献血ルームの看護師は肝炎になりやすいんですか?14view

献血ルームで働いている看護師は、肝炎のリスクが高くなると聞いたことがありますが、これは本当でしょうか?
近いうちに転職を検討しており、第一候補として献血ルームを考えています。
でも、肝炎にかかる可能性が大きいとなると、これは大問題です。
実際のところ、どうなんでしょうか?

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. wariisi_sp 2021/04/07 18:29

    昔はそれなりに感染率が高かったそうですが、今は注射器の使い回しもなく、そうしたミスは通常起こりません。あまり神経質になりすぎると、逆にミスをしやすい状況に陥ることでしょう。針刺し事故はめったに起こらないものですし、献血者の健康状態・感染症の有無もチェックしてから採血するので、過度の心配は不要です。実際に献血ルームで働く看護師の話を聞くと、肝炎のリスクよりも、短調な作業ゆえにキャリアアップできない悩みを持つ方のほうが多いです。
    肝炎に対して不安があるなら、看護師の転職サイトのエージェントに相談すると気持ちが楽になりますよ。それぞれの職場事情にも精通しているので、衛生管理がしっかりした職場を紹介してくれるはずです。

  2. koko_24 2021/04/04 15:28

    可能性としてはゼロに近いと聞いたことがあります。
    しかし、完全なるゼロではなく、献血ルームに勤務する看護師は、肝炎になる可能性が若干高いと言えるでしょう。
    これを心配して献血の仕事を避ける方もいますが、仕事と呼ばれるものには何らかのリスクがつきまとうものです。
    これは例えば、毎日運転をする職業ドライバーも同じでしょう。
    100%交通事故で死亡しないという保証はありません。
    結局のところ、ゼロに近いリスクに対して必要以上に心配してもダメでしょう。
    そんなことでは、献血ルームに限らず、看護師の仕事などできなくなってしまいます。
    そのあたりをどう考えるかでしょうね。

  3. mickey135 2021/04/03 15:36

    針刺し事故はどんなに注意していても起こり得ることなので、リスクがゼロとは言えません。これについては、十分に注意して業務にあたる以外に対策はありません。肝炎のほかにも、HIVなどの感染症の恐れもあるので、針刺し事故が絶対にないように注意しないといけません。日本赤十字社のホームページでは、献血をご遠慮いただくケースについて記載しています。これによると、肝炎のウイルスを保有する方、その可能性がある方は献血ができません。献血者の多くは健常者なので、万が一看護師が針刺し事故を起こしたとしても、リスクとしては非常に低いものではないでしょうか?

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する