編集者の仕事内容、仕事の流れを教えてください。630view

一般企業で働くOLですが、編集職に就きたいと考えていて情報を集めています。編集職はとにかく激務だとよく聞きますが、実際の仕事の流れや業務内容はどんな感じなのでしょうか?また、最近はWEBコンテンツ編集の募集も増えていると思いますが、仕事内容や忙しさは違いますか?お詳しい方、教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. taki11editor 2015/03/10 12:56

    複数の会社で編集職の経験があります。現在はフリーランスです。
    編集の具体的な内容から説明しますね。

    (1)本や雑誌の企画、コンセプトの設定
    (2)企画・コンセプトに基づく原稿などのコンテンツ、内容の作成
    (3)コンテンツを具体的な書籍、雑誌、さらにそれらを構成する記事にするための校正、レイアウトといった、いわゆる編集業務
    といったかんじに分けることができます。

    一口に編集者といっても、能力、キャリア、役職などによって、どの仕事を中心とするかが変わってきます。1日の仕事に占める比率も、どのような仕事を担当するかによって異なってきます。

    大きな三つの仕事として、
    まず、(1)本や雑誌の企画、コンセプトの設定では、社会の動きを幅広くとらえて、“今、どのような本、雑誌を作るのか”、“誰のどのような本が求められているかという”といった発行する出版物の基本的の形を定めます。

    次に、(2)では(1)で定めた基本的な方向性にしたがって、より具体的なコンテンツを決定していきます。
    たとえば、どの作家、ライターにどのような内容の原稿を書かせるのか、また雑誌ではどのような記事で構成していくのか、などを決めていきます。 

    そして、(3)では、(2)で決まったことを、さらに具体的にするために、原稿、記事の依頼と具体的な契約の設定、原稿・記事が締め切りまでにもらえるようにするための制作・進行管理、催促といった仕事のほか、資料収集、整理といった原稿作成の支援、必要に応じて内容に対するアドバイス、指示なども行っていきます。

    こうやって出来上がった原稿、コンテンツを具体的な誌面、書籍とするための校正、誌面デザイン、レイアウトといった編集処理を行います。
    この段階では、限られた時間内でぎりぎりの仕事になる場合が多いです。締切間近はてんてこ舞いの日々が続きます。

    ちなみに、こうした一連の流れは、WEBも紙媒体とほとんど変わらないです。媒体が紙からインターネットに変わるだけと考えればよいでしょう。
    違いを強いて言うなら、WEBのほうが実際の制作作業がよりデジタル化されているため、多少干拓化されているといったところでしょうか。

    このように、編集者の1日は、これらの作業が入り混じった仕事で構成されることになります。
    企画の比重が高い日々は比較的落ち着いた1日を過ごすことができますが、締め切りが近くなれば、ドタバタが続き、徹夜が続くといったこともあります。そのハードさは相当なものがありますので、覚悟が必要です。
    ご参考まで・・・。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する