個人薬局とチェーン薬局の違い280view

調剤薬局に就職する予定の学生です。
個人薬局とチェーン薬局の違いについてですが
どちらにも勤務経験のある人に比較を聞きたいです。
いらっしゃればよろしくおねがいします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. close-yakuzaishi 2015/05/02 13:07

    どちらにも勤務経験あります。

    業務内容や患者さんに提供するサービス自体には大差は無いのですが、働く薬剤師にとっては給与面、昇進、働きやすさ、学びなどにおいて大きな違いがあります。転職する際にはこの違いを念頭に置く必要があります。

    ■個人薬局の特徴・メリット・デメリット
    個人経営の薬局の特徴としては、昔ながらの薬局も多く、処方箋薬だけでなくOTC(一般用医薬品)や介護・生理用品、健康食品など幅広い商品を取り扱っている場合があります。また、クリニックや病院などの門前薬局ではなく、面分業のスタイルで経営している薬局もあり、本来の意味での「かかりつけ薬局」として機能を果たしている薬局も多いです。

    個人経営の薬局のメリットですが、まず1つ目に医療用医薬品だけでなく様々な商品を取り扱っているため医療から介護、健康食品に至るまで様々な知識が身に付くことが挙げられます。処方薬を取り扱う門前薬局や病院とはまた異なる学びを得ることができます。2つ目にチェーン薬局と比べて給与が高くなる傾向にあるということです。チェーン薬局のように多数の店舗を運営していると、事務所費用や管理費などの隠れたコストが増加しますが、個人経営の薬局においてはそのあたりのコストが少ないことが給与増に影響しています。3つ目に経営者が身近な存在であるために、薬局の経営について身をもって学べるということです。将来的に独立して開業するのであれば、このような個人薬局における経験が必ず役に立つことでしょう。

    個人経営の薬局のデメリットは勤務する薬剤師が少ない場合が多く、替えが効かないという点が挙げられます。小さい子供がいる女性薬剤師にとっては、子供の体調が悪い時に急に休むことができないのは痛いです。関連して、個人薬局では週休2日ではなく、1~1.5日となっているところも多いです。2つ目のデメリットとしては、個人薬局が1店舗しかないために異動ができないことです。薬剤師といえども人間ですので、薬局スタッフの中にそりの合わない人がいるかもしれません。チェーン薬局なら店舗の異動を申し出ることができますが、個人薬局の場合はそう簡単にはいきません。最悪の場合、人間関係のために退職を余儀なくされることもあります。

    ■チェーン薬局の特徴・メリット・デメリット
    チェーン薬局の特徴はその多くがクリニックや病院の門前にあり点調剤をおこなっていること、複数店舗があることで店舗間での在庫調整やデッドストックの使用促進が行いやすいこと、大量一括仕入のために購入価が下げられることが挙げられます。逆に不利な点としては、多くの薬剤師や事務職員を雇用することになるために、その管理や教育にコストを取られることです。実際にチェーン薬局で働いている薬剤師にとっても、これらの点は働くうえで影響してきます。

    チェーン薬局のメリットとしては、1つ目に薬剤師が多く在籍していることが挙げられます。急に休みを取る必要が生じた場合も、他店舗から応援の薬剤師が来てくれますので、ママ薬剤師にとっては安心できる職場です。希望休みや有給なども取りやすい職場が多いです。2つ目に店舗が複数あるということです。会社によっては、自宅から近い店舗に配属されるよう取り計らってくれる場合もありますし、管理薬剤師や薬局スタッフなどとの人間関係に悩むことがあれば、異動の希望を出すこともできます。3つ目には特に大手調剤チェーンに言えることですが、合同セミナーやeラーニングなどの教育体制が整備されていることが挙げられます。4つ目に人事制度が整備されていることです。個人薬局ではせいぜい管理薬剤師止まりですが、チェーン薬局の場合はエリアマネージャーやブロックマネージャーなどのより上位の役職があります。

    チェーン薬局のデメリットとしては、1つ目に店舗間の異動があることが挙げられます。せっかく自宅から近い店舗に勤めていたとしても、転勤となってしまっては意味がありませんよね。多くの会社では本人が配属転換の希望を出さない限りは、異動はほとんどありません。しかし、一部の会社では一定期間経過すると強制的に店舗を移るような制度を採用しているようです。2つ目に、個人薬局と比べたら給与が低くなるということです。チェーン薬局においては、様々な管理費や事務費がかかりますので初任給は低めに設定されていることが多いです。ただし、個人薬局よりも昇給額が高いために生涯賃金ではそこまで変わらないとも言われます。


    比較してみると一長一短です。あなたの譲れない条件などを勘案して決められたらいかがでしょうか。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろん業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用でほとんどの求人をカバーできる!

  3. 知名度抜群のエムスリーキャリア運営の「薬キャリ」も上位に!非公開求人が多いことやパート・派遣にも強いことが特徴のサイト!

ページ上部へ移動する