新人看護師です。麻酔科の看護師の仕事内容とは??8view

1年目の新人看護師です、現在は耳鼻科外来に勤務しています。
耳鼻科の外来の患者さんでも、ときどき外来手術が必要になることがあります。耳たぶの粉瘤とかですね。
日帰りでできるんですけれども、そういう人を手術室へ送り迎えするのも外来看護師の仕事なんですが、手術室にもちろん看護師がいますよね?
あの看護師は、オペ室のナースなんですか?それとも麻酔科のナース?
オペ室の看護師のことは、実習でも習ったのである程度知っていますが、麻酔科のナースだとしたら、オペ室はオペ室の看護師と麻酔科の看護師でごった返しているってことですか?
もし、そうだとしたら麻酔科の看護師は、麻酔科医が働かない時、どうやって過ごしているんですか?
そもそもの麻酔科の看護師の仕事内容が知りたいです。
こういうこと、なんだか恥ずかしくて誰にも聞けないので、教えてください。
よろしくお願いします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. utiage 2019/08/19 19:09

    麻酔科の看護師の仕事内容については、他の方が丁寧にご説明いただいているので、私はちょっと余談的なお話を。

    海外では、麻酔看護師が独立して働いているのだそうです。
    例えば、アメリカでは救急や集中治療室勤務をしたあと、大学院で麻酔看護師の過程を3年通って修了すると、麻酔看護師を名乗って働くことができるようになるということです。
    これと似たような教育を、我が国でも聖路加看護大学大学院がはじめています。
    今後、麻酔科の看護師として活躍したい人が学ぶ場が増えていくというのは、とても素晴らしいことですね。

  2. totiya 2019/08/16 14:05

    こういうフレッシュなご質問は、とても元気をもらえますし、なんだか癒やされます。

    ご質問についてですが、まず手術室にいる看護師は、全員オペ室勤務の看護師になります。オペ室の中が、看護師でごった返すことはありませんのでご安心くださいね。
    オペ室では、麻酔科医がオペを行う診療科の医師と連携しつつ、麻酔の管理は1人でしていることがほとんどです。
    だから、手術室には通常、麻酔科の看護師はいません。
    強いて言えば、麻酔科医のサポートを行うのはオペ室の外回りの看護師ですね。
    麻酔科の看護師がいるのは、麻酔科のクリニックになるでしょう。
    このところ、街中で「ペインクリニック」だとか「痛みの外来」という文言を多く見かけるようになりましたよね。あのような場所に、麻酔科の看護師が勤務しています。
    「ペインクリニック」も「痛みの外来」も意味は同じで、痛みに悩まされている人の症状を麻酔薬を使って取り除くものです。
    痛みは症状ですから、そこには必ず原因疾患があるわけです。
    中には、原因疾患が不明なこともありますが、その様々な疾患に伴う痛みが、どれだけ辛いかということを看護師は理解していないといけません。
    あとは、顔面神経麻痺に対して星状神経節ブロックなどを行っていますね。
    この際は、看護師は合併症などをしっかり理解して、もし患者さんが急変した場合に備えている必要があります。
    こんなところでしょうか。

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する