ドッグトレーナー業界の現状は?172view

質問です。ドッグトレーナーを取り巻く業界の現状ってどんなもんなのでしょうか。
ドッグトレーナーを目指しています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. fond 2015/05/08 21:57

    まずペット業界は右肩上がりです。
    現在、日本で犬を飼っている人は年間で1,000万人以上もいて、ペットホテルやドッグカフェなどのサービスも増えてきています。しかし、犬に安全かつ正しく接することができるドッグトレーナーはまだまだ足りていません。
    また、昔に比べ犬を室内で飼うことが一般化しつつあるため、「ペット可」を売りにするマンションやアパートも増えています。しかし、鳴き声や吠え癖など、犬の行動が近所付き合いに直結することもあり、「しつけ」への関心・必要性は高まっています。そのため、ドッグトレーナーの需要は今後もますます高まることと予想されます。

    そして異業種からの参入も増えています。
    「犬のプロ」であるドッグトレーナーは、ペットに関するあらゆる新サービス・新業態でも重宝されます。これまではペット関連会社が新サービスを展開するケースが多かったのですが、最近ではペット市場の将来性の高さに着目し、異業種・他業界からの参入も増加傾向にあります。そのため、犬に関する知識がある人材は少なく、新たなサービスができるたびに、犬を安心して預けられるドッグトレーナーの求人は増える見通しです。

    ドッグトレーナーは今後人気が高まる職業ではないでしょうか。
    海外ではメジャーな職業で、政府やセレブなどから仕事を受けることもあるほどです。また、海外のドッグトレーナーが日本に来日した際はセミナーが満員御礼になるほどの人気です。日本のテレビ番組でも「ダメ犬改善」や「犬のダイエット」などの企画でドッグトレーナーの活躍を目にする機会が増えてきており、「ペット発展途上国」の日本でもこれから人気が高まる注目の職業です。

    私の私見ですがご参考頂ければと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する