担当の役員が代わると役員秘書も変えられますか?339view

30代女性ですが、先日転職を決意して役員秘書の求人に応募し、内定連絡をいただきました。一度会社を訪問した折、担当することになる役員さんと短い時間でしたが簡単な挨拶もさせていただきました。それで、ふと思ったのですが、役員さんが代わると秘書も変えられるのでしょうか?また、それは突然でしょうか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. tensyoku-air 2015/06/13 11:52

    役員が代わるのって嫌ですか?相性のいい役員との二人三脚もいいでしょうが、いろいろな上司を経験するのもキャリアアップにはとてもいですよ。会社で役員まで登りつめた人というのは、人間的にも魅力的な人が多いですよ。違った役員には違った魅力があり、是非、たくさん経験してください。あなたの秘書としての幅と奥行きができます。

  2. Harris 2015/05/20 3:46

    役員付きの秘書さんとはいえ、会社の中ではサラリーマンなので基本的には異動はあると思った方がいいですよ。ただ、どう代わっていくかが問題ですよね。秘書での在籍年数が影響するかもしれませんね。仮に10年在籍していて、仕えた役員の数も数名に達したというベテラン秘書さんの場合、その熟練を生かして一般役員付きから社長付き、あるいは会長付きに代わるなど、配置換えされるかもしれません。
    ここで、ちょっと頭に入れておかれたらいいと思うのが、秘書業務経験10年以上となってくると、今後の社内での進路を考えておいた方がいいということです。これはイイ意味では、専門性が高まったということだし、悪く言うと、“つぶしが効かなくなった”、つまり秘書以外の仕事は難しくなるということです。秘書部とか秘書課といったセクションをもっている会社では、秘書課長などの管理職を意識するのもひとつの進路です。

  3. look-yakuinhisyo 2015/05/16 22:45

    あまり、役員が代わる度に秘書が代わるって言うのは聞いたことがないですね。役員の交代は解任や退任は別として、担当範囲が代わるっていうのはよくある話なので、たとえば「財務担当役員」から「広域事業担当役員」に代わったとして、こんな場合は、秘書は役員個人についているので、秘書自身も担当役員に付いて行くことになるでしょう。もっとも「財務担当役員」の秘書として、財務専門的な知識や金融界での顔の広さなどを買われて配置されていたなら、新財務担当役員に鞍替えすることは十分あり得ますね。

  4. political 2015/05/15 6:44

    役員の交代は前の方が書かれた通りです。役員が代わると秘書として、仕事の仕方が多少は代わると思っておいたほうがいいですね。でも、秘書を置くような大企業では、秘書の仕事も「職務基準書」などである程度まで画一化されているので、心配するような大変化はないと思いますよ。
    ただ、新しい役員に変わって1年ぐらい経過すると、新役員も秘書の力量や満足度もわかってくるので、節目として“さあ、どうしよう?”と言うのは、この社会の常識です。もちろん、継続もありです。

  5. guchi 2015/05/13 11:43

    突然代わるってことは、よほどのことがない限りありえないけど、役員には任期ってものがあり株主総会や取締役会を経て、退任や解任ってことはありえますよ。確かにせっかく慣れてきた役員さんが、突然代わるってことは、役員秘書からしたら心配ですよね。
    でも、どんな会社のどんな部署も共通しているのは、「人事異動は突然やってくる!」ということです。突然と言うのは、本人が耳にするのが突然であって、正確には会社の中の異動事情は深く静かに進行していていて、結果が突然訪れると言うだけのことです。そういう意味では、役員の交代もいつも覚悟しておいた方がいいかもしれませんね。(逆に、秘書自身もいつ交代させられるかもしれないという意味では突然ですよ。)
    それで、役員が代われば秘書も代わるかどうかということですが、これもよほどの事情がない限りありえません。社長や役員は、自分にもっとも相性がよくて、仕事のできる秘書が欲しいのは当たり前ですが、かと言って、選び放題かというとそうではありません。役員秘書もその会社では一人のサラリーマンなので、人事部の意向の中で配置転換されます。役員が代わって秘書をどうするかという配置案は、会社全体の異動案の最後の最後に、あるかないかぐらいの些少なことです。もし、役員が代わって、最初に人事部が「秘書はどうされますか?」なんて役員に尋ねるような会社は、私的にはちょっと怪しいと思いますけどね。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する