客室乗務員という仕事の将来性についてどう思いますか?511view

客室乗務員になりたいと思って転職活動をしているものです。
新卒で内定をもらえず今まったく畑違いの仕事をしていますが、やっぱり諦めきれなくて・・・
ただ、ちょっと気になることがあります。
今後、客室乗務員という仕事はどうなっていくと思いますか?将来性のある仕事だと思いますか?
まだ受かってもいないけど、どうせやるなら長く働きたいんです。
今の仕事に思い入れはないけど、ある意味専門職で定年まで働ける仕事なので、
安定を求めるならこのままの方がいいのかな・・・と悩んだりもしてます。
業界にお詳しい方ぜひ教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. Shiogama 2015/03/30 22:56

    会社によって異なると思います。
    ①日系②外資系③LCC に分けてご説明しますね。

    ①日系
    乗る側としては、日本人はやはり安心な日系の航空会社を選ぶ人がまだまだ多いように思います。理由は、飛行機に乗ることに特別感があり、少しでも期待外れだとクレームをつけたい人が「日本語で」申し出たいからです。この点が他の国と違います。英語を話すことができる人の絶対数が日本には少ないのです。
    LCC(格安の航空会社)の台頭と少子高齢化で日本のマーケットは日々小さくなっています。でも、日本が観光地として魅力的になりつつありますので、アジアを中心に乗客が増えれば、安定した企業経営に繋がります。結婚や出産などのライフイベントがない方ならば長く働くことができるという点で将来性はある職場だと言えます。
    チーフパーサーを55歳の定年退職で辞めた後、一客室乗務員として違う雇用形態で働き続けることができます。一応65歳までです。
    ただし、結婚・出産・介護などで働けなくなった場合、他の仕事でも働けるように準備をしておくことが賢明でしょう。

    ②外資系
    時間と余裕がある富裕層を中心に余暇の過ごし方は多様化しています。特に観光への期待は高まっています。観光を産業の中核にしてきたシンガポールのように、海外マネーはその国の発展に役立ちます。観るべきものがないと言われた中近東でも、観光客をターゲットにした建築物を次々と建てています。これに伴い、ハイスペックな人材で編成される外資系航空会社は益々グローバルな人材を求めています。航空機もより巨大でゴージャスになる一方、高速で緻密なサービス機器を搭載したものに進化しています。特に、アジアの会社では日本人のサービスを評価している会社も多いので、ぜひ挑戦したい仕事と言えるでしょう。
    注意点は、退職時期が早い会社もあります。ひとりの女性の将来性としては、退職した後につぶしが利かないのでデスクワークでも働けるように準備をしておく必要があります。

    ③LCC
    お客様も移動手段としての飛行機が格安であれば他で使用する金額が増えますので、LCCを活用する方は確実に増えています。
    地方空港の多いアメリカでは、客室乗務員はバスガイドのような扱いでしたが、LCCのリーディングカンパニー・・・サウスウェスト航空などのように客室乗務員そのものを会社の宣伝塔として扱うことで活路を得ています。
    ほとんど立っているような飛行機をライアンエアが提案しています。狭い空間でフライト時間だけ耐えることができるお客様とLCCの間に立っている客室乗務員は、今までの客室乗務員とは明らかに違う仕事です。
    LCC業界は発展していきますが、ひとりの女性としては将来を保証できるキャリアではありません。辞めた後の準備もしておく必要があります。

    ご参考になれば幸いです。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する