かかりつけ薬剤師の24時間体制の弊害について12view

かかりつけ薬剤師についてですが、これには24時間相談に応じる体制が必要ですよね。

担当薬剤師ではなく他の薬剤師でも可能ということですが、皆さんの薬局でこの24時間体制ということが弊害になり、かかりつけ薬剤師の算定に足踏みしていることはありませんか。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 薬剤師転職の最大手!悩み解決はお任せ!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. ookazi 2021/11/26 12:29

    24時間体制がネックであるため、かかりつけ薬剤師を算定できないと考えています。わたしの薬局は、常勤は私1人、パート薬剤師が1人で計2人です。私は毎日朝から晩まで薬局で仕事をしています。
    近隣のクリニックが祝日も診療しているため、年間を通して連休はお正月だけです。GWも仕事です。このような状態で、24時間体制が更に加えられれば、休まる暇が全くありません。
    今後、どのような薬局体制にするべきかを考え、それからかかりつけ薬剤師の算定に向かおうと思います。

  2. yotuka 2021/11/22 17:13

    小さな薬局では24時間ということに、頭を悩ませている薬局が多いと聞いています。24時間365日、患者さんに対応できる体制を持つという事ですから、悩む気持ちはわかります。最初はなかなか気が進まないかもしれませんね。

    私の薬局も最初はそうでした。
    私一人しか携帯電話に対応できる薬剤師はいませんでしたから。基準調剤にある近隣薬局との連携も考えましたが、単独の方がやりやすいと連携はお断りし、自分でやるしかないと腹をくくりました。
    とは言っても実際24時間体制は、真夜中に電話相談が入ることも・・・。

    どうしても出かけるという時は、パート薬剤師に携帯電話をお願いしています。そのかわりかなり前からお願いをし、対応してもらえるようスケジュールを合わせてもらっています。

  3. idezawa_cu 2021/11/21 11:49

    私の薬局は薬剤師3人の小さな薬局です。私とパート2人で仕事をまわしています。
    基準調剤の24時間体制は、近隣の他の薬局と連携をはかり何とか体制を整える事が出来ました。
    今回のかかりつけ薬剤師は他の薬局との連携は認められていません。ですから、算定するには私が24時間携帯電話で対応することになります。(パートに携帯電話を持たせることは考えていないため)私一人で、24時間相談に応じるということに弱腰になっており、今はまだ算定を見送っています。

 

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 薬剤師転職人気No.1を継続中!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!薬キャリと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する