これが救急外来?理想と現実が違いすぎて、転職を考えています24view

救急外来で勤務して2年目になります。学生時代から緊急ケアに興味があって救急外来をずっと志望していました。新卒では難しいと言われていたのですが希望が通り、うれしくて救急看護の本も買いこんで意気込みも十分でした。

でも実際は自分の想像とかけ離れていて、医療よりもほかの事での問題ばかり発生します。例えば患者さんやご家族からの八つ当たりとか苦情を最初に受けるのが私たちの仕事です。私の失敗ならすぐに対処できますが、順番のこととか先生の判断について私たちではどうにもできないことばかりですが、理解してもらえません。
あとは酔っ払った患者さんが運ばれた時に若い患者さんでも酔って吐いたり失禁する世話をしていると、情けない気分になってきます。

また看護師の配置人数も実際の数と先生の理想では違って、その結果先生から「何でここに看護師がいないんだ!!」と怒鳴られます。これも私たちではどうしようもないのに、先生から怒鳴られてただただ謝るだけです。

これが救急外来なのでしょうか?先輩も似たような感じの環境で仕事をしています。もう転職を考えだしました。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. falorca_rr 2019/06/16 16:08

    救急外来を希望する看護師は多いかと思いますが、その中で求められる実際の仕事現場の実情を理解している人は多くはないと思います。たいていは質問者さんと同じようにイメージだけで職場を希望してきて、そこでイメージと実際のあまりのギャップに戸惑ったり仕事を続けていく自信をなくしたりする方がどこにでもいるかと思います。
    もう少し救急外来の仕事について把握をしたうえで、それから自分の進路を考えてもよいのではないでしょうか?

  2. nisimaru 2019/06/10 19:44

    救急センター勤務です。3時救急を扱うので、一般の救急外来とはまた違った医療サービスになるので比較はできないかと思いますが、自分なりの考えをお伝えします。

    救急外来は病院によっては2次救急でも軽度の患者しか受け入れない場合があります。受け入れ出来る患者の状態は、その施設によるからです。

    軽度の患者を受け入れる分、医療問題以外のことも対処しなければいけいのは必然的かと思います。ただ患者や家族からの苦情については、これはどこの救急看護でも同じことだと思います。家族は気が動転していて、その感情の矛先がいきやすいのが自分たち医療従事者です。なかには医師にくってかかっていく家族もいますが、まずは看護師に矛先がむくといってもいいでしょう。最もこれは病棟勤務になっても似たようなことだと思いますがね。

    結局一言で救急外来と言っても、その地域の特徴や施設の規模、また季節的なものでニーズは変わってきます。配置看護師の数などの件についてもしかりですが、臨機応変さが求められる職場でしょう。想像していた仕事とかけ離れていても、いかに臨機応変に対応できるかも重要なことです。

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する