ゼネコンの現場監督をするメリットとデメリットについて395view

ゼネコンで現場監督の職に就いている方、メリットとデメリットについて教えてください。
また、女性の現場監督も徐々に増えていると聞きますが、女性が働きやすい環境ですか?男性社会ですか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. rabasco 2018/10/26 6:29

    【メリット】
    ゼネコンの現場監督の仕事をする大きなメリットは、まず第一に入社歴が浅くてもたくさんお給料が貰えることです。夢や希望のない現実的な話ですが、生活するためにはとても重要なことです。昨今ニュースでもよく取り上げられていますが、2020年の東京オリンピック、2030年のリニア新幹線開業に向けて、首都圏ではどこもかしこも工事が行われており、ゼネコン各社はたくさんの工事受注により人手が不足している状況です。そのため業績アップによって賞与等が増えていること、人手不足によりひとりひとりの残業が増え、残業代がたくさんつくことによって、経験の浅い若手社員でも月手取が40~50万なんてこともあります。
    第二のメリットは、たくさんの人が利用する建物やインフラをつくることにやりがいを感じられることです。私は入社から東京のとある大きなビルの新築工事の現場で働いています。主要駅の近くで、完成後はオフィスや店舗が入る予定です。大きな建物は作っておしまいではなく、完成したあとはその建物を利用する新しい人の流れができあがります。買い物に来る人、そこで働く人、観光に来る人…様々ですが、自分の手で作り上げたモノによってたくさんの人生のストーリーに少しでも関わることができる、そんなやりがいを感じることができるのが大きなメリットと言えるでしょう。
    そして、第三のメリットは女性だけのものになりますが、会社の人や業者の人、みんな女子にとっても優しいです。最近やっと女性のゼネコンマンも増えてきてはいますが、まだまだ男の世界!そんな男の世界で女がやっていけるのか?と思ってしまいそうですが、とんでもありません。「女子がいるだけで華やかだね」「君がいると明るい気持ちになるよ!」とチヤホヤされまくりです。むさ苦しい職場だからでしょうか…女子をとっても甘やかしてくれる人が多いです。普段コワモテな業者さんも、女の子の監督の言うことは素直に聞いてくれたりと、女子にとってはとても居心地の良い仕事かもしれません。

    【デメリット】
    大きなデメリットは、働く時間がとても長いことです。
    例えば私の1日を例に挙げてみます。
     6:00 起床、スッピンのまま10分後に家を出発
     7:00 出勤~仕事
    22:00 退勤 
    23:00 帰宅 
    24:00 就寝
    忙しい現場だとこれが週に6日続き、人によってはほとんど休みすらない…ということもあります。それゆえお給料は良いのですが、プライベートを大切にしたい人にとっては大きなデメリットですね。忙しすぎて体調を崩す人や精神的に参ってしまう人もたくさんいます。そして仕事に追われすぎて、結婚ができない!という人も。給料が高くても残業のない仕事を求めて公務員に転職していく人が多いのは、こんな環境だからでしょう。

ページ上部へ移動する