ショールームアドバイザーにインテリアコーディネーターの資格は必要ですか?562view

住宅設備や商品を専門で扱う、メーカーのショールームアドバイザーになるにはインテリアコーディネーターの資格は必須でしょうか。今は資格を持っていませんが、仕事内容からして必ず必要なものだとは思っていませんが、実際はどうなのでしょうか。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. Kuji-u 2015/03/21 23:33

    「アドバイザー」とは、お客様へ対して商品のご説明をする仕事です。何か資格があったほうが、お客様もより納得して説明を聞いてくださいます。アドバイザーとして説明をするということは、お客様からプロとして見られているということです。資格を取るのが面倒だとか、勉強するのが嫌だという理由から資格を取得しないのであれば、アドバイザーという仕事には向かないと思います。特にインテリアコーディネーターの資格は難易度も高く、専門的な資格です。インテリアと建築全般の知識がないと取得できませんので、建築業界でアドバイザーという商品提案の仕事を考えているのであれば取得すべきだと思います。各分野で色々と資格がありますが、インテリアコーディネーターは建築業界のアドバイザーの代表的な資格です。照明コンサルタントやカラーコーディネーターは、インテリアコーディネーターの資格を取得した後でも遅くありません。覚えることが多い資格ですので、記憶力が高い若いうちに取得しておいた方がよりスムーズです。一度取得しておけば一生使える資格になります。

  2. Shosanbetsu 2015/03/16 22:31

    どのメーカーのアドバイザーを目指すかで資格の種類も様々です。壁紙メーカーやカーテンメーカーであれば特定の資格はありませんが、カラーコーディネーターや色彩検定などで色の組み合わせの勉強が必要です。照明メーカーであれば照明コンサルタントまたは照明士の資格が必要です。キッチンメーカーであれば、キッチンスペシャリストという資格が必要ですが、合格率はインテリアコーディネーターよりも少し高く3~4割程度です。必ずしもインテリアコーディネーターの資格が必要というわけではありません。そのメーカーや商品に合わせた資格を選んで取得することの方が大切です。

  3. seventyfour 2015/03/15 23:30

    必ず必要な資格、というわけではありません。資格がなければできない仕事でもありません。そのメーカーの商品をしっかりと理解していることの方が大切だと思います。
    ショールームアドバイザーはそのメーカーの商品すべてを知っているプロです。私はキッチンのアドバイザーとして働いていますが、基本的な寸法や使い方、他社商品との比較、自社商品との比較、メンテナンス面などを一通りお客様へ説明します。お客様の疑問を自分が解決できなかったり、説明が分かりにくかったりすると、商品を採用してもらえません。自分の説明不足で受注を逃すことほど悔しいことはありません。そのために毎日商品の勉強を欠かさず、社員同士でロープレをしながら説明力を養います。キッチンスペシャリストの資格は取得しましたが、インテリアコーディネーターの資格は持っていません。スキルアップのためにも、いずれは取得しようと考えています。「仕事内容からして必ず必要」というわけではないと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する