理系でもコピーライターになれますか348view

20代の男性です。工学部の大学院を卒業して、現在は写真や印刷機メーカーの研究職として働いています。しかしずっと実はコピーライターになりたくて、学生時代からコピーの賞に応募して、ちょっと受賞したこともあります。そのレベルで、プロとしてうまくやっていけるというのは難しいことは重々承知していますが、どうにかしてコピーライターになれないものかと思っています。
そこで現役のライターさん達に質問をしたいのですが、私がコピーライターになるとしたら、どちらの方向性で進むのがいいのでしょうか。①理系の専門性を生かして、就職先を探していく。②今までの経歴はおいておき、ライターの勉強や下積みをしていく。できれば自分の専門性を生かして仕事がしていけれるのが一番だと思っています。そういうことが可能なのか、もし周りでそのような方がいらっしゃったら具体的な事例も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. Akune 2015/03/16 18:07

    以前はライター=文系というイメージが色濃かったと思います。それは広告自体がマス広告といって、多くの人に向けて発信されていたので、一般受けするような言葉であったり、手法が好まれていたからなんです。しかし今はWeb時代となり、大衆に向けての広告というよりも個人に向けての広告ということになっていきます。すると、理系のものに興味をもつ人にむけて広告をかくということも出てくるのです。例えば、理系でかなり機械に詳しいかたに向けて新型の端末を宣伝するダイレクトメールをつくるなど。そうすると理系の知識をつかって製品の優位性を伝える必要が出てくるのでやはりそういう地盤があると有利なんです。理系の転職者向けの広告を書くのであれば、そういった方々が入社したいと思わせるようなその会社の技術的な優位性を伝える必要があります。やはり理系の知識があれば、どこに技術者が魅力を感じるかも分かりますよね。そんな訳で、これからの時代、理系であったり専門的な知識があると、重宝されるのではないでしょうか。もちろんコピーライター養成講座に通うのもいいかと思いますが、まずはとにかくライターになりたいという気持ちが強いのであれば、技術系のライティングをしている会社を探してみて、それらの会社がライターを募集しているかを調べて見るのも価値があると思いますよ。探してみれば、実は求人があってラッキーなことに職を得られることもあります。やはり募集自体が少ないでしょうから、機会損失のないように色々と探してみることをおすすめします。頑張ってくださいね。応援しています。

  2. kamimura-i 2015/03/14 18:05

    20代後半女性のライターです。私は求人広告のコピーライターとして働いています。私自身は文系出身なのですが、私の同僚に理系男子がいます。彼は某国立の有名大学の理系学部を卒業して、私の会社に就職してきました入社当初は、彼の学歴もさることながら、理系ライターということで結構社内の話題になりました。彼はライターとしてはなかなかの活躍をしていましたよ。というのも、理系だからこそのライターとしての有利な点もあるのだなと私は思いました。
    まずはこれは、人にもよりますが、全般的に理系の方って考え方がロジカルなんですよね。それがライティングにおいて功を奏します。コピーを書く時は、まずはターゲット設定をして、そこに訴求するアプローチを考えてと、非常にロジカルに広告設計をしていきます。そこのプロセスは、理系の方がとても得意なんだなと一緒にいて感じました。
    あとは、私の場合は求人広告の会社だったので、これは我が社独特のものかもしれませんが、理系の会社の広告を書くときに専門知識のある彼は大活躍でした。私たちはメーカーの例えば化学薬品の会社で世界トップクラスの会社であったとしても私たちはなかなかそのすごさが分からず、いかにすごいかという部分を勉強するのに半日、一日とかかりますが、彼は基礎知識を駆使してすぐに理解、さらに取材の時は技術部長さんの話に見事についていき、的確な質問までして、かなり感心されるとともに、こんなライターさん他の会社ではいなかった、うちの会社は理解されづらくってねと一気に信頼を得ていました。そういう意味ではすぐに理解ができることで、その場で信頼関係を築けるのでうらやましかったです。
    仕事に厳しい上司からは、お前は知識もあって、クライアントとも意気投合できるけれど、そこからの表現がいま一歩だな、そこさえ磨ければいいライラーなんだけどなんてからかわれていましたけれども。
    長くなってしまいましたが、求人広告会社のように会社のビジネスモデルをしっかりと理解しなければいけない上に、理系企業からの依頼も多い、業界においては、理系出身であるということが強みになることも多いと思います。

  3. Shiraoi 2015/03/12 23:05

    質問主さんと同じような経歴をもつ30代の男です。現在は、特許関係の翻訳と説明、マニュアルの専門のライターをしています。質問主さんがコピーライターでどのようなイメージを抱かれているかは分かりませんが、商品のプロモーション広告だけがコピーライターの仕事ではありません。ある意味、文字のある所にライターありではありませんが、ライターの仕事はあらゆるところにあります。私は理系で特許関係の勉強をずっとしていて、それでメーカーに入社したのですが、どうしても研究職になじめなくて、そして研究よりもライティングの仕事がしたいと考えていました。そんな時に特許出願申請の書類をつくったり海外特許の翻訳や特許製品の説明をライティングするというある意味、理系的な専門性の高い今の仕事に巡り合いました。もちろんライティングは素人でしたが、その分、特許やメーカーの技術に関する基礎知識はあったので、仕事についてもそれらの部分で他の社員にひけをとることもなかったし、むしろ自分が今まで経験して来た事例をクライアントにお話することで信頼もしていただけました。その意味では、自分が今まで積み重ねてきたものは、間違いなかったなと自信になりました。
    ただ、文章を書く経験が乏しくて、人に伝わる文章を書くという基本的な部分でかなり苦労はしました。そこはもっと勉強しておけばよかったなと思いました。だから私の結論としては、理系でもライターにはなれるし、その専門性を生かすということも可能だと思います。ただライティングの勉強はしておいたら、しておくに超したことはないでしょう。頑張ってください。

  4. strange3 2015/03/12 18:04

    20代の女性です。コピーライターとして商品のPR広告を中心に書いています。私の周りには、理系の方がいないので、どうしても理系の専門性を生かしてということは想像がつきません。私自身も経済学部出身で新卒では銀行に勤めていたのですが、どうしてもライターになりたくて昼間は働いて、夜はライターの養成講座に一年間通って、その後も賞に応募したりコネクションをつくったりしながら、地道に転職活動をして今の職場での仕事を得ました。私の経験からすると理系というプロフェッションを生かすよりもライターの勉強をしていくほうが堅実かなと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する