日本ビューホテル2年目、体がつらくて辞めたい。24view

高卒で日本ビューホテルに就職しました。今2年目で、ホテル内の宴会場でのドリンク、フードサービス・お客様ご希望の宴会場セッティングを担当しています。
入社前に聞いていたのと話が色々違って、入社の時点で不満がありました。でも1年我慢すれば慣れてくるかと思いましたが、2年目になって求められる技量が増えて、変形時間労働制のため1日の労働時間の多さに肉体が耐えられなくなっています。この会社を選んだのを本当に後悔していて、毎日辞めたいと思っています。

元々ホテル業界を志望したのは、高校生の時、イタリアやフランスの教会など、アンティークな建物が好きで、ドレスなども好きで華やかな結婚式は素敵だなぁと思い、そのような宴会場などで働いてみたく思い希望をしました。
接客にはそんなに嫌な思いはなく、高校の進路担当の先生には普通の飲食店・スーパーなどでも良いのではないかと言われたりもしましたが私はホテルでの接客を希望しました。

求人票には試験内容や仕事内容がわかりやすく書かれていますよね。試験内容の欄に書かれていた教科は「国語・数学・適性検査」でした。私は高校生活の中で国語と数学を重点的に勉強して合格するように努力していました。
でも、試験当日に実際に行われた教科は数学ではなく英語だったのです。私の学校に届いていた求人票と、実際の試験内容が違っていたのです。筆記試験が終わり、面接の順番が来るのを待っている時に他の受験者と話しましたが、他の学校に届いた求人票も私の学校に届いたものと同じで、求人票に書いてある教科が違ったのです。
結局試験には合格をし、何人もいる同期は私と同じ宴会課ではなくホテル内にあるレストランでの勤務でした。宴会場で行われる宴会は、お客様による同窓会・慰労会・セレモニーや授賞式なども行われます。私はアルバイトで接客の経験はありましたが、この企業に入るまで宴会内でのサービス経験はなく、スパークリングワインを注いだこともなかったのです。

勤務初日の勤務時間は10時~20時でした。1日の労働時間は8時間ではなかったのかと思いながらも、変形時間労働制を採用していた企業だったので、1週間のうちのどこかの日付で短い勤務の日があるのだろうと考えていました。実際は1週間のうちに短い勤務の日はなく、長い日には16時間勤務の日がありました。
土曜日・日曜日になるとお昼から結婚式の披露宴があることが多いのですが、その日は必ずと言っていいほど9時から22時までの勤務が多くなります。
ホテルでの宴会場での勤務は見ての通り立ち仕事です。12時間ほどずっと立ちっぱなしなのです。シフト上は12時間勤務の日、その時間にプラスして残業時間が入ります。宴会が終わった後の食事をした食器や銀食器を片付け・次の日にその宴会場で行われる宴会のセッティング・テーブルセットもしてから帰らなくてはならないのですが、その作業は早くて1時間半ほどかかります。作業を終えてから一度事務所に戻り残業の申請をしたりして、ロッカーに戻り着替えて退勤します。次の日も朝が早く家に帰るのもお風呂に入って寝るだけ、という状況の毎日が嫌です。本当に辞めたいです。
でも、ホテル業界への憧れを捨てきれない自分もいます。日本ビューホテルが特別なんでしょうか?それともどこのホテルも似たような状態ですか?ホテル業界自体を辞めたいのか、日本ビューホテルを辞めたいだけなのか、気持ちの整理がつきません。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. sumiya 2019/07/10 21:16

    ホテルキツイですよねー。お察しします。私も以前は割と大きなホテルのレストランで働いていて、毎日毎日立ち仕事で耐えられなくて、いつも辞めたいと思っていて、愚痴も聞いてくれる仲の良かった先輩に色々アドバイスを請うていました。まあ結局先輩も私もそのホテルは辞めてしまったんですけど…。
    でも私は、一度違う仕事に転職して、ホテル業界に戻ってきました。ビジネスホテルのフロントです。立ちっぱなしだし、勤務時間は長いですが、以前よりも体は楽だし、割と楽しく仕事ができていますよ。担当部署を変えたり、別のホテルに行くことで環境が変わって、ホテル業界自体は続けていける可能性はあると思います。

    日本ビューホテルの内情は詳しく存じ上げませんが、恐らく質問者さんは宴会場のスタッフさんが「楽しそう、綺麗」という第一印象だけで入社してしまったために、バックヤードでは慌ただしくしていることは想像していなかったのかなあと思います。

    最近は、インターネットで調べたりすればこの職種のつらいところ・楽しいところなどいろいろと出てきますよね。もし質問者さんが他のホテルに転職を考えているなら、入社を考えているホテルのサイトと評判が書いてあるサイトを見比べたりして入社を考えてみたら、入社後の自分がどのような感じになっているのか考えられると思います。
    宴会場に憧れている、という純粋な気持ちだけで入ることも私は重要だと思いますが、綺麗な部分だけではなく少しつらい部分も把握してみると少し気持ちが楽になる気がします。綺麗な部分だけ見ていると、マイナスを知ったときのショックとギャップが大きくて、余計に辞めたいという気持ちが強くなる気がします。
    例えば転職を考えているホテルがあるなら、そのホテルのレストランなどを利用してみるのも良いと思います。実際のサービスを受けてみて、自分がこのようなサービスが自分できるかどうか検討するのも手だと思います。
    下調べをしっかりしてから、今のホテルに残るのか、転職するならホテルにするのか、それ以外にするのか、どんな職種を選ぶか…を考えてみるといいと思います。

  2. ytnameda 2019/07/08 12:55

    まだホテル業界2年目ですよね?求められる技量が増えた、と仰っていますが、投稿を読む限りさほど技量を求められているようにも思えません。
    ただし、日本ビューホテルに限らずホテル業界は立ちっぱなし・長時間労働で体がしんどいのは事実だと思います。僭越ながら幾つか現実的なアドバイスを。

    ・立ちっぱなしで足がつらいならば、靴を変えてみる。靴は支給されたものではなく私物ですよね。足に合った靴を履くだけで疲れはだいぶ変わります。

    ・帰宅が遅いのは分かりますが、毎日湯船につかる。翌日の体の疲れ具合が全然違います。

    ・お風呂上りは足を重点的にマッサージしてあげてください。疲れているでしょうから1分くらいでいいです。足のむくみがとれやすくなります。寝るときにメディキュットみたいなものを着用するのも効果アリです。

    ・枕を良いものに変える。睡眠の質が変わると疲れが取れやすくなります。

    まあ、まだ20歳でそんなに体がしんどくて辞めたいと思うのであれば、この先ホテル業界を続けていくのは難しいのかもしれませんが…もしまだホテル業界に未練があるなら、身近なことで体の疲れをとる工夫を実践してみください。少しは疲れが軽減された状態で朝を迎えられるのではないかなあと思いますよ。

ページ上部へ移動する