看護師の夜勤アルバイトで事故が発生。これって私のせいなの?15view

今、結婚資金を貯めるため、必死で夜勤アルバイトを頑張っているところです。病棟夜勤のバイトは初めてで戸惑うことも多かったのですが、2ヶ月程経過してからは随分仕事にも慣れて、そこそここなせるところまでは来れたと思います。でも問題はそのあと…。
仕事をしっかりと覚えるまではメンバーたちのフォローが手厚かったのですが、仕事を覚えた途端、バイトではなくメンバーの1人くらいの仕事量を求められるようになりました。昼間の状況もわからないような重症患者まで受け持たされたり、緊急入院の対応までさせられたり。(初めの約束では、フリー業務担当のはずだったのに)
それでも、みんなからメンバーとして認められて、仕事を任せてもらえているといううれしさの方が大きくて、これまで頑張ってきました。
でも先日、認知症で意思疎通が図れない、関節拘縮が酷い患者さんの上腕が骨折していたことを、私のせいにされました。私が夜勤に入った後の日勤で骨折が分かったようです。その患者さんは寝返りも打てないし、ベッド上で全介助です。だから私が関わる前から既に骨折していた可能性も十分あります。師長は私にだけ「どうして1人で体向したの?」と、キツイ口調で聞いてきました。私以外のスタッフだって忙しすぎて、その患者さんの体向ぐらいで(体重がものすごく軽いやせ形の女性)いちいち応援を頼んだりしていません。それを言うのなら、バイトの私に重症や緊急の対応をさせてきたスタッフたちにも問題があると思います。悔しくて仕方ありません。初めの契約であと2ヶ月は仕事を辞めることはできなさそうですが、ハッキリ言ってやる気がなくなりました。すぐにでも辞めたいです。皆さんならこんな場合、どうしますか?

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. hatagami_9n 2020/09/24 2:29

    夜勤バイトって、辛い立場ですよね~。うちの病棟にも派遣さんと直接雇用のパートさんがいますが、正社員に混ざって業務をすることはいろんな面で難しいようです。
    特に事故に巻き込まれた時、管理者は絶対に正社員を守って非常勤の人を守ってくれません。非常勤の方からすれば酷い話に聞こえるかも知れませんが、やはり正社員はそれなりの犠牲を払って働いているので、身分が保障されているということです。
    バイトは気軽に出来るように見えますが、その分何かあった時に自分を守るものがないので、本当の意味で楽とは言えないような気もします。

    あと契約期間についてですが、師長さんと話をしっかりすれば退職は出来ると思いますよ。だって、向こうだってはじめの契約内容(フリー業務担当)を無視した業務を担当させたんですよね?私だったらそれを全面的に押し出して、ごり押しでやめちゃいます(笑)

  2. doukosi 2020/09/21 16:57

    お疲れ様です。
    私も派遣看護師として仕事をしているので、勤務先での事故の話をとても人ごととは聞き流せずに、思わずレスしました。

    質問者様は、病院の直接契約の夜勤バイトなんですよね?やはりそうなると、いざという時に正社員のスタッフと差を付けられるのは仕方がないかもしれません。どうしても「正社員が上で、派遣が下」という図式になってしまうので…。

    そうなることを恐れて、私はパートではなく派遣をしています。全員がパートさんという職場ならパートでもいいけれど、正社員の中に混ざっていく時にはあまりにも無防備ですから。しかも夜勤となると、本当に何があるかわかりませんよ。勝手にインシデントを自分になすりつけられたら最悪です。

    私も事故に巻き込まれそうになった事がありますが、そういう時はすぐさま派遣会社のスタッフに相談するようにしていますよ。自分から直接言うよりも、「派遣会社のスタッフとして」という形で行った方が何かとスムーズなことも多々あります。

    今の職場を辞めることが出来たら、今度は是非、派遣看護師をお試しください。

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する