調剤薬局事務のやりがい562view

調剤薬局事務のやりがいは実際なんだと思いますか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. 56Edwards 2015/03/21 21:01

    (1)(2)で2つに分けて書いてみます。

    (1)
    まず前提として調剤薬局の従業員としてのやりがいがあると思います。
    調剤薬局で働くことは、とても勉強になります。主に接客業が中心となりますが、色々な人が薬局に訪れ、お薬以外のことを聞かれるとこも多いです。これは地域に薬局が根付いている証拠でしょう。また病院では聞きにくいことを薬剤師に相談したり、雑談に応じたりすることも少なくありません。

    調剤薬局といっても、中は普通の会社と同じなので様々な業務が出てきます。もちろん業務内容な医療系なのですが、事務は雑用もこなすことが多いです。物品の欠品がないか、備品に不足がないかなど些細なことですが、任されることが多いようです。また薬局によりますが出納帳や伝票整理など事務が兼任することもあります。

    こういった業務内容は社会の中で活躍していることを実感してるという意味でやりがいと言えるのではないでしょうか?


    (2)
    次に調剤薬局事務の業務としてのやりがいがあると思います。
    調剤薬局事務としての業務内容な主に処方せんの入力です。これは一見簡単に思えますし、業務として入力するだけなので難しいことはないのですが、病院で出された薬に間違いがないかという簡単な確認作業や保険番号や男女、お薬の量などの入力ミスを起こさないなど、細かく神経を使う仕事でもあります。もちろん薬のことは薬剤師に任せればいいのですが、事務が気づいてあげるとそこから先の作業がスムーズになることが多いのです。

    また入力や確認に手間取ってしまうと流れが止まってしまうので、早くなおかつしっかりという風に求められることもあります。

    また月に一度のレセプト作成は事務にとって一番の大仕事です。現在はパソコンがほとんどの情報を処理してくれますが、そうはいっても間違いはありますのでチェックはしなければなりません。返戻の作成、事故の処理、労災の申請などレセプトの業務は多岐に渡ります。薬剤師が手伝ってくれてたり、薬剤師本人が行う所もあるようですが、ほとんどは調剤薬局事務が行います。

    こういった調剤薬局事務の業務は自分の努力などで効率化できたりスムーズに進めたりできるものです。効率化を頑張る点などはやりがいには感じられないでしょうか。


    ★少し話ずれますが・・・
    調剤薬局事務としての仕事は薬剤師にも出来ます。薬局によっては事務を雇っていない所も多く存在しているのも事実です。
    ただ薬剤師の負担が大きくなり、過誤が出てきてしまうのも現実問題として発生してきます。もちろん薬剤師自身も事務の業務内容を把握している方がほとんどですし、加算などについてもとても詳しいです。
    ただ業務を別にすることで、効率を良くし、負担を軽くするというメリットが出ます。そういった意味で業務を専門的に区別することで調剤薬局事務の意味が大事になっていってます。
    薬剤師を支えるという気持ちはやりがいにならないでしょうか?

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する