Webデザイナーに向いている人とは?30view

Webデザイナーになるために勉強中の26歳です。
Webデザイナーになるには、デザインソフト等、様々なソフトが使えること・デザインのセンス・htmlなどサイト構築に関する知識など、スキル面で必要な事は多くあるのは理解しています。
その他に、性格面的な面や行動など内面に関して、どんな人がWebデザイナーに向いているのですか?
また、Webデザイナーになるための心構え的なものがあれば教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. nakaguti_nv 2018/11/11 11:48

    私は、WEBデザイナーとして勤務して5年になります。
    WEBデザイナーの適性について、色々な意見があると思いますが、私の経験上思ったことをお答え致します。

    まず「根気」は重要だと思います。WEBデザイナーは、ひとりで黙々とデザイン案を作成したり、延々とコーディングを進めなければならない職業です。またクライアントに修正を依頼されたら、今まで時間を掛けたデザインが初めからやり直しになることもあるかもしれません。そんな時でも途中で投げ出さず最後まで根気強く作業を進められる精神力が必要です。

    次に「集中力」がある人も向いていると思います。コーディングでは、スペルが一文字違っただけでWEBサイトは機能しなくなります。集中できない人はそういったミスをすることが多くなりますし、また簡単なミスをなかなか見つけることが出来ず、無駄に作業時間を要してしまうのです。

    人とのコミュニケーション力も必要です。WEBデザイナーの仕事は、パソコンに向かって黙々と作業をするだけと思われがちですが、実際は人と接する機会が多くあります。周りのスタッフとの連携がうまく取れなければスムーズな仕事はできません。打合せで多くのクライアントと接する機会も多いでしょう。そんな時は、クライアントの要望を上手くヒアリングし作業を進めなければなりません。WEBサイトに関する知識がないクライアントがほとんどですから、分かりやすい説明ができる話術も必要です。

    最後に「向上心」がある人です。WEB業界は、スキル面・システム・SEOなど様々な分野で日々進化をしています。新しいスマートフォンデバイスが登場したら、そのデバイス用にWEBサイトを最適化しなければなりませんし、過去に制作したWEBサイトを新しく推奨されるプログラムやシステムに変えなければいけない場合も発生します。そうした日々の進化について行けるよう、日々学習しようという向上心が必要です。

    他にも大切な事はたくさんあるかもしれませんが、要は「本人のやる気」が一番大切なのかもしれません。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「リクルート」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 年収アップに自信あり!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. 転職業界大手の「マイナビ」スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  4. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  5. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

ページ上部へ移動する