麻酔科のクリニックでの看護師の仕事内容とは?10view

現在38歳の看護師です。自宅近くのクリニックの募集を探していた所、麻酔科のクリニックの募集がありました。クリニックでも病床数は少ないのですが入院患者もいるようで夜勤業務もあるようです。麻酔科のクリニックでの看護師の仕事はどのようなものがありますか?

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. turumaru_v 2019/08/18 18:14

    私は看護師ですが麻酔科勤務の経験はないんですけど、一度腰のヘルニアで入院してブロック療法をした事があります。痛みが引かない人は内視鏡でのヘルニアを取る手術を受けてましたよ。全身麻酔ではなく腰椎ブロックで1時間くらいで終わるから、落ち着いたら次の日から歩けるし、早い人では3日で退院するみたいです。なので手術後の患者さんを見ないとならない病院もあるかもね。ただ、麻酔科でもそういう病院は特殊でしょうけど。
    私が入院していた病院もMRI完備していてリハビリ施設もあるから、スタッフは結構いましたよ。手術と言っても内視鏡だから、そんなに準備する物もないし、後片付けも楽だから、外来の看護師さんが準備から介助、後片付けまでをするみたいでしたけどね。夜勤は看護師さん一人体制でそこはやってましたよ。

  2. sotobayasi 2019/08/13 12:06

    一度ぎっくり腰をやった時に麻酔科にかかったことがあるけど、ブロックでの治療は必要ないと言われて、電気と針治療に数回通ったけど、看護師さんはただ診察の介助くらいで採血もそんなになさそうだし楽そうだったよ。
    ただ、難病による足腰の神経痛で点滴をしている人はいたから点滴はしているようだけどね。
    そこの病院も病床数が少なくて多い時でも10人くらいしか入院患者はいないから夜勤は楽だと看護師さんは言ってたよ。

  3. nomizo 2019/08/10 23:58

    麻酔科も整形外科と同じようにレントゲン写真やMRIを完備している所もあり、整形で腰や首の痛みで痛みどめを内服しても痛みが落ち着かない患者さんや偏頭痛で痛みが断続的に続いている患者さん、リウマチによる関節痛や肩の痛みで来院する患者さんが多いですよ。
    椎間板ヘルニアで神経痛が落ち着かない患者さんは週に数回来てブロック治療や針治療を行うので、その介助や診察の介助がほとんどの看護師の仕事になります。
    麻酔科の先生の他にリハビリもあるのでリハビリへの案内もします。
    ヘルニアの患者さんは入院で継続してブロック療法を行う患者さんもいますが、ほとんどは一時的な痛みなので回復して帰りますが、痛みや神経症状が落ち着かない患者さんは早めに病院を転院して手術を受けます。
    後はぎっくり腰の患者さんや圧迫骨折で痛みがひどい患者さんがブロック治療を受けながら安静にするために入院する事はありますが、それほど大変なことはない仕事だと思います。

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する