単科小児科病棟と混合小児科病棟の違いは?8view

相談したいことがあり投稿します。単科の小児科病棟と混合の小児科病棟ではどのような違い(働き方や忙しさ、難しさなど)があるのかということです。
私は子どもが大好きで、ずっと小児科の看護師になりたいと思って看護師を目指してきました。
今は成人内科で働いているのですが、毎年異動希望として小児科病棟の希望を出しています。
しかし、私の働いている病院の小児科病棟は成人との混合病棟です。
しっかりと小児分野を学びたいのなら、単科の小児科病棟がある病院に転職をした方がいいのかなとも思い始めました。
自分的には、混合の小児科病棟と単科の小児科病棟の違いははっきりとはわかっていません。
実際に経験したことのある看護師さんのお言葉を聞きたいです。
参考にさせていただきたいので、どうぞよろしくお願いします。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. ikariya_78 2020/09/25 17:19

    私も、成人と小児の混合病棟で働いていた経験があります。
    単科の小児科病棟では、小児科に特化しているため、小児科のことだけをどっぷり学び、専門的なことも目にしたり学ぶ機会が多いということが最大のメリットだと思います。
    混合でももちろん小児科のことはたくさん学べます。
    他の方も書いてくれているように、混合の場合には小児科専門ではないので、扱う疾患が限られることがあることや成人も看護しなくてはいけないので切り替えながら看護をしなくてはいけないことなどが大変な点だと思います。
    ご自分の働いている今の病院に小児科が混合でもあるなら、まずはそこの小児科病棟で経験を積んでから、専門的なことを学びに外へ出ることもいいと思いますよ。
    転職すると、まず職場に慣れなくてはいけない大変さも加わって、新しい小児分野のことを学ぶのもさらに大変になると思うので、焦らなくてもいいのかなぁと思います。

  2. hutaku 2020/09/22 16:59

    私は成人急性期と小児科の混合病棟で主任として働いています。
    単科の小児科での経験はないので、混合の小児科病棟に限ってのお話になってしまうのですが…。

    まず、混合の小児科病棟でも小児科看護は学べます。意欲次第です。
    そこの混合病棟で、どのような疾患の小児患児を受け入れているかでも学べる範囲や分野というのは多少変わってきますが、特にこだわりがないのであれば小児看護を学ぶことは可能ですね。
    技術も、採血やルート確保などは必ず病棟であればする機会があるので技術の習得も十分可能です。
    ただ、混合病棟での難しさは、小児科だけをみる看護師ときっちり分けてくれていればよいのですが、分かれていない場合、もしくはチームで成人のみを受け持つチーム、小児と成人を受け持つチームというようになっている場合には、小児患児だけではなく、日によって成人も受け持つ日があったり、大変な時には成人と小児を同時に受け持つ場合があることです。
    小児と成人では、観察の仕方や視点も違ったりするので、自分の中でうまく切り替えながら対応しなければいけないのが混合病棟の難しさだと思います。

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する