メイテックを辞めたい。派遣営業に嫌気がさしています。383view

20代半ばで中途採用の総合職で株式会社メイテックに採用され入社しました。入社後は既存企業10社程を担当していますが、派遣営業で日々トラブル対応に追われ、今後のスキルアップが望めないため、辞めたい気持ちが増しています。
派遣会社の営業は初めての経験で日々新しいことを学ぶことができてとても楽しかったです。メイテックは人材派遣会社の中でもかなり大手企業ですので福利厚生も充実していたので金銭面的には非常に満足していました。しかし3年目に入るころから仕事内容がルーティン化してしまい新しいチャレンジができない、経験が積めないと感じるようになってしまい、メイテックを辞めたいと思うことが増え、転職を考えるようになりました。いい意味でも悪い意味でも大手企業ですので新しいことにチャレンジがしにくく、若い時代からもっといろいろな経験が積みたかった自分としてはギャップが生まれるようになってしまいました。
また、メイテックに限りませんが派遣営業という仕事柄トラブル対応が非常に多く、紹介した人が使えないだとか、仕事にこなかったとか自分のことでもないに謝罪して回ることに違和感を感じるようになったのも辞めたいと思う原因のひとつです。仕事のルーティンとして人を紹介する、トラブルが起きる、謝罪する、新しい人材を紹介するというようなことが延々続き、今後も役職が上がれどやることは変わりませんので仕事がつまらなくなってきてしまいました。
また営業数字にも追われていますが、派遣会社の利益は人材を使ってもらわないと収益化できません。なのでどのようなことが起きるかというと、使えない人材といわれてしまった派遣社員を先方の担当者を上手く説得して引き続き使ってもらうということが往々にして起きています。心境としては使えない、その職場に合わない方がいれば早々に撤退させたいところでしたが上司からの数字に対する叱責やノルマのこともありましたので、自分の気持ちに蓋をして担当者の説得を行っています。誰も得しないこの営業は会社にとっては利益になりますが、どうしても自分の中で整理ができず辞めたい気持ちが大きくなっています。

派遣会社にやってくる人材も正直優秀な人材が少ないです。メイテックでは技術者派遣を行っており、自社で正社員雇用した方を企業に派遣します。他社に比べても給与水準が高く、優秀な方がたくさん在籍している一方で、ほぼ未経験のような人材を多く採用しており、派遣先で苦情となることが多いです。全員ではないですがやはり派遣形態で働く方というのは少し変わった方が多く(偏見かもしれません)、私が担当していた方の中にはまともに出勤できない方も数名いらっしゃいます。そういった人材のトラブルもすべて私の責任になるので嫌気がさしてしまい、辞めたいと思っています。
これは派遣営業であれば仕方のないことだと思いますが、私がただスランプに陥っているだけでしょうか。
メイテック以外の派遣会社に行けば状況は変わるでしょうか。
それともこんなにも辞めたいという気持ちが膨らんでしまった以上、腹をくくって他の業界にいくべきでしょうか。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. kusati 2020/02/06 0:32

    新卒から人材派遣業に従事しています。業界歴がそこそこあるのでメイテックの内情もなんとなくは知っています。
    仕事であればどこで何をしようが必ず責任が生じます。また嫌なこともしなければいけません。いくら自分が起こした問題ではない、なんで赤の他人が起こしたトラブルの火消しを自分がしなければいけないのか、なんで自分が怒られなければいけないのかと自問自答することはあるかもしれません。辞めたいと思うことももちろんあるでしょう。
    しかし、人材派遣会社としてその人材を紹介したのはまぎれもないあなたです。企業の担当者様はあなたの言うことを信用してその人材を受け入れているのですから、元をたどれば問題の根源はあなたなのです。
    もし問題を大きくしたくなかったのであれば営業時にできたことがたくさんあったはずです。例えば自社の説明をしっかり行い、「技術者ですが経験がまだ浅く、戦力になるにはこれくらいの期間が必要になります」や、「この方は前職で体調不良が続き仕事をときおり休むことはありますが、非常にまじめな人材で長期的な目線で見ていただければ活躍していける人材です」等、言いようはいくらでもあったのではないでしょうか。そのことを頭に入れて働いていかないと、どこにいっても同じようなことで辞めたいと愚痴りどこにいっても仕事ができない人材になってしまいますよ。
    文句ばっかりいってないで、自分ができることを見直して今できることをしっかりやってください。

ページ上部へ移動する