編集プロダクションについて詳しく教えて下さい201view

今、大学4年の就活生です。昨年度の冬から就職活動を始め、て総合出版社や大手の出版、募集を出していた中小の出版社はすべて落ちました。これからは、転職サイトや求人誌を見ながら編集プロダクションをメインに受けていこうかと思っています。アルバイトでもいいので編集の現場というのを知りたいと思っているのですが、現状、編集プロダクションとはどういう状況なのでしょうか。ネットで見るかぎり、労働条件や給与面が厳しいというのを多くみかけたのですが、実際に働かれている方、知り合いが働いている方で教えていただける方はいらっしゃいますでしょうか?よろしくお願いいたします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. Tarumi 2015/06/08 11:47

    私自身が編プロで働いてるわけではないのですが、友人が編プロで働いていました。
    彼女は、同期がどんどんやめていってしまって自分ひとりだけが残り、そのすべての仕事をひとりでやっていたそうです。休みもなく、結局体調を崩してしまって・・・
    今は地元に帰り、自宅でできるWEBライターの仕事をしているそうです。
    彼女いわく、
    ①労働内容というより編プロで働く人自体が少なくなってきている
    ②交通費がでたり住宅手当が出ていたり、少ない給与でも福利厚生がしっかりしているか、働く前に知るべき(これが結構大事だと言っていました)
    ③全国誌のページをもっているとか、レギュラーで連載を担当している実績があるとか、そういった点は安心できる要素(突然仕事がなくなるかもしれないから)
    ということ。
    前出の方もおっしゃっていますが、仕事自体は大変でそうでした。これは本当に。好きなことだからこそ頑張れた、人間関係が良かったから頑張れた、と彼女は言っていましたが、結局体を壊したらどうもこうもないなぁと正直私は思っています。
    編集プロダクションの労働条件とか手当とか、そういった点は最低条件としてチェックするべきかも? 私だったらそうします。
    質問内容の回答には少し違ったかもしれませんが・・・ご参考までに。

  2. Kamakura 2015/06/05 22:45

    質問内容拝見しました。
    僕は地方の編集プロダクションで、人事というか面接もこなしています。
    家族の都合で地方都市にうつり、そこの編集プロダクションで働いています。
    今年で、トータル20年目くらいかな。

    独身の頃は、東京の編集プロダクションにいました。
    20年前は今ほど出版不況と言われることもなく、編集プロダクションも多くありました。
    僕が入った編集プロダクションは、ライフスタイル系の雑誌から多く仕事をもらっていました。
    会社は30人以上いて、ひとつの企画(雑誌じゃないですよ)で4~5人のチームを作って作業していました。ちょっとした編集部みたいなものですよね。

    そんな時代もありました、という話で、実際今の出版業界は右肩下がりの斜陽業界と言われています。

    僕の会社では、徹夜するのは当たり前です。僕だって、40代ですが会社に泊まりますよ。
    もちろん毎日ではないですが、あまり早い時間に帰るということはありません。
    22時、23時くらいですかね。
    ですが、夜に時間を作って家族と食事にいくということもできています。
    これはもう自分のスケジュールしだい、といったところかな。

    ネットで労働条件が厳しい、というのを見たというのは、それが新人さんだからなのでは?
    僕も一番最初に編プロに入った頃は、かなり大変でした。
    深夜どころか毎日始発で帰って、3時間程寝て、また出社という時があったくらいですから。
    ちなみに僕調べでは、3日間寝なくても大丈夫でした(笑)
    とまぁ、新人の頃は確かに大変でした。
    体は壊さなかったですが、体を壊してもおかしくないですよね。
    でもあの時があったからこそ、今、堂々と「編集者です」と言えるのかなーと。

    下積み、と言ったら古いのかもしれませんが(実際、僕は古い人間なので)
    それくらいの覚悟を持って編プロの応募を受けてみてもいいのかもしれません。
    編プロで3年頑張って、中途採用で行きたい出版社を受けるとか。
    編集の業界は、転職が多いので実際にスキルをもっている人が重宝されますよ。
    新卒で入社したからといって、すごいわけでもないし。
    全国誌クラスの編集長で、元編プロ出身という人も少なくありません。

    本気で編集者になりたいというのであれば、
    編集プロダクションで働いてみるのはありだと思います。

  3. Yasuoka-e 2015/06/02 16:42

    編集プロダクションに勤務して6年目になります。
    私は知人の紹介で編プロに新卒で入社しました。仕事の大半が女性ファッション誌になります。
    ですが、ファッションページを担当しているわけではなく、巻末にあるいわゆる読み物ページを担当しています。
    編プロは大変とネットで見たということですが、確かにその通りの会社もあると思います。ただ、私の会社で言えばあまりそういったことはないかも?というのが実情です。
    もちろん入稿前や締切前は忙しいですが、それでも電車で帰ります。
    タクシー代などは出ないので、必ず電車で帰ります!
    (これ大事。タクシー代が経費で出るのであれば深夜まで作業したいです)
    その分、朝少しでも早く出社し仕事して・・・というのがうちの会社のスタイルかもしれません。

    ネットでよく見る「毎日会社に泊まって、帰れず、給料も安い・・・・・」というのはあまりにも誇張しすぎなのでは?と思うことも。。。
    他の会社を見たことがないので何とも言えないのですが、編集プロダクションだからといって、厳しすぎる、つらいということはないと思います。アルバイトでもいいから、現場で働きたいという熱心さがあるのならば、ちょっとくらいの辛さも気にならないのでは?
    就職活動がんばって下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する