私設秘書の退職金やボーナスについて323view

国会議員の私設秘書の方と付き合っていますが、給与も安く、福利厚生も十分でない気がします。結婚を考える女性からすると少し不安に感じられます・・・。
国会議員の私設秘書の交通費や退職金など、福利厚生はどうなっているのか教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. fightrokon 2015/03/30 14:48

    前の方も仰っている様に、まず、私設秘書なら退職金や残業代、ボーナスなどはないと考えて間違いないと思います。
    ちなみに私の友人で国会議員の私設秘書をされている方と、過去にされていた方がいます。現在も私設秘書をされている方も、過去にされていた方も既婚、共に30代の男性です。
    現在も私設秘書をされている方は、元々実家暮らしで、今もご両親と奥さんと実家暮らしです。奥さんも正社員で働いてらっしゃるので、生活はどうにかできているみたいです。ただ、いつまでも私設秘書では厳しいことは分かってらっしゃるようで、その方は自分が地方の議員に立候補する目標があるからこそ頑張れているみたいです。
    もう一人の方は、私設秘書を数年経験した後、結婚後の生活の安定を考えて、秘書時代の人脈を通じて一般企業に就職されました。
    雇用条件の厳しい私設秘書は、家庭の状況や個人の目標など、色々な要素によって将来が変わってきますよね。ただ漫然と続けていては将来が見えない仕事だと思います。

  2. Hitachimiya-b 2015/03/25 12:27

    私設秘書なら、退職金等はまずないと考えた方がいいでしょうね。ボーナスも同じです。交通費も満額出るとは考えない方がいいでしょう。結婚している私設秘書の給与は独身者よりも若干高くなることが多いとは聞きますが、議員の裁量次第ですから断言はできません。給料も高く、ボーナスや退職金もある公設秘書に比べると、全ての条件面で厳しいことは間違いないでしょうね。
    あとはご本人が今後どういう方向を目指されるかですね。公設秘書を目指すのか、そのうち自分で何かの選挙に立候補するのか、それとも私設秘書ステップとして転職するのか…。ご結婚を考えるならば、様々な条件面を考えると、私設秘書のままでは確かに厳しいものがあると思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する