ノリタケカンパニーリミテドの人間関係がつらくて辞めたい20view

20代後半でノリタケカンパニーリミテドに中途採用されて、パートから正社員になりました。主な業務は自動車部品に使用する研磨材の製造で、私は中間管理職になり製造管理を任されています。
製造業は納期が絶対なので、間に合わなければ残業や休日出勤は当たり前です。プライベートが充実しないことはまだしも、人員配置と上司と部下の関係に苦労しており、辞めたい気持ちが増幅中です。
現在40代前半ということもあり、辞めたいなら早めの決断が必要かと思い、意見をお聞きしたいです。

株式会社ノリタケカンパニーリミテドに入社して、一般の製造作業員として勤務していた頃は、肉体的な疲労はありましたが心地よく充実した毎日を送っていました。仕事内容が評価されひとつの部門を任せられたのは嬉しかったですが、それによって精神的負担は増大しました。
管理する立場になると肉体的な労働は少なくなりましたが、納期管理など事務系の仕事が増えました。客先との調整にはそれほど苦労しませんでしたが、社内での人間関係で精神的には疲れる日々で、常々辞めたいと思ってしまいます。
30名弱の部下は忠実に仕事をこなしてくれ、私にとっては頼もしい存在です。時には仕事量のことで意見の食い違いが生じることもありますが、許容範囲で収まり納期に影響を与えるものではありませんでした。休日出勤に関しては出勤したい者としたくない者がいたので、調整には苦労しました。最終的には私の判断に従ってくれますが、相手の本心を察すると心苦しいものがありました。

部下だけならば良かったのですが、中間管理職になると上司との兼ね合いが出てきます。会社の利益を考えれば限られた時間でできるだけ多くの作業をこなすのが当然ですが、実際に作業する人間にとっては体力的な限界もあります。上司は仕事の効率化を机上の計算で割り出して仕事量を増やすことを考えますが、そのやり方では実際の作業を体感している部下から苦情が出ることは自然です。
私の立場からすると、部下の意見を伝えつつ会社としての方針を守らせることが大切です。上司の出した仕事量を部下に頭ごなしに与えても、反感を買ってしまい仕事がはかどらなくなる危険があります。部下の意見を上司にあまりに強く主張しすぎても、会社組織としての機能を失ってしまいます。
現場から育った私としては、末端の作業員が動かなければ仕事は成り立たないという考え方でした。そのためには部下をモチベーションを保つことが最優先なので、どちらかというと部下よりの立場で上司にも接しました。
しかし、利益中心の事務系の上司は私の考え方に強く反発して、納期の短縮と仕事量の増加に力を注ぎました。時には私の対応が甘すぎるといった指摘も受け、精神的に追い詰められ内面は孤独になっていきました。仕事に対して嫌気が差したわけではありませんでしたが、そのような人間関係に疲れ果ててしまいました。しだいに仕事に対する情熱も薄れてきて、辞めたい気持ちを抱えながら何となく出勤する日々が続き日常生活でも覇気がなくなってきました。
このままノリタケカンパニーリミテドに在籍していても良いことはないという考え方になってしまい、辞めたいと思っています。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. hutonagane_490 2020/02/06 19:01

    中間管理職ならではの悩みにハマっているようですね。自分も同じ状況におかれて辞めたいと思い悩みましたので、お気持ちお察しします。
    自分としては退職以外に方法がないと思って追い込まれていましたが、悩んでいる時点で信頼できる同僚に相談することで多少状況が改善しました。立場があったからか変なプライドが働いてしまい、一人で考え込んで辞めたい、辞めるしかないという早計な結論に達してしまっていましたが、相談して良かったと思っています。
    私も質問者様と同様、仕事では上司と部下の板ばさみ状態になり、自分の判断で部下寄りの立場を取りました。しかし、うまく立ち回ることでどちらとも良好な関係を築き、物事を丸く収めることも大切な仕事だったと感じます。自分の考え方と異なる上司を敵対視してしまうよりも、板ばさみで悩んでいることを相談するべきです。
    人間関係は仕事の場面だけでなく日常生活でも大切で難しいものですが、この教訓をもとに人間関係への取り組み方を考えさせられました。人間関係において相手を変えることは難しいですが、自分が変わっていくことで相手を変えられる可能性はあります。
    結局私はこのあと別のことが原因で転職しました。現在は障害福祉の分野で人と直接触れ合う仕事をしており、人との関わり方を仕事を通して学ばせてもらっています。給料は格段に低くなりましたが、とてもやりがいのある仕事で心が温まります。仕事をするうえで給料面は大切な要素ですが、長く仕事を続けるには自分に見合った職種選びも大切だと感じています。
    私からできるアドバイスとしては、信頼できる人に現状を相談すること。自分が変わることを前提に、人間関係を見つめ直してみること。仕事・職種が本当に自分に合っているのかを今一度考えてみること。それでも辞めたい気持ちが収まらなければ、転職という選択肢もいいと思います。私は40代で全くの異業種に転職しましたが、問題なくやれていますよ。

ページ上部へ移動する