転職活動中の薬剤師です。調剤薬局の薬剤師の配置基準を詳しく知りたい。10view

転職先を探して3か月になる薬剤師です。
先日、「これは!」と思える求人をやっと見つけたので応募し、面接を受けてきたばかりです。結果は1週間以内に連絡すると言われています。

実は、面接の際に、1日の処方箋の枚数が100枚程度だという説明を受けました。
そして、薬剤師数は現在2名で、そのうちの1名が退職するため新たな募集をしたということでした。つまり、1日100枚の処方せんを2名の薬剤師で処理するということのようです。
これは、薬剤師の配置基準に適合しているのでしょうか?
私の認識が間違っていなければ、1名あたり40枚程度ではなかったかと思うのですが…。
まだ経験も浅く、知識も技術も未熟な私なので間違っているかもしれません。
もし、配置基準を満たしていないなら激務になりそうな予感がしているので…。
正しい知識を与えてください。よろしくお願いします。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 薬剤師転職の最大手!悩み解決はお任せ!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. mitaki 2021/07/19 16:50

    薬局業務運営ガイドラインの中で薬剤師の配置基準は、1日の応需する平均処方箋枚数が40枚までは薬剤師が1人必要でそれ以上40枚ごと、もしくは端数を超えたらさらに1人追加ということになっていたと思います。平均枚数が41枚~79枚であれば2人必要ということです。処方箋の内容が眼科、歯科、耳鼻咽頭科である場合は枚数を3分の2に換算して良いこととなっていますので、これら科目の処方箋であれば1人薬剤師の店舗で処方箋60枚まで営業可能ということになっています。実際には眼科や耳鼻咽頭科の服薬指導や薬歴が他科と比べて簡単であるということはないのですが、不思議とそのように決まっています。
    現実的に処方箋40枚の薬局を薬剤師1人で運営することはできるでしょうか。特にどこの門前薬局でもない調剤薬局で、1日の中で患者さんがパラパラと来るのであればそれほど難しいことではないと思います。しかし門前薬局であればある決まった時間帯に患者さんが集中することがほとんどです。そういった場合に集中した時間帯の患者さんを1人の薬剤師で調剤、監査、投薬することは時間的にも難しいですし、ミスにもつながります。これは薬剤師の数を増やして想定しても同じことで、ある程度大きな規模の調剤薬局で薬剤師の人数が確保できているように見えても、処方箋枚数が薬剤師1人当たり40枚近い薬局はかなりの激務を強いられている可能性が高いです。総合診療科の門前薬局でピーク時間には走り回らなくては追いつかないような薬局でも、平均すると薬剤師1人当たりの処方箋枚数は30枚を超える程度であることの方が多いと思われます。そのことから、薬剤師の配置基準を満たしているかどうか、薬剤師1人あたりの平均処方箋枚数はどうかというのは、就職先を探す際に大変参考になると思います。就職前に現場の見学に行くことも大変参考にはなりますが、大抵見学に行くのは忙しくない時間帯だからです。注意しなくてはならないのは、フルタイム勤務ではないパート薬剤師などは1人とは数えず、例えば半日しか勤務しない薬剤師は0.5人として計算します。特に、調剤薬局に慣れていないうちの勤務先には1ヶ月を通して薬剤師1人当たりの1日の処方箋処理枚数が30枚を超えない薬局が望ましいでしょう。

 

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 薬剤師転職人気No.1を継続中!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!薬キャリと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する