脳神経外科の門前薬局の求人について10view

転職希望の36歳、男性薬剤師です。

やりがいを求めて、脳神経外科の門前を希望しています。

まだ希望に合った求人は見つかっていません。

脳神経外科の求人が見つかったら、どんな点に注意したらよいですか?

待遇だけにとらわれると失敗しそうなので、注意してよく見ると良い点などについてご教示ください。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 薬剤師転職の最大手!悩み解決はお任せ!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. mitaki 2020/09/22 17:55

    脳神経外科は脳や脊椎、末梢神経などを含めた神経系疾患を外科的に治療する診療科です。神経内科と重複する疾患も多いのですが、神経内科が主に医薬品を用いて治療を行うのに対して、脳神経外科は主に手術や処置によって治療を行います。とはいえ、脳神経外科が薬を全く使わないということはなく、外科的治療に加えて内科的な治療も行うと認識しておいた方が良いかもしれません。対象となる疾患としては、くも膜下出血や脳内出血などの脳卒中、脳腫瘍、脳動脈瘤、頭部外傷、硬膜下血腫、水頭症などが挙げられます。開頭や穿頭などで患部を取り除いたり、クリッピングなどにより止血したり、髄液のシャント造設など、いずれも手術を基本としている疾患です。
    最近は、脳神経外科において脳卒中の血管内治療を専門とする医師が増えてきました。これは脳梗塞を発症した患者さんの血栓をカテーテルを用いて吸引または溶解して除去する新しい手法です。t-PA治療と並んで脳梗塞の主な治療方法となりつつあります。

    脳神経外科は総合病院内の一診療科として存在することが多いです。外科的な処置が必要な脳脊椎疾患のほとんどは、入院下で治療を行う必要があるためです。また、神経内科やリハビリテーション科、併設されることが多くなります。これらの診療科との棲み分けとしては、診断と内科的な治療は神経内科が、手術と処置は脳神経外科が、治療後のリハビリはリハビリテーション科が行います。
    脳神経外科の特徴的な診療の一つに「もの忘れ外来」があります。いわゆる認知症を診る外来ですが、普通は精神科や神経内科が行いそうなイメージがあります。認知症の種類としてアルツハイマー型認知症やレビー小体病、前頭側頭型認知症などがメジャーですが、中には正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫により認知機能低下を来していることがあります。この場合、脳神経外科医が行う外科的処置をできるだけ早く実施することで、認知症の症状が軽減する可能性があります。脳神経外科医がもの忘れ外来を行うのはこのような理由があります。もちろんですが、アルツハイマー型認知症などの一般的な認知症と診断された場合は投薬治療まで脳神経外科が行います。

    脳神経外科は頭部外傷や脳卒中などを診るため、2次以上の救急指定となっていることが多いです。そのため24時間体制で急患を受け入れる体制となっています。規模の大きい病院では、病院薬剤師も24時間体制となっておりt-PAの禁忌確認などの投薬時のダブルチェックや注射調剤、持参薬確認を行っています。
    脳神経外科医が使いこなす医薬品の種類は外科の中では多いですが、内科系と比べるとやや少なめです。脳梗塞再発予防のための抗血小板薬や抗凝固薬、抗てんかん薬、抗パーキンソン病薬など神経内科と重複する領域のお薬が多いのですが、難渋する内科的治療は神経内科に依頼する傾向があるためです。患者一人当たりに処方する内服薬の数も神経内科と比べるとやや少ないと言われています。しかし、脳卒中の2次予防としての生活習慣病の治療まで担当することも多いので、処方数は一般内科と大差はないと言えるでしょう。

    脳神経外科の門前薬局においては、多くが神経内科と併設のためたくさんの内服薬が処方されます。抗血小板薬や抗凝固薬、生活習慣病の治療薬はその多くが高薬価なので、薬科差益により収益を上げやすいと言えます。また、もの忘れ外来を行っている場合は、認知症治療薬も利益が出やすいお薬であり、長期処方される傾向にあります。もの忘れ外来の処方箋応需は収益の柱となる可能性が高いです。脳神経外科の処方箋は薬剤師1人につき1日当たり30~45枚が妥当であると言えます。

 

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 薬剤師転職人気No.1を継続中!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!薬キャリと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する