薬剤師が泌尿器科の門前薬局に転職するにあたって注意する点は?11view

今のドラッグストアを退職し、泌尿器科の門前薬局へ転職します。

調剤は、ドラッグストアでもやってきたので、全くの未経験ではありません。
ただ、今回転職する先は泌尿器科の門前薬局なので、色々注意する点がありそうですよね。
特に女性の患者さんだと、服薬指導でいろいろ聞こうと思っても何も話してくれないとか…ありそうで不安です。

そんなことも踏まえて、泌尿器科の門前薬局の薬剤師になる場合の注意点やアドバイスなどがあったらお願いします。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 薬剤師転職の最大手!悩み解決はお任せ!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. mitaki 2021/05/10 17:05

    泌尿器科の受診理由は男女ごとに少し異なります。男女共通であれば膀胱炎、尿路結石などが多く、男性に多いのは前立腺肥大症、前立腺炎、前立腺がんなど、女性に多いのは過活動膀胱、神経因性膀胱などです。
    どれも人には話しにくいと感じる方が多く、薬局ではあまり詳しく話していただけない場合も多いですが、しっかりと聞き取りを行うことでQOLを上昇させる手助けができる場合が多いのですので、相手の気持ちに寄り添いながら聞き取りを行うことが大切です。
    膀胱炎では一番大切なのは処方された抗生剤を飲みきることです。症状によっては1回服用後数時間で効果が現れるため、治ったと思い込んで服用を中止してしまう患者さんがいらっしゃいますが、入り込んだ菌をしっかりと死滅させるために処方された分を飲みきるように指導します。また、菌が入っている尿を流すために水分を多く摂るように、また排尿を我慢しないように伝えるようにしましょう。尿路結石でも同様に、水分を摂って排尿回数や排尿量を増やすように指導することが大切です。
    男性は中年以降、前立腺肥大症による排尿障害に悩まされる方が増えてきます。一時的な前立腺炎であれば若い方でもかかることがありますが、すぐに治る場合が多いです。年齢を重ねるごとに男性は尿の切れが悪く、女性は排尿回数が多くなるのは自然なことなのですが、本人に取っては大きな問題であり症状の悪化はQOLをひどく低下させます。
    前立腺肥大症は手術をしない限り大きくなった前立腺を小さくするのは難しいと言われてきましたが、数年前にデュタステリドが発売され、こちらは肥大した前立腺を小さくするという効果があるとされています。しかし効果はすぐには現れないことや、中身がホルモン薬であることから子供や女性はカプセルに触らないように注意が必要ですので、服薬指導の際にしっかりと理解してもらいましょう。また、乳房肥大の副作用や性的機能が衰える可能性もありますので、服用前に伝えておくことが必要です。
    前立腺がんはがんの中では予後の良い方で生存年数は平均的に長くなっています。その事から長く病気と付き合う必要があるため、最近では告知をする場合が多くなっています。告知の有無は服薬指導の際に大切なポイントとなりますので、方針を病院に確認しておく方が良いでしょう。基本的に告知するといった方針の場合でも告知されているという確信が持てるまでは言葉を慎重に選ぶようにします。告知されている確認が取れた場合には薬歴に残しておき、他の薬剤師と情報を共有できるようにしましょう。
    過活動膀胱は中年以降の女性にとって非常に問題となります。くしゃみなど少しの衝撃で尿が漏れてしまったり、すぐにトイレに行きたくなるので外出を恐れるようになり、気分も塞ぎがちになってしまう場合が多くなってしまいます。そのような方は水分摂取を控えてしまう傾向にありますが、水分を控えると膀胱が小さくなることにより、かえって頻尿になってしまうことが多いですので、1日に必要な水分量はしっかりと摂るように指導が必要です。以前の過活動膀胱治療に使われた抗コリン薬は口渇や便秘の副作用が強く問題となっていましたが、現在主流となっている薬ではそれら副作用が出にくくなっています。それでもそれらの副作用は起きやすいものであり、口渇は唾液腺のマッサージである程度解消することもできますが、便秘の場合は溜まった便が膀胱を圧迫することにより余計に頻尿になってしまう場合があるので来局の度に状況を伺い、必要であれば医師に相談するようにしましょう。

 

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 薬剤師転職人気No.1を継続中!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!薬キャリと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する