離職率の高い管理薬剤師の職場144view

激務でない管理栄養士の職場をしりたいのですが職場によっても、個人の感じ方によっても大きく変わってくると思います。労働時間や拘束時間の長さを感じるか、立ち仕事をつらいと思うのか、臨床など医学的知識を学ぶことをつらいと思うのか、又は人間関係の付き合いをつらいと思うかなどでしょうか。そこで「離職率の高い管理薬剤師の職場」であれば割と傾向があるのかなあと思いました。よければ教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. Wanouchi-eiyoushi 2015/05/03 18:38

    離職率の高い職場というと給食委託会社が挙げられます。調理に携わる事が多く、立ち仕事が多いということ、調理以外の事務処理業が多いこと、また、委託元に直営の管理栄養士がいる場合や、委託元の会社と現場の調理員との間に立たなければならない心的ストレス、責任ある立場になると、業務量が増え、在勤時間が長くなってしまうこと、などが理由に多く挙げられます。また、前任者の引き継ぎなく着任する場合も多く、勝手がわかるまでに時間がかかる場合などもあるようです。

    全ての給食委託会社が上記の例と同じわけではありません。離職率が高いと一般的に言われる中、新卒にて就職後、10年、20年と在職している方も多くいらっしゃいます。この方々に共通して言えるのは新卒、転職の採用面接時に、職務内容をかなり細かく質問したということ、自分の中で業務の効率化を図る努力をしていること、でしょう。調理に携わる時間に立ち仕事が多くなる日は、食後の洗浄時間などは事務処理時間にあて、パートタイム勤務の方々と折り合いをつける、その為に日々、現場の調理員さんやパートタイムの方々とは交流を深めておく、など、自ら職場環境を整える努力をしています。

    それでも改善されないほどの激務を強いる委託会社に関しては、やはり離職率が高くなってしまうのでしょう。求人をしているからと言って飛び込むのではなく、やはり事前のリサーチは必須です。

    全体で見た場合に病院などより給食委託会社が離職率が高いのは正しい話だとは思います。

飲食求人サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 飲食の仕事探しで成長中の「フーズラボエージェント」がランキング1位を獲得中!首都圏に強み!

  2. 学歴や経験、資格などがなくても様々な求人にリーチが可能!初回登録は30秒あれば無料で完了!

  3. 首都圏エリアではなく地方などで飲食の求人を探すならこちらがお勧め。もちろん利用料は無料!

ページ上部へ移動する