麻酔科看護師?オペ室看護師?に興味があります16view

看護学生です。
転職のことではないのですが、進路のことでちょっと疑問に思ったことがあるので質問させてください。

先日、ちょっとした手術を受けたんですが、麻酔科の看護師さんってどういう役割があるんですか?麻酔がきいてからその先はわからなかったので。
麻酔を導入するまでは、麻酔科の医師の補佐みたいなことをしてましたがそのあとって何をしてるんですか?
そもそも、この看護師さんたちは麻酔科ではなくて手術室の方なんでしょうか??

進路として興味を持っているので、仕事内容などを詳しく教えてほしいです。
よろしくお願いします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. ideriha 2019/08/07 12:31

    友人が麻酔科外来に勤務しています。役割は沢山ありますが内容は一般的な外来看護とともに、ペインコントロール目的の患者さんが多いですね。皮下の埋め込み術で麻薬を持続注入している患者さんや、硬膜外ブロックや、星状神経ブロックの患者さんの介助とか麻薬の管理とか。使う薬剤が麻薬が多いのでとにかく事故には十分配慮が必要みたいですよ。

  2. dukitahuzi 2019/08/06 14:56

    応援したくなる意欲の文章で、なんだか同業者としてはうれしいです。
    麻酔科看護師の役割というよりは、麻酔看護でのカテゴリーでの勉強になってくるんですよね。
    進路としては、オペ室看護を選択する方法が一つです。でも、いろんな参考となるサイトをみていると、オペ室に興味があってオペが好きになってこないとなかなか麻酔看護に結びつかないことも多々あります。
    オペ室では麻酔科ドクターの女房役です。麻酔のことをかなり学習しないといけません。でも、私のこの文章だけを見ていると相当なる勉強をしてきたかのように見えるかもしれませんが、実際は経験が学習につながったってことです(笑)。結構怠けたこともありますし、仲良しの麻酔科医と年齢が近いこともあって飲んだりしてその中で勉強を教えて貰ったりとして麻酔看護が楽しくなってきたんですよね。ただ、教科書の内容だけにかじりついていても実際の麻酔科医とのコミニュケーションの技術がないと可愛がってもらえないし私も中には苦手な麻酔科医がいて何度も衝突したし・・・。(なんていうと興味が薄れたらどうしよう)

    でも本当に麻酔看護はやりがいもあります。楽しいと感じるまでには1年は勉強と思いあきらめて怒られている毎日もありました。

    あとはもう一つの選択はペインクリニックに勤務するという手段ですね。残念ながらこちらの田舎の僻地にはあまりペイン系統の開業医とか総合病院でもペインクリニックがないところもまだまだ多いのですが。
    中規模都市であれば、いたるところにあると思われます。こちらはかなりマニアックな印象があり私も勉強不足なんですが。。。
    麻酔科医の指導のもとにこちらも女房役みたいな部分も多いと思います。
    でも頑張って麻酔看護を極めてみて下さいね。

  3. nomizo 2019/08/04 16:54

    オペナースのことですね。
    多分他の回答されているかたもいますが麻酔の管理ができることですね。
    麻酔科の先生の人数に対してオペ件数は上回って回転してしているときは、実はオペ中は先生は2部屋掛け持ちして麻酔導入から覚醒をみていることも多く、その間に看護師がオペ中はモニターを見ていることも珍しくないんですね。
    まあ、ミスの観点から今は研修医でも置いておくことも増えましたがね。
    ですから、麻酔看護がとても重宝がられています。
    モニターがわかってないと、患者さんに何が起こっているかはわからないので、結構勉強しましたがわかると面白味あります。
    麻酔科の看護師という感じではなくオペ室ナースが麻酔看護をしているんですね。
    結構ややこしいですよね、(笑)たまに看護学生さんにも同じ質問されたりするんですよね。
    オペ室ナースって医者なのかなんなのかわかりにくいみたいで、もっとわかりやすくするのが課題かなって最近かんじていたところですので、こちらも非常に勉強になる質問でした。むしろありがたいです。

  4. nkkuratome 2019/08/03 12:29

    どちらかというと、麻酔科の看護師というよりもオペ室の看護師が麻酔看護をやっていたんだなってことだと思いますよ。
    その点の説明で良ければ回答させてもらいますね。少し違っていたらすみません。

    麻酔看護はオペにおいては重要な役割でして。麻酔の導入からオペ中の患者さんの管理から麻酔の覚醒まで全てを観察しています。
    術前には術前訪問を行ってますし(やってない病院も多いですが)手術が安全にかつ不安なく受けられるように援助している立場ですね。麻酔科の先生とのコンタクトもうまくないとなんですよね。
    これが意外とむずかしいところではあります。
    麻酔導入でも準備の段階で先生によっては導入薬が違ったり麻酔方法の選択が違うことがあるので確認しておきます。
    同じ全身麻酔でも、TIBA主流に使いたい先生と昔ながらの導入にこだわる先生もいるので。

    オペ中は患者さんの低体温を予防するためにウオーマーを回したり、モニターを見ておいたり、出血量のカウントをして必要時は輸血を取り寄せたり(大学病院ですと研修医もこんなことしていますね)あらゆるところを見ます。
    麻酔看護はわかると面白いです。
    覚醒時は一番事故が起こりやすいので患者さんから絶対にはなれませんし。

    是非麻酔看護のためにオペ室ナースを経験することはおすすめしたいですね。

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する