことがよくあるんですよね、
    その場合に増補の手続きをして、その欄を増やす手続きをします。
    この手数料確か2500円くらい、自腹です。

  2. Akita 2015/05/30 0:05

    国内での日帰りバスツアーでの出来事です。
    その日はいちご狩り食べ放題のツアーだったのですが、パンフレットに謳っていた品種が少なく、ツアー客が満足に行くようにいちごを食べられなかったことによる不満をぶつけてきたお客さんがいました。
    私が悪くはないにも関わらず、かなりご立腹で後日謝りに来いと言われました。
    それで私は仕方なく、その方の家の近くまで行き謝りに行ったことがあります。
    派遣会社に相談しても何もしてくれないことは、目に見えていましたから、全く相談せずに、その方に出向き、交通費、手持ちのお菓子も私が全て自腹をきったことあります。
    交通費とお菓子代で合計約2000円の出費。
    しかもそれでその日は潰れましたから、添乗の仕事もその日は入れられなくなったわけで、トータルの損失があまりにも大きいと感じたことがあります。
    でもこれは私に限った例ではないと思います。

  3. rule 2015/05/29 9:29

    自腹とはまではいきませんが、添乗員をしていてやむを得ない出費が結構あります。
    国内旅行のビジネスホテルって、朝食の時間ってすごく混むことが多いんですよね。
    だいたい7~8時なんでそのピークで、やっぱりお客さんが並んでいる中で、自分だけさっさと食べるわけにはいかず、そういう目線とかが面倒になって「食べなくていいやー」なんて思ってしまうこと、結構あります。
    でもやっぱりお腹が空いてきて、ついつい午前中にお客さんがフリータイムで散策している間に、カフェやファストフードで、朝食を食べてしまうことがよくあるんですよ。
    ホテルで食べればタダだけど、結局なんとなく食べにくい雰囲気ゆえに、まあ自腹をきっているといった感じです。
    あとテーマパークでフリータイムなんていうときは、数時間暇になってしまうこともあり、こういうときも近くの喫茶店に入ってしまったりしています。
    こういう出費が多いのも添乗員の宿命です。
    あと海外に添乗に出ることが多いですから、ある程度よいスーツケースを買わないと壊れてしまうこともしょっちゅうです。
    よいスーツケースだと10万円位以上したり、修理代も当然ながら全て自腹ですからね。
    普通の会社員であれば、すぐに買い替えられるかもしれませんが、添乗員はそうもいきませんからね。

  4. somersault_lady 2015/05/22 23:28

    自腹エピソードなんて山ほどありますよ。
    私は半年ほど派遣の添乗員として働いていたことがあります。
    海外の仕事は、朝早く空港に集合になる場合、自宅から朝一番の電車で言っても
    ギリギリか間に合わないなんてことも当然あります。
    そういう場合は、空港の近くのホテルに前日から泊まらなくてはならないことがあります。
    いわゆる「前泊」っていうものなんですが、基本的にこの費用は自腹です。
    添乗員だから、もちろん遅刻は許されませんですし、早いお客さんは30分前に到着している人もたくさんいます。
    しかも間に合っていてギリギリに行くと、アンケートにギリギリに来て不愉快だったなんて言われることもありますから。
    だから間に合うか間に合わないかの瀬戸際の時も、前泊しますから、頻度としては結構多くなります。
    前泊の自腹って基本的に誰でもやっていると思いますよ。

  5. Hirao-g 2015/05/11 1:26

    私が実際に体験した自腹エピソードをお話します。
    海外添乗でヨーロッパに出ていたときのことです。
    もともと少し体調が優れなかったのですが、日雇いが前提のなるこの仕事、休むと収入もその分減りますから、いつも通りやや無理をしてタイトに仕事のスケジュールを組んでいました。
    この仕事の前もヨーロッパの海外添乗に出ていて、わずか日本には一日しかいないままこの仕事をしていたんです。
    そしたら現地で運が悪く、注意をしていたんですが、水にあたってしまったみたいで、歩くのもままならないほどになってしまい、もうどうにもならなくなってしまったことがあります。
    それで別の添乗員を現地に呼ばなければ、ならなくなりました。
    当然その航空券代金は、私が自腹をきりました。
    直前の出発だったので、高い航空券しか入手できず、確か20万円以上かかったと記憶しています。
    幸いにもオフシーズンだったので、これでもまだ安い方だったのかもしれませんが、派遣会社からは、その費用をどうするのかとう話し合いは一切なく、言うまでもなく私が負担するような感じでした。
    しかも帰りの片道航空券も自腹で購入しました
    確かに自分の健康管理が悪かったことも一因ですし、お客様にも多大な迷惑をかけたことはとても反省していますが・・・。
    もちろんそのときに貰った添乗の給料よりも出費の方が多くて、大赤字。
    代わりの添乗員の航空券と自分の片道航空券で合計30万ほどだったかな・・・。

  6. Ibigawa 2015/05/10 12:25

    添乗員付きのツアーは価格競争が激しくて、他社との競争がとても激しい業界です。
    今はもう高くてよい商品よりも、やはり安い商品にお客さんが集まる傾向が強いです。
    なので、必然的に自分たちの給料も安くなるのは仕方がないことなんですよね。
    つまり添乗員にしわ寄せがきているんです。

    まあ納得は言っていませんが、でもこれが現実です。
    だから会社も絶対にミスをするなというようなことを、口をすっぱくして言ってきます。
    さすがに表向きは自腹にして下さい・・・とは言えないようですが、つまり多少のミスは自腹にしてね・・・という意味なんですよね。
    それが嫌なら、この業界は辞めた方がいいです。
    本当に、本当に、好きではないと続けられない仕事ですから。

  7. Asaminami 2015/05/08 22:23

    現役の添乗員をしている者です。
    自腹についてですが、自腹をしたことのない人は聞いたことがないし、もうあきらめているというか、それが当たりまえ前のことになってきている。
    もう長年この仕事をしていると、マヒしてきましたが・・・。
    そもそも派遣会社に登録をして受ける研修すらも自腹。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する