耳鼻科門前薬局の薬剤師求人を見つけました!転職先としてどうですか?10view

転職活動中の薬剤師です。

以前から興味のあった、耳鼻科の門前薬局の薬剤師求人を見つけたんですが、耳鼻科の薬剤師って、どうですか?

詳しい方、お願いします。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 薬剤師転職の最大手!悩み解決はお任せ!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. mitaki 2021/07/13 16:55

    耳鼻科は顔面から頸部にかけての臓器の疾患を診る診療科です。耳と鼻腔、副鼻腔だけでなく、咽頭や耳下腺などの疾患も扱うため、耳鼻咽喉科と呼ばれることもあります。耳鼻科は投薬治療のような内科的治療を行う一方で、咽頭がんや舌癌の切除などの外科的治療も行います。よく見られる疾患としては、メニエル病や良性発作性頭位めまい症のような眩暈疾患、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎などが挙げられます。
    耳鼻科において留意すべき点としては、小児科に次いで患児の数が多いことが挙げられます。その理由は小児において中耳炎を発症することが多いからです。抗菌剤の投薬治療であれば小児科で十分対応可能ですが、鼓膜穿刺やドレナージが必要な場合は小児科から耳鼻科医を紹介されます。同様に鼻をかむことができない未就学児のアレルギー性鼻炎においても、耳鼻科で鼻汁の吸引をすることがあります。このような背景があるため、耳鼻科の診察室や待合室には小児科のように子供に喜ばれそうな壁紙を貼ってあったり、子供の遊び場を設けたり絵本を設置していることもあります。ただし、全ての耳鼻科がそうであるとも限りません。保護者や患児に人気があるかどうかも関わってきます。

    耳鼻科においては、単科のクリニックとして存在することが多いです。基本的に、慢性の耳鼻科領域の疾患であればかかりつけとなる耳鼻科クリニックで定期的に診察をする形となります。一方、舌がんや声帯がん、咽頭がんなどの悪性疾患により外科的治療が必要な場合は、総合病院または大学病院の耳鼻科に紹介されます。耳鼻科で診療する悪性疾患は隣接臓器に気道や声帯があるため、患部を切除するのと同時に気管切開を行ったり人口鼻の装着を行ったのち、かかりつけに逆紹介されることも多いようです。また、大学病院では抗がん剤治療や放射線療法などのがん治療も行われます。

    耳鼻科医が処方する医薬品の種類は他の外科系の医師と比較すればやや多く、内科系の医師と比べれば少ない方です。内服薬としてよく処方されるのは、去痰薬や抗めまい薬、抗アレルギー薬、抗菌薬、抗炎症薬などが挙げられます。また点耳薬や点鼻薬のような外用薬が処方されることもあり、これらの投薬時には十分に使用方法について説明を行う必要があります。
    耳鼻科においては、メニエル病やアレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎などの慢性疾患の患者の比率が高いため、1か月以上の投薬も多くなります。処方される内服の種類は多くても4~5種類であるため、一包化指示が出ることはあまりありません。基本的にはヒート調剤となります。耳鼻科の処方のパターンは比較的限られていますし、内服メインであり難しい調製もほとんどありません。耳鼻科の門前薬局は、調剤未経験の薬剤師の足掛かりとしては意外と適しているのかもしれません。

    調剤薬局の経営面で考えれば、採用品目数は内科系と外科系の中間的位置づけとなります。高薬価の医薬品はそこまで多くありませんが、内服薬が数品目処方されることが多く、長期処方となる場合も多いため調剤料による利益は比較的出やすいと言えます。
    ハイリスク薬の取り扱いも少ないため、内服薬については重点的に説明が必要な医薬品はそこまでありません。外用薬の説明にはやや時間が取られるかもしれません。総じて、薬剤師1人当たりの処方箋枚数としては1日当たり30~50枚くらいが妥当と言えます。
    中耳炎などの耳鼻科疾患で受診した小児の患児が来局することもありますので、薬局内の子供向け設備を充実させている調剤薬局も多いようです。患児や保護者への投薬時には気を遣うべき点が多数あります。耳鼻科の門前薬局では小児や保護者への対応が必要となる場合があることを念頭に置きましょう。

 

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 薬剤師転職人気No.1を継続中!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!薬キャリと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する