外国籍の婚約者も、薬剤師として活躍出来ますか?15view

私は現役薬剤師、婚約中の彼はロシア人です。
彼はロシアの薬学部を卒業後、母国で薬剤師として仕事をしていました。まだまだ幼稚園児レベルの日本語しか話せませんが、いずれは日本でも薬剤師として働きたいようです。
正直知識レベルと語学力は私より優れていると思います。ロシア語、ウクライナ語、英語、フランス語に堪能です。

このケースの場合、すぐに日本で働けるのでしょうか?もし薬剤師として認められないようであれば、どんな仕事を探せばいいのでしょうか?

ちなみに彼の職歴は調剤薬局2年、製薬会社での営業5年程です。よろしくお願いします。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 薬剤師転職の最大手!悩み解決はお任せ!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. akebi_43 2019/11/05 18:08

    アメリカ、カナダの北米の大学院卒の薬剤師さんは審査後、国家試験受験資格を貰ったことがあるみたいだよ。まあ北米の薬学部教育はある意味日本以上に充実しているからね。
    反対に南米や中国、ロシア、東欧は、同じ国内でも各大学間でレベルの差も大きく、大学の規模が日本に比べると小さく設備が不十分と判断される場合も多いみたいだよ。

    相談者さんの旦那さんがどの程度のレベルの大学を卒業したかにもよるけど、モスクワ、サンクトペテルブルグ辺りの薬学部卒できちんとした職歴があるのなら、可能性としてはあると思うよ。
    でも実際は日本語の壁に苛まれて、国家試験に落ち続けた中国人やフィリピン人もいる訳だし、国試合格までは長い道のりになるんじゃないかなあ。

    例えば外国薬学部卒で日本の薬剤師資格が無い人は、自分で化粧品やハーブのお店を開いたり、講師として教鞭を取っている人、それから製薬会社に拾って貰っている人が多いね。私の知り合いの知り合いの日本人、どこだかの外国の薬学部をかなり以前に卒業して、日本でカイロの先生をしている人がいるよ。

    日本人でもなかなか苦労することだから、日本語が不十分な外国人にとっては壁が高いんじゃないかなあ。あまり日本における薬剤師資格に固執してしまうと、日本語の勉強、国家試験の勉強に大部分の時間を取られる訳だから、仕事探し所じゃないと思うよ。

    外国人で語学も堪能、そして薬学知識に豊富と言うメリットを活かして(例え日本の薬剤師資格が無いとしても)、講師や製薬会社、翻訳会社への転職を目指したほうが私はいいんじゃないかと思うけどね。

    しばらくは相談者さんが家計も支えないといけないと思うけど、しっかりサポートしてあげてね!

  2. katuraku3722 2019/11/03 0:02

    婚約者さんが日本の文化や言葉に適応するのも、時間が掛かりますし、国家試験も日本語ですからね・・・非漢字圏の人が日本語を完璧にマスターするのは、本当に大変なことだと思いますよ。
    一般にロシア人は語学の学習においては秀でているようですが、それでも数年単位での準備が必要になってきますよね。各国の薬学部修業年限もアメリカのような大学院過程の4年制から学部過程で5年、6年などバラバラです。ロシアの場合は確か学部過程5年の修業年限だったと思うので、日本と比べると1年程短い訳です。
    ロシア国の薬剤師免許があったとしても、日本では個別に厚労省の判断を仰ぐ必要があるので、まずは母国の大学の書類集めが必須です。医師、歯科医師国家試験とは違い、申請者の卒業大学のカリキュラム、規模が日本と同等とは認定されない場合の暫定的な予備試験は用意されておらず、国家試験受験資格が有るか否かになります。しかし4年制の薬学部を卒業している場合等でも、実習期間を考慮される場合もあります。
    各国における薬学部はそれぞれが独自のカリキュラムを持っている為はっきりとしたことは言えませんが、教員数や教授、助教授の人数から、授業時間数まではっきりとした数字の提示を求められます。4年制の場合は総授業時間数で3720時間以上、専門科目は2760時間以上で一貫教育を受け、成績は良好でなければならないと記載されています。つまり外国の大学で一般的な専門学部間における留年や放校処分回避の為の他大学編入をした場合は、この条件を満たしていないことになります。そして留年をしてしまった場合も、不利になることが予想されます。
    最近では医師不足から外国医学部卒の日本人における、国家試験受験資格認定の緩やかな緩和姿勢が見受けられますが、これは医師不足から起因しているものだと思われます。薬剤師は反対に日本国内においても、氾濫気味になっている為、かなり厳格な調査が待ち受けているでしょうね。日本の中高等学校を卒業していない外国人は、日本語能力試験1級を突破していないと書類審査すら受けられないので、前途多難だと思いますよ。まずは婚約者さんの日本語能力を高めることから始めましょう。

 

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 薬剤師転職人気No.1を継続中!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!薬キャリと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する